2017/09/30 01:43
ご覧頂きありがとうございます




大切なひと。
無論、わたしにとっては夫のことであります。

100227-.JPG

2009年4月に会社の同期として出会いまして。

そしてこの写真が2010年2月27日。
同期たちたくさんと行ったスノーボードのバスの中で惚れに惚れ倒して
その後一日たりとも頭から離れたことがありません。

もうね、大好きなのね。


付き合ってくれ、って言ってもなかなか信じてもらえず
食事に誘っては飲んで暴言を吐き…
時には吐き倒しまくり…
そんな生活を半年程送り(しつこいしよく嫌われなかったね?)

ある日もうどうしてわかってくんないのか、とブチ切れながら
「なんでもいいから結婚してよーーーーーーー!」と居酒屋で叫んでみたところ
「え、あ、いいよ」
って感じで、その一年後に入籍したわけです。

あはん。


110528-CIMG0659.JPG

付き合ってた期間はそりゃあもう私はズブズブのメンヘラで

東日本大震災きっかけでうつ病寝たきりにまでなり。

生きるのに必死すぎて全然記憶にない。


でもまあ夫がいつだって助けてくれてたんだろうなあ。



結婚して

流産2回もして

自営業もなかなか軌道にのらなくて

夫の実家の隣に引っ越して

DSC_1665-2.jpg

大阪うまれ基本都会育ちの私が
とりあえず方言も聞き取れなかったど田舎の夫の実家に嫁いで

大変だったかときかれれば


大変にしあわせな日々だった。


160511-DSC_1437-2.jpg

ムスメがうまれてからも
よき父で
よき夫で

170911-DSCF8486-blog.jpg


本当に、夫がいなかったら私の人生はどうなってたんだろう、って時々思うくらい。

いないとしんじゃうくらい
たいせつなひとです。



何がそんなにいいのか?って聞かれたら
もう全部というしかないのだけれども

とりあえず羅列してみる
・身長が小さい
・イケメン
・かわいい
・頭良い
・記憶力良い
・わたしが楽に生きられるようにっていろいろ考えてくれる
・子育ても家事も完璧(ただし洗濯物干しを除く←)
・仕事できる(ただし証券会社の業務を除く←)
・コミュニケーション能力が高い
・経済的合理性重視
・心が海より広いし多分宇宙より広い
・最高
・控えめにいっても最高


ご覧のように私は完璧なクズ嫁なんだけれども
未だにちゃんと好きでいてくれてるのが本当ににわかには信じがたい。

良い男すぎる。


あー、夫の話すると本当にただの惚気になってしまうのが本当に悔しいのだが
(ボキャ貧つらい)

私の本当に大切なひとのお話でした。




最後までお読みいただきありがとうございます
タグ(関連ワード):家族 結婚
小池菜摘さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/09/19 00:37
ご覧頂きありがとうございます

初のDailyサンキュ!連載が無事に終わりました。

お声がけくださった編集部の皆様ありがとうございました。
お読み頂き、反応をくださった皆様もありがとうございました。


自分の中ではずっと苦手だった、文章を書くということ。

ムスメがうまれるちょっと前からチャレンジをはじめて
少しずつ特訓の成果が出て来ているといいのですが…。


課題はもっぱら「もっと完結に伝えたい事を伝えられるようになること!」
もうね、長いの、わたしの文章笑

努力はします。でもどうにもならなくて長くなってしまうこともあるかもしれません。

クズブロガーですがこれからも読んで頂けたら嬉しいです。


*******

というわけで一応こちらに連載をまとめておきたいと思います。

ライフプランニングのはじめかた

@人生設計のススメ

A整理整頓のススメ

B家計管理のススメ

C小商いのススメ

D自画自賛のススメ




最後までお読みいただきありがとうございます
小池菜摘さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/09/04 22:11
ご覧頂きありがとうございます


今日からはじまりましたDairyサンキュ!
連載中です。

そちらも是非お願いします◎


*******


私の「これやめた!」らめっちゃ楽になった!
は最近とことん思うのですけれど

「人に期待するのやめてよかったな〜」

ってことです。


いや、期待しないなんてそんな、冷たい事おっしゃらずに、、って感じですけれど
そういうわけではなくてですね。

幼少期から一家の長子としてうまれ、期待されて育った私は、
人間とは他人に期待して生きるものなのだと思い込んでいたので
あれもこれも期待しながら生きていました。

・私が疲れていたら周りはいたわってくれるはずだ
・この分野に関しては敬意を払われて良いはずだ
・私はこれが苦手だからきっとあの人が代わりにやってくれるはずだ

なーんて、書いてみるとなんという横柄な笑


だから逆にその期待に添わないことがあると不満がたまる。

・なんでこんなに疲れていると言っているのになんでも私にやらせるんだろう
・プロのカメラマンなのにタダで撮れってどういうこと?
・夫は捨てるの得意なんだからやってくれたっていいじゃん!


ってねー。

もうねー。

あほかと。


そんなことを期待している自分にある日ドッと疲れることがありまして。
特になんてコトの無いことだったと思うのですが(もう記憶にも無いw)その日はそういう思考を抱いている"自分"にすごく疲れました。

それ以来人に期待するのをやめました。

「してほしいことは言葉にする」
「言葉にしてもしてもらえないときは諦めて、自分ができるときにやる」
「無意味に疲れて人のせいにしないようにちゃんと体調管理をする」


170904-DSCF7839-blog.jpg


数多の失敗をして本当に私が絶対的に正解だと思っている結論は

「人は変えられない」

ということ。

どんなに自分が正しい事を言っていても、その人の行動や思考を変えることはできないのです。
何度も何度もアプローチがあって、相手が自分事として「あ」と気付けたら変わるのかもしれません。

自分で気付かないと変わらないんですね、人は。

だから、私は気付いたから変わってみました。



人に期待しない。
期待するときは言葉にする。
それでも伝わらないときは諦める。

「仕方ないよ、みんな自分の事で精一杯だもの。」って。

納得できます。



人間ってめんどくさいけれど、それでも関わって生きて行きたいから
できるだけみーんな楽になるといいですね。




最後までお読みいただきありがとうございます
タグ(関連ワード):自営業 リスク管理 バランス感覚
小池菜摘さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ