2017/11/21 01:31
ご覧頂きありがとうございます



わたしが今年堪能した「限定」うまいもの!は…里芋の「きぬかつぎ」!

…というのも、今年から我が家の里芋は量産体制に入り、それはそれはほんとうに毎日大量に
規格外の小さな里芋が採れます。

エブリデイ、きぬかつぎ!
楽チンだから、きぬかつぎ!

堪能したといえばしたのですが、何せ
本当に毎日なのでちょっと飽き…てきたところで先日の女子大生に食べてもらってみました。

171119-DSCF1433-agri.jpg

これを…


171119-DSCF1439-agri.jpg

こうして…

171119-DSCF1441-agri.jpg

こうして…

冷めたら…

171119-DSCF1447-agri.jpg

ぷすっ

171119-DSCF1452-agri.jpg

171119-DSCF1453-agri.jpg

171119-DSCF1454-agri.jpg

しゅるしゅるすぽんっ

171119-DSCF1456-agri.jpg

うれしそう〜〜〜w
かわいすぎか〜〜〜〜


で、思い出しました、はじめてきぬかつぎを食べた日の事を。
これが「産業廃棄物」になりえる、ってことを知って怒りがわいてきたことを。


「きぬかつぎ」は、里芋をゆでるか蒸すかしてそのまま食べる料理の名前。
漢字で書くと「衣かつぎ」で、衣をまとったまま料理になるからそんな名前がついたんだとか。

で、ご覧の通りきぬかつぎに使う里芋は小さくて、市場に出荷しても値のつかないいわゆる
「規格外」
食べきれなければ廃棄物、です。

近頃はネット通販などで手に入るようにはなりましたが、一般的には流通しておらず、買い求める事は基本できません。
直売所とかでとってもたまーーーに見かける程度です。

野菜ってなんでもそうなのですが、大きすぎるものは「大味」といわれて、比較的おいしくありません。
結局なんでもほどほどがちょうどいいわけですが、やっぱり小さいものって凝縮されているというか若いというか。
とにかく野菜としてくたびれておらず、とても美味しい事が多いです。
(なのに里芋って大きければ大きいほどよく売れるんですよ。剥くの大変なのわかるけど、きぬかつぎなんて手で剥けるのにね。)

きぬかつぎはその代表格。


里芋農家だからこそ死ぬほど食べられるごちそうグルメ。
本当にめちゃめちゃおいしいです。

きっとみなさんもどこかで出会えますように!




最後までお読みいただきありがとうございます
タグ(関連ワード):食べ放題 限定 農家
小池菜摘さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/05/01 00:24
ご覧頂きありがとうございます


春だー!農業だー!

夫は土づくりと種芋の選別から。
わたしは夏野菜の育苗からスタートする農業の春。

土をさわっていると、とても落ち着きます。
童心に返るようなきもちもあるし
命の恵みのようなものを感じるのもあります。

アトピーさえ酷くならなければ
(軽度の日光アレルギーなのです…)
ほんとうに毎日やりたいぐらい。


農業はとてもたのしい。

そして、やりがいという意味ではハイレベルのものを毎日感じられる最高のお仕事。


それでもわたしと夫が「生涯兼業農家」という選択肢を選んだのは、リスクが大きい仕事でもあるからです。

天候で思ったように収穫できなかったり。
市場の価格の変動でうまくお金にならなかったり。

こどもを育てていくのには、ある程度の現金収入がやっぱり必要です。

そうはいっても、やっぱりこうやって農業に少しでも携わることができるのはしあわせなことだな、と毎日思って過ごしてます。




さて、今日はこの春はじめての収穫をしました。

…といっても、別に育てたわけじゃないというか…。


冬の間にすっかりと枯れてしまったので諦めてバッサリ切っちゃった「アスパラガス」。


ある日突然アスパラガスが生えてきたので生きてたの…!と驚いていたら
3日もすれば食べられる状態になりました。
野菜の成長ってすごいのよねえ。



170428-DSCF2485-blog.jpg

にょろりとアスパラガス。


肥料も水もなにもやってないので(死んじゃったと思ってたんだもん…)
ひょろひょろになってしまったけれど、食べてみたらしっかりアスパラガスでした。
甘い。




そういえばみなさん、アスパラガスってどんなふうにできるか知ってますか?

1度植えたら10-15年は連続して収穫できるし、プランターでもしっかり育つ便利野菜。
買うと高いしね、家庭菜園をはじめてみたいなという方にオススメ。


調べてみたら冬にはすっかり枯れてしまうから、ばっさり切ってしまうのは実は大正解だそうで。
だから出て来てくれたのね…。
まだまだ新しくチャレンジした野菜に疎い不勉強農家でごめんよ…。



というわけで

アスパラガス。


こんな風に生えてきます。



170428-DSCF2481-blog.jpg



えええー唐突ー!w



種から育てると食べられる状態の子が出てくるまでに3年。
翌年から収穫可能な大苗も売っていて、それだと1年。

普通の野菜なら出来るはずの
収穫が終わったら土地が空くから違うものを育てる
ってことが全く出来ないのがアスパラガス。
(ちなみにニラもです。)

病気には強いし、失敗もなかなかしないので初心者向けではあるのだけれど

それでも土地を拘束される時間があまりに長いので、高いのは当然だなって、思うのです。


みなさんもスーパーでアスパラガスちゃんを見かけたら

「地面から生えて来たんだね…がんばったね…」

とやさしいこころで見てあげてください。









最後までお読みいただきありがとうございます

タグ(関連ワード):収穫 農業 アスパラガス
小池菜摘さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2016/10/13 01:34
ご覧頂きありがとうございます




 
 
 
 
 
 
 

 
 
米以外をはじめたら午前中に固定して…それまではムスメと私のタイミングでやってきた離乳食。
5日目にして早速、おかゆだけではなかなか物足りない顔をするのではじめてみました。
 
・ほうれん草
今 も の す ご く 高い。
ものすんごく小さい3株で178円とか破産する…
夏なら畑に腐る程あるのにと思いつつ、離乳食を早めにはじめた目的「鉄分不足を補う」のため、はじめての米以外の食材としてデビューさせました。
あまりに少なくてブレンダーがうまく機能せず…ものすごく荒いみじん切りになってしまいましたが、おかゆが苦でないので混ぜたことによって難なく食べてくれました。(ただし全部うんちに出る←)
 
・コーン
はじめてのレトルト。
フリーズドライのものをお湯でもどすタイプを使ってみました。
おかゆもほうれん草もずっと前から食べていたかのように食すムスメですが、こちらは「べーーーー」しました。
味見してみるとなんとも「ものすんごい甘い」。
温度は適度みたいだったので、何がいかんのかわからん状態。
とりあえず一旦やめてみる。
 
・トマト
コーンがダメならさてどうしようかと手作りふたたび。
何にしようか迷って、アレルギーの可能性があるトマトを選びました。
今のところ何の問題もないけれど、いつか問題が起きることを想定して、撮影の仕事が閑散なうちにチャレンジすることに。
結果…アレルギーはないけれど、嫌いっぽい(笑
べーーーっとしたあと頑に口をあけてくれなくなりました。
すんごい不機嫌になってしまいましたが、麦茶を飲ませるともとに戻った…。
しかし、トマトが食べれないと困る。
こちらは根気づよく続けてみようと思います。

 





最後までお読みいただきありがとうございます
タグ(関連ワード):こども 育児 新米 離乳食 生後5ヶ月
小池菜摘さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ