2017/10/19 11:44
ご覧頂きありがとうございます



たいせつな写真展があったり、ムスメが中耳炎になったり、自分がへろへろになったりしていてしばらくぶりになりました。
あれだけ休む休むときめても、予定が入ると嬉しくてでかけちゃう。
でまた気がつけばしばらくやすんでいなくてモノの見事にダウンしました。

好きな事で生きていきたいからこそ、ちゃんとやすまなあかんのよ。
超人じゃないかぎりね。



というわけで今日はイチオシ。
「自分のために使うわたし時間の過ごし方」


私は職業柄、毎日欠かさず写真を撮ります。
少なくても10枚。多い日は2,000枚ぐらい。

写真は撮って終わりではなく、デジタル現像をして書き出しをして、フォルダわけをして、写っているひとに送って…撮影ログを書いて…
ものによっては印刷を手配したり、レイアウトを考えたり、SNSなどのWEBにアップしてそのコメントを考えて…
毎日ていねいにやればそれこそ写真だけで丸一日使えるだけのボリュームのことを
なんとかいい加減にならない程度でほどほどに、日々やっています。

ほとんどは仕事だったり、作品撮りだったり、ムスメや家族のための記録だったりしますが
さて、自分だけのために撮る写真って、どれぐらいあるでしょうかね。
意識しなければ1ヶ月で1枚もない、ってことはよくあります。



秋の長雨、合間の晴天。
昨日久々に午前中ゆっくりできたので、午後からの予定に早めに到着して
本当に自分のためだけに写真をゆっくりとりました。


171018-DSCF9889-c.jpg

171018-DSCF9890-c.jpg

171018-DSC_9074-c.jpg

171018-DSC_9076-c.jpg

171018-DSC_9172-c.jpg


なあんにも考えず、ただ自分の「いいな」「すきだな」だけでシャッターを切るっていう時間が
わたしにとっては最高のご褒美です。


おかげでちょっと復活。

よし、またがんばるぞ。





最後までお読みいただきありがとうございます
写真は停車中に撮影したものです。
タグ(関連ワード):写真 時間 生活
小池菜摘さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/09/20 22:03
ご覧頂きありがとうございます



近頃は大阪出張からのムスメ体調不良からの
大事な写真展で賞が取れなくて凹み、肩こりから頭痛から何からで自分も激沈み期なわたし。

私がどんなに疲れて、凹んで、迷って、しんどくても
相変わらず飄々と生きている夫にちょっとイラっとする日々。

マッサージをしてと頼んでもしてくれないし。
いってきますのちゅーもないし。
おやすみのちゅーもハグもないし。

なんなのー!!!!って。まあ勝手になってるだけなんですけれど。


ムスメがうまれてからもまあずっと仲良くて。
今だってそうね、夫嫌いとかないし。むしろ好きすぎてこうなってるわけなんですけれど。

かといってやっぱり子ども中心の生活。
夫婦ってなんだっけ?
結婚ってなんだっけ?

って思う事多々。


そんな日々の中、大事なおんなのこの入籍する日、を撮って来ました。


170919-DSC_8247-blog.jpg
170919-DSC_8520-blog.jpg

170919-DSC_8793-blog.jpg

170919-DSC_8931-blog.jpg
170919-DSC_9010-blog.jpg

嬉しい、しあわせ、だけじゃない
色々な思いがありますよね、結婚って。


撮らせてもらえて本当によかったです。

ありがとう。


170919-DSC_9057-blog.jpg

model : 保住美穂




最後までお読みいただきありがとうございます
タグ(関連ワード):写真 撮影 結婚
小池菜摘さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/08/17 21:50
ご覧頂きありがとうございます


先日、岐阜県恵那市の横井照子ひなげし美術館にて、
「子どものためのアートフォト教室」という夏休みワークショップの講師をしてきました。

子どもたちが持っている創造力を伸ばし、自由な視点を生かしてサポートするために親はどういうスタンスでいるのが望ましいのか。
それぞれご家庭で子どもを撮影しているカメラを子どもにも持たせている、という中で
子どもにとって持ちやすいカメラの持ち方や構え方。
それから、記録写真とアート写真の違いなど。
お子さんの反応を見ながら丁寧にお話ししました。

ちょっと難しいかな?という話にもどんどん質問してくれるお子さんたち。

少しお話したあとは、美術館周辺の自然や、建物などを利用して実際にお子さんたちにそれぞれのアートフォトを撮影してもらいました。

170709-DSC_5665-blog.jpg

170709-DSC_5680-blog.jpg

たくさんの親子の共同作業がうまれていて、私も撮影しながら幸せな気持ちに。

固定観念を持たないお子さんたちの自由な発想には私もびっくり。
とっても面白い写真がたくさんうまれていましたよ。

撮った写真をお子さん自らがセレクトし、美術館でプリントしてプレゼントしてくれるというこの企画。
スタッフの方達も本当にあたたかく、こんな美術館が近所にあることを誇りに思います。

170709-DSC_5687-blog.jpg

このような機会が何度も持たれるといいですね。


最後セレクトしているときに画面を覗いていたら、あるご家族のSDカードの中に何やら良すぎる写真を発見。

そうじゅ5歳-DSCF0799.JPG そうじゅ5歳-DSCF0800.JPG

思わず「最高すぎるから紹介させていただいてもいいですか??」と親御さんに確認してデータを頂いて来てしまいました笑

5歳の男の子が撮った
・カメラをかまえるおにいちゃん
・セルフポートレート
です。

あー、なんて自由でのびのびしているんだろう。

今はもしかしたら「何撮ってんのwww」ともしかしたら消してしまうかもしれない写真。
でもその中に、きっとその時にしか動かないその子の心や個性のある視点がたくさん詰まっているのです。

是非みなさんもお子さんの撮る写真、大切にプリントしていつか見返してみてくださいね。




最後までお読みいただきありがとうございます

※掲載許可をいただいています。
タグ(関連ワード):写真 こども アート
小池菜摘さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ