2017/04/14 20:36
浅田真央ちゃんが引退発表後お姉さんとインタビューを受けている時に
「お母さんは私たちのスケートをサポートし続けてくれて
自分の時間なんてなかったよね」と言っているのを耳にしてかなりの衝撃を受けました。


春休みが終わり、
春休み中仕事を休ませてもらっていた私も通常の仕事を再開。

仕事から帰って幼稚園のお迎えまでの一人時間を久しぶりに過ごしながら
子供とずっと一緒だった春休みも楽しかったけれど
一人だけの時間って本当に幸せだな〜としみじみ思っていた矢先だったので
自分の時間を全て娘に注ぐなんて・・・
ただただ尊敬しました。


メダリストのお母さんと自分を比べるのはそもそも土俵違いかとは思いますが
最近娘たちのことで強く感じる出来事がありました。


それは
「好きなこと、興味を持っていることに対する吸収力の高さ」



新学年になる前に頻繁に届いていた進研ゼミからのダイレクトメールを
いつも以上に必死に読み込んでいた長女。


どうしても欲しいと懇願され、
いろいろな通信教育について調べてみたけれど
サンキュ!ブロガーをさせていただいているご縁や
たまたま出かけたショッピングモールでチャレンジタッチの体験イベントがあっていたのも後押しして
小学校3年生の娘たちに進研ゼミのタブレット教材「チャレンジタッチ」を始めることにしました。


2017-04-12 16.53.23.jpg

憧れていた自分専用のタブレットでの学習、
もうとにかくどんどん頑張って長女に至っては二日で1ヶ月分の問題を解き終えるほど。

まだ習っていないこともどんどん挑戦して進めていき、
間違ったところは何度も復習しています。


このチャレンジタッチ、
ひたすらアナログな勉強法で学んだ私からすると驚きと感動の連続だったので
またいつか詳しく書かせていただきますね。




それから自分の大好きなぬいぐるみに何か作ってあげたいと
かぎ編みを始めた娘たち。


ものづくりが大好きな娘たちは小学校1年生の頃から棒編みやかぎ編みを始めました。


まずは基本の編み方だけを教えていたのですが
今回私が少し飾り編みをしてあげると
「私もやりたい!やり方教えて!」とのこと。


私自身、棒編みは小学校4年生くらいに母から教わり、
かぎ編みは大学生の頃に図書館で本を借りて始めた完全な独学です。


大学生でやっとできた飾り編みを小3でやるなんて難しいだろうと思っていたのですが
ちょっと教えただけであっという間に習得して編み上げ、
さらにボンボンもつけるオリジナリティを付け加え完成したのがこちら。

2017-04-08 14.07.09.jpg

この首(?)あたりに巻いている青いものが娘の作品です。


飾り編みはまだ無理と決めつけずにチャレンジさせてみてよかった、
チャレンジタッチも必要ないと思っていたけれどさせてみてよかった、
できることの可能性を潰さなくてよかった。

好きなことを伸ばしてあげるのが親の役割だなとしみじみ思いました。


真央ちゃんのお母さんと違って自分の時間も欲しい私は
なかなか子供に全てを注ぐことはできないけれど
好きなこと、興味のあることはできる限りその力を伸ばせるように協力できる親でありたいと思います。


あくまでも個人的な文章となってしまいましたが
最後まで読んでいただきありがとうございました。
サンキュ!クリックしていただけると嬉しく思います。




kashimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/04/01 16:08
今日から4月。

子供達は新学年になった!と喜んでいます。


双子達は今年度小学校3年生、
三女は幼稚園年中さんになります。

なので新学期に新しく準備しなければいけないものは雑巾くらい。


記名が必要な双子達の雑巾は
毎年アイロン接着用のネームテープをタグ風に縫い付けています。

名前の裏側はちょっとしたイラストを。


2017-04-01 09.14.36.jpg

こんなイラストでもまだまだ喜んでくれる娘達です。



準備の前に終わらせておいたのは
終業式までの間に大量に持ち帰ってきたもの達の片付けとお掃除でした。


もう必要の無くなった教科書やドリルはまとめて資源ごみに。

まだ残っているノート、
それから書写の教科書で三女が練習できそうなところは再利用。


書写の授業では書写ノートという教材に書き込んだので
教科書には書き込まなかったとのことでしたから
三女が線の練習やカタカナの練習をすることができました。



大きな袋に入れて持ち帰ってきた絵や作品、
掲示物などはとにかく写真をどんどん撮って記録し、
本人に確認して残したいものとそうでないものに分類して
残したいものは以前紹介させていただいたコストコで購入した作品ケースに入れました。

2017-03-03 15.36.58.jpg

そして
入学前に頑張って名前シール貼りをした算数ボックスやピアニカが
もうお役御免とのことでこのケースと一緒にベッドの下に収納。

2017-03-24 18.27.25.jpg

IKEAの大きなケースに入れています。

2017-03-24 18.31.34.jpg


それからまだまだ学校で使うものは綺麗にお掃除。


1年使うとだいぶ汚れてしまっていたクレヨンは
ケース、それからクレヨン1本1本を綺麗に拭き上げ
ビリビリに破かれていた持ち手の紙をカッターで綺麗に切り直しました。

2017-03-30 16.31.35.jpg


ちょっとびっくりしたのは次女のクーピー。

2017-03-30 16.32.59.jpg

鉛筆削りがあるのに全部先が丸くなっています。

「これって使いにくくない?」と尋ねると
「うん、使いにくい」とのこと。


なんで鉛筆削りで削らないのだろうとちょっと心配になった母でした。



それから写真は撮っていないのですが
真っ黒になっていた下敷きも石鹸で綺麗にしました。

かなり字の跡が写ってしまっていたけれどこれまた娘は気にしていなかったよう。




こちらは見て見ぬ振りを辞めたいと思いながらも
見て見ぬ振りをしていた娘の傘です。

2017-03-24 08.31.13.jpg


普段傘を使った日は玄関先で傘を開いて一晩乾かすようにしているのですが
学校では濡れたままたたんで置いておくため所々錆びてしまい
傘の布地にサビがうつってしまっています。


傘をたたんで片付ける度気になっていたサビを落とすため
クエン酸と中性洗剤を使ってスポンジでこすりました。


2017-03-26 06.48.15.jpg

完璧とまではいかないもののかなり綺麗になりました。



一通りのものを綺麗にし直すことで
気持ちよく新学期を迎えてもらえるといいなと思います。


ご覧いただきありがとうございました。
サンキュ!クリックしていただけると嬉しく思います。










kashimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/03/31 18:56
昨日は小学校の離任式でした。

1年間務めたクラス役員の最後の仕事として
離任される先生への花束を準備して離任式に参加してきました。


娘の通う小学校では必ず1回はクラス役員をするという決まりになっています。

双子の場合は1回で良いか2回しなければいけないか
意見が分かれるところだったのでとりあえず早めに一回目を済ませておこうと
まずは2年生の時に役員になりました。



役員になって感じたこと、
それは本当に皆さん役員の仕事を一生懸命されていたということでした。


小学校の役員は「子供達のためにより良い学校作りに携わる」という大義名分があります。


多分それを無しにしたとしても皆さん同じように責任を持って
仕事をされるだろうなと思えるような素敵な人たちに出会えたことは
とてもありがたい機会だったと思います。



それから思いがけず離任式に出席できたことも良かったです。


初めて離任式に出席したので知らなかったのですが
娘たちの小学校では離任される先生それぞれに
代表者が感謝の手紙を読んでから先生の挨拶がありました。

生徒からの手紙の内容にも感動したし
涙を流しながら挨拶されている先生も数人いらして
保護者の私たちも涙涙。


さらには離任式が終わって教室に帰りながらも号泣している女の子たちがいてさらに涙。


感受性が強く優しい気持ちを持った子供たちがたくさんいるんだなと心が温かくなりました。





私は人の上に立つのが苦手で
自ら何かの代表になったり長になったりすることはまずありませんでした。


けれど今までたくさんの人たちの影ながらの支えのおかげで
学校生活や地域での生活を送れてきているのだなと実感できました。



初めてのことだらけで大変なこともあったけれど
役員をして得られたものは大きかったなと思っています。



ちなみにこちらは離任式の後
娘の友人たちが我が家に遊びに来てくれて準備したランチ。


2017-03-30 11.56.50.jpg

人数が多かったのでホットプレートでドリア風に。

卵を子供達に割らせると喜んでくれて楽しいランチとなりました。




ご覧いただきありがとうございました。

サンキュ!クリックしていただけると嬉しく思います。




kashimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ