2016/08/06 07:14

この間スーパーの喫茶室に寄ったら、小学生がモナ王片手におしゃべりをしていました。

その隣では、素敵な奥様がハーゲンダッツをつついていらっしゃいました。

すっかり暑くなり、アイスが恋しくなる時期のようですね。

でも残念ながら私は、体質的にアイスがあまり食べられません。

頑固な冷え性で胃腸も弱いらしく、1カップ丸ごと食べようものなら鳥肌が立って寒気がし、お腹もゴロゴロ言い出す始末。

それでもどうしても冷たいものが食べたいときは、これです。

hako.jpg

あずきバーというと井村屋さんが有名ですが、これは生協のもの。

もちろん井村屋さんのものでも良いのですが。

アイスって結構重いしかさばるし、おまけに我が家は地元のスーパーに行くのに15分くらいかかるから運ぶ間に溶けてしまう可能性大。

なので、ドア前まで持ってきてくれる生協のアイスが重宝するのです。

やはり生協のものだけあって、原料の小豆にはこだわっている模様。

原材料を見ますと、砂糖、小豆、水あめ、コーンスターチ、食塩のみで添加物がないのも良いですね。

製造元は、日本フード株式会社…って、存じ上げませんなあ。

で、なぜあずきバーなのかというと、ただ単に好きだからというのもありますが、これは食べてもあまり冷えないのです。

小豆には体を温める作用があると聞いたことがあるので、そのおかげなのかも。

ただし冷凍庫から出してすぐに食べようとすると存外に硬くて歯が立たないことも多いので、室温にちょっと戻してから食べます。

sara.jpg

このくらいが食べ頃。

シャーベットみたいな食感で、シャリシャリしておいしいです。

子どもには見つからないようしっかり隠れて食べているつもりなのですが、すぐに娘に発見され、

「あんこ、くだちゃーい」

と言われてしまいました。

仕方がないので、1本分電子レンジで溶かして食べさせましたよ。

あんこと同じくらい、娘に甘い私です。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)