2019/09/28 06:00
ながらへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき

『小倉百人一首』の中で私が最も好きな、藤原清輔の歌です。

「生きながらえていれば、また今のことが懐かしく思い出されるだろうか。嫌だと思っていた昔のことが、今は恋しく思い出されるのだから」くらいの意味。

似たような趣向の歌として三条院の「心にも あらで憂き世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな」もありますが。

三条院の方は、絶望のどん底で詠まれた歌で諦めが強いですが、清輔の歌は現状を潔く諦めたうえでの未来への希望が感じられますね。

唐突に和歌を引っ張り出してすみませんでした。

私が冒頭の歌を好きになった理由は、子育ての経験によるものでしょう。

本当に明日自分が普通に生きられるかどうかの確証が持てないほど、苦しかった時期もありました。

そんな辛かった年月も、今思い返すとしみじみと懐かしいのです。

私のブログは子育てや発達障害、療育関連の記事が多かったので、育児に悩む親御さんの閲覧が大半を占めていたのではないかと思われます。

そんな皆様に贈りたい言葉が、先ほど挙げた歌なのです。

生きている時、苦しいことは山ほどあります。

どんなにあがいても変わらないことも存在します。

でも、良い意味での諦めとかすかな希望さえ持っていれば少しは楽になれるはず。

私の息子は、そこそこ厄介な発達障害の症状を持つ子です。

息子が障害者である事実、それは今後も変わらないでしょう。

でも数年後には今より成長した息子に出会えるだろう、という漠然とした希望を持って生きていきます。

ブログを読みに来て下さった方々には、本当に励まされました。

息子はサンキュに関わる人達に見守られながら成長したと申し上げても、過言ではありません。

19-09-26-06-45-01-491_deco.jpg
(コメントでよく励まして下さったacoさんに先日初めてお会いできました。嬉しかったので、記念に写真を投下)

心より感謝いたします。

現在では、心の余裕が生まれたせいか、目の前のことだけでなく少し先のことも考えられるようになってきました。

「私達の未来は、子ども達が安心して暮らせる世の中になっていくだろうか?」ということです。

19-09-26-20-23-55-881_deco.jpg

息子が大人になった頃には、できることなら…差別のない、戦争の起こらない、環境汚染もない、公正平等な社会になっていて欲しいと願うのです。

実際には、難しいことなのかもしれません。

私自身がそんな社会を作り上げようとしても、力が及ばないのは明らかです。

それでも、牛肉をなるべく食べないようにしたり、無農薬や減農薬のものを選んだり、募金や支援をしたり、省エネ家電を買ったりなど、わずかでもできることはあるかと。

今後は、現在私達が直面している問題に目を背けることなく、できる範囲で向き合っていきたいと思います。

そのためには積極的に知識を得て、それを発信していかなくてはなりません。

というわけで、いったんはブログ活動を休止いたしますが、今後新たにライターとして活動予定です。

しばし充電し、また別の形でお会いできればと。

インスタグラムもマイペースに更新しておりますので、遊びに来てもらえると嬉しいです。

ところで、冒頭に百人一首で一番好きな歌は藤原清輔の歌だと紹介しましたが、中高生の頃はまた別の歌が好きだと思っておりました。

そちらも紹介いたしましょう。

おほけなく 憂き世の民に おほふかな 我が立つ杣に すみぞめの袖

慈円という高僧が、疫病や戦乱などで苦しむ民を見ての「畏れ多いが私の力で民を救いたい」という決意を歌ったものだとされています。

格調高い調べの中に、若い僧の崇高な意志が読み取れるところが好きでした。

微力でも良いから人の役に立ちたいとどこかで思い続けるところは、変わっていないようですね。

私のブログ記事が、果たして皆様のお役に立てているのかどうか、はなはだ疑問ではございますが。

下らない記事を読んで笑ったり、この人ってドジねえとどこかで莫迦にしたり、そんな風にされて役に立つというあり方も良いかなと思うのです。

何も、人から尊敬されるハイパー凄腕ママでなくてはいけないということはありませんよね。

等身大の私を見て、「何だ、私はまだましだ。大丈夫」などと思って頂けていたら本望でございます。

19-09-26-20-31-55-382_deco.jpg


今まで本当にありがとうございました。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/09/27 06:00
私がサンキュブロガーとなったのは、約3年前のこと。

公式ブロガーになる半年前ほどに初めて購入した『サンキュ!』で、Nagomyさんに一目ぼれしたのがそもそものきっかけだったと記憶しています。

芸能人でも専門家でもない多くの普通の主婦が、1つの雑誌を作り上げているような雰囲気に圧倒されました。

私も微力で良いから誌面作りに関わりたい、あわよくば憧れのNagomyさんにもお会いできたらなあ…、そんなやや不純な動機でブロガーに応募。

かろうじて拾ってもらい、ダメっぷりの激しい主婦の本音を披瀝しつつ現在に至ります。

私がブロガーとなるにあたって発信していこうと思ったことの1つに、息子のことがありました。

https://39.benesse.ne.jp/blog/2259/archive/2

愛は盲目とばかりに息子の可愛さをたたえている最初の頃の記事。

今読み返すと懐かしいです。

PIC000196.JPG

思えばあの頃(4歳の時)はトイレすら行かず、部屋のあちこちでおもらしをしていました。

絵本をよく破いていました。

運動能力が低く、ジャンプすらできませんでした。

言葉はまだ単語レベル、しかも使える単語は限られているという状態。

今では、家のトイレなら大小問わず自分でしたい時に行って済ませてくるように(公衆トイレに好き嫌いがあって苦労しますが)。

絵本は全く破くことがなくなり、たまにストレス解消のため私の洋服のカタログを破るくらい。

ジャンプも拙いながらできるようになり、運動会のダンス練習でも元気に跳びはねてくれます。

やや棒読みの発音で「早く大阪に行きたーい」などとつぶやき、授業で自分の書いた作文を読み上げる姿も。

他にもいろいろと進歩したことが、過去記事から分かります。

このブログの記事はサービス終了後も残す予定なので、記事の新旧に関わらずいつでもご覧になってもらって結構です。

そうすることで、似たような発達障害のお子様を持つ方の参考になり得たら良いなと思っているのです。

特殊な子どもを育てていて気付いたことが1つあります。

それは「親が大切に思って育てていれば、どんな子どもでも成長する」ということ。

19-09-25-08-10-08-949_deco.jpg
(最近の息子。カメラを見て笑ってくれるようになりました。暑くてシャツを脱いだ夫の真似をしておりますが、2人ともズボンは履いております)

もちろん、健常児とは全く異なるペースなのですが。

カメが長い時間をかけてゴールにたどり着いたように、息子も一生かかっても構わないからやりたいことができるように応援してあげたいと感じています。

「この子は一生このままなのでは」と何度落ち込んで悩んだことでしょう。

でも、よそ様のブログを読むと最重度の大変な障害を抱えているお子様であっても成長し、それを心から喜んでいることが綴られていることがあります。

私のようなダメ親でも何とか頑張っていることが、今後も皆様の励ましとなりますように。

ちなみに、まだブログは毎日チェックしておりますのでコメントもどしどし受け付けております。

可能であれば、30日の午前中までにお願いしたいです。

9月末日までもう数日しかありませんが、それまでにもう1回ぐらい記事を書ければなあと考えております。


danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/09/26 10:00
※※※デイリーコラボ サンキュ!ブロガーのすべらない話に参加しています。詳しくはこちら↓‪
http://505039.jp/daily_2※※※


生後1か月の頃に乳児湿疹をわずらってから、ずっと肌のトラブルに悩まされている息子。

一時期は入院治療も必要になるほど悪化しましたが、現在処方薬なしで普通に生活できるまでになりました。

しかしながら、冬や真夏は乾燥や汗かぶれでひじの裏側などがただれてしまいます。

そのため、お風呂から上がり布団に入る前のタイミングでアロエゲルを塗ってあげるのが習慣となっております。

19-09-13-15-19-54-878_deco.jpg
(2種類あるのは、ドラッグストアによって売っているものが違うため)

ただし感覚過敏のひどい息子、ヌルヌルするのが嫌らしく簡単に塗らせてはくれません。

以前はゲルを見せるだけで逃げ出し、「ほらすぐに終わるから」と私に押さえ込まれ、暴れながら塗られるという有様でした。

疲れがピークに達している時間帯に毎回逃げられ、面倒になることも。

数か月前のことです。

いつものように逃げ出されてため息をついていると、天啓のようにある考えがおりてきました。

私は「いいもの見せるからおいで」と子ども達を呼び出し、おもむろにゲルを手の平に絞り出したのです。

19-09-13-16-50-31-081_deco.jpg
(緑だと生々しいのであえて透明ゲルを使用)

私が説明するより早く、「うんこー!」と口々に言う子ども達。

一斉に輝く目。

「その瞳の輝きを、私自身にも向けてほしい」ちらと私は思いました。

女神のように優しい微笑みをたたえながら「どうだい?塗るかい?」と聞くと、「塗る」と一言。

やりました…!

そして息子は、大人しくゲルを塗られるようになったのであります。

19-09-13-16-51-32-605_deco.jpg
(別角度からもどうぞ)

独身時代、10秒に1回「うんこ」と言うような子どもを見るたび「お里が知れるわね」と鼻で笑っていた私のところにタイムマシンで飛んでいって言いたい。

「すまない、あなたの子ども達も毎日『うんこ』を連呼しているよ」と。

最近では、うんこ一辺倒もいかがと思うようになったのでスライムの形も考えました。

スライムといってもおもちゃのスライムではなく、『ドラゴンクエスト』シリーズのスライムですね。

19-09-13-16-49-18-462_deco.jpg

生クリームのデコレーションの要領で、軽く押し付けてからすっと引くと、この形になります。

まあ何となく、似ているでしょう。

力加減がかなり難しく、完璧な形のスライムは10回に1回ほどしかできません。

それでも子ども達は喜んでくれ、息子はスライムの方がお気に入りとなってきたよう。

ま、色は完全にバブルスライムなのですが。

そして現在、息子はゲルを塗る時間を楽しみにしている様子です。

娘は私の真似をして、新しいゲル作品作りに精を出してくれています。

先日はある形を作って、「お母さん、ちんちんできたよ!」と見せてくれました。

どんな形であったかは、ご想像にお任せいたします。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ