2018/02/14 10:00



3連休は祖母の一回忌のため
久しぶりに遠出


一回忌とはいえ一泊しながら
ゆっくりのんびり旅行気分を味わいながら
行ってきました


そんな中
ふと立ち寄ったお店のご近所に

ご自由にお持ちください

と書いてある看板と箱の中には
埃かぶった食器たちが



いただいていいのですか?
と聞くと

足が悪くてごみ捨て場まで持っていけず
誰か持って行ってくれたらと
置きっぱなし
全部持って行ってもらいたほどなんだけどと...




そんな中から少しばかりいただいてきました


3AB3DB4E-79F6-4C46-BF0A-58F9FCE91498.jpeg


F83F97F4-3F69-4FB9-A939-40A0FE6F6DF4.jpeg

B8F6CE85-97D1-451D-A9B9-4658C787EDBC.jpeg



E4652A6B-C122-446C-90C9-C4CEF666CE81.jpeg



D714D2CD-65A1-4EB0-9EC5-DCA94F460A0B.jpeg


こっちの人?と聞かれ
そこから話題は祖母の話へ



話をしていくと
祖母のことをよく知っている方

またもともと看護師さんをしていて
曽祖父が寝たきりになった時に
担当看護師として
お世話になった方でした。


+



偶然か必然か


祖母が引き寄せてくれたのか


何かのご縁あって出会った
食器たち

温かい人柄のおばあちゃんが使っていた
温かさの伝わってくる食器



大切にしていきますね










junkaさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/02/09 09:30



気づけば2月も中旬に差し掛かってる中

確定申告の準備に始まり
息子くんの卒業に向けての準備



そして幸いにも
プライベートの方で
いろいろと依頼を受けることがあって
バタバタしながらも充実した日々を過ごしていました




さてそんな中


ひな人形の小道具を
引っ張り出してきました


A8168B8F-208D-4FE0-B746-3ED306FF0FB8.jpeg


こちらは母のひな人形の小道具です



14FC43F0-25F0-4A4E-9F96-59169888790B.jpeg


昭和8年製

どうやら母の父のお兄さんが
16歳の時に作ったもののようです


昔から木工が好きで
生涯木工職人として過ごしていたと
聞きました


+



小学生の頃
祖父母宅の屋根裏から見つけた
小道具たちを
おままごとで使いたいともらってきていた私


A482520A-BDEB-4E19-9D74-E18107976F26.jpeg



たくさんあそんで

壊れてしまった部分も

C60FBE6C-996A-4E6E-9BC0-1EACFF50BB14.jpeg


今思うともう少し
大切につかっておけばよかったな...



成長するにつれて遊ぶことよりも
しまってある方が多くなって
きたこの子たち


日の目を浴びるのはこの時期くらい


ですから
少しだけ固定観念を捨てて

実用的に使えないかなって考えてみました



思いついのは1つだけですが


宅配用の認印と
子どもたちの自転車の鍵を入れてみました


3C4A6AE7-F5D6-4646-95A6-F5B1E13BEEEA.jpeg






+






古いタンスと黒電話と
小さな小引き出し

DA50C27D-3A18-47B5-92CE-BCC2C12253FB.jpeg




小さいながらも桐でできてる
粋な小引き出し

こうして使ってみるのもいいですね














junkaさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/01/19 22:36



ごはん鍋の定位置を悩み中


でも


お気に入りのモノだと
こういう悩みも楽しいですね


ごはん鍋ですが
三合炊きですかとてもコンパクト

食器棚を整理して置いてみました

92EF9E3D-3EDF-43D8-81DA-7B9EE04CAD38.jpeg



扉を外してみても

292467C3-6A39-454A-94C1-50FF521403C1.jpeg


他の食器とも馴染んでる*

しばらくはここかな~




junkaさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ