2016/11/18 06:22

最近密かなブームになってきているらしい、和活。

森田法子さんが提唱した活動で、「和の精神を大切にして暮らす」といった意味のようです。

実は前々から気にはなっていました。

プロフィールにも少し書いてありますが、私は日本のもの全般が好き。

小さい頃から、「日本に住んでいて良かった〜」と叫びたくなる瞬間がたびたびありました。

ではどこが好きなのか。

私なりに振り返ってみることにします。

1.和食
  言わずと知れた無形文化遺産。栄養バランス、おいしさ、見た目の美しさ、どれをとっても優秀です。私がしょっちゅう食べている和菓子も、もちろん和食に入りますよね。

2.文学
  日本文学科出身なので、古典文学には目がありません。『源氏物語』『夜の寝覚』『浜松中納言物語』『とりかへばや物語』などを夢中で読みました。最近は中世や近世の文学も気になります。『奥の細道』あたりを、完読してみたいかも。

3.建築
  神社仏閣はもちろん、何ということのない古い蔵や民家も好きです。素朴なたたずまいの中に洗練された美を感じます。書院造とか最高ですよね。

4.自然
  日本は地震やら洪水やら自然災害が多い国ですが、それだけに自然への畏怖の感情が強いようです。自然を敬い、自然と共存してきた先人の知恵を私達も見習わなければと思います。

5.技術
  零戦から化粧筆に至るまで、日本の職人芸には卓越したものを感じます。そんな日本の技術力と、その技術によってつくられたモノを大切にしたいです。

この5つが、特に素晴らしいものなのかなあと思っています。

これらベスト5には到底及びませんが、箸や折り紙なども候補に挙がりました。

箸は2本の棒に過ぎないのに、何でも食べられてしまうところが気に入っております。

西洋料理のフルコースなど、フォークやナイフが一体何本あるんだという感じですが、箸なら1膳で済むので合理的。

まあ他の国でも箸を使うところはあるのですが、螺鈿細工が施されていたり、持ちやすいよう工夫されていたりするところが心憎いですよね。

折り紙は、1枚の紙から様々な形が作れるというのが魅力です。

幼い日の5月5日に、父が新聞紙で兜を折ってくれた時の感動と興奮は忘れることができません。

そんなこんなで、とにかく日本の精神を大切にしたいと思います。

昨日散歩中に、フジバカマの花を見つけました。

IMG_20161117_110225.jpg

秋の七草の1つですね。

比較的地味な姿なのですが、優しく可憐な花。

これに雅な名前をつけ和歌にも繰り返し詠んできた日本人の繊細な心は、やはり素晴らしいもののようです。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
みい太さん、コメントありがとうございます。

とても温かい言葉の数々、身に沁みました。

そうだったのですね、人間関係の悩みってなかなか相談できず抱え込んでしまいますよね…。

私は低学年の頃、先生の指示がよく聞けない子でした。

話が長くなると意識が他のことに移ってしまったり後半に話した内容が上書きされてしまったりして、最初の指示を忘れてしまうのです。

なのでよく他の子のやることを真似していて、動きがワンテンポ遅くなっていました。

でも文字にしたことはよく記憶できるので、黒板にメモしてくれっていつも思っていましたよ。

発達障害について知る機会が増え、まさに私の幼少時の状態だと気付き、やっぱり私が悪いのかなあと思う日々です。

夫が同じようにちゃらんぽらんであれば夫のせいにもでき、「どうせ普通に生まれてもそこそこのあほやったで」とか傾向も叩けるのですけどね。

義父母の話によると、夫は幼い頃から神童レベルの天才だったようです(^^;

自分を責めるのは良くないと思い、療育の記事を書くことで他の方々の力になっている実感を得ようと思っているところです。

少しずつ成長する息子にも救われています。

どうもありがとうございました。
by danngo 2016/11/18
danngoさん☆初めまして!
ブロガーのみい太と申します。

前回の記事をイチオシで拝見して、他人事とは思えず…図々しくコメントさせていただきました。

我が家の小5長男も発達障害です。
そして…今だからわかるのですが、私も相当偏った人間でした(笑)
子どもの頃から悩んできた、人間関係の失敗のあれこれ…発達障害だと考えれば全部説明つくな〜と思っています
(診断は出してもらったことないですが…)


わかった当初はダンナさんにもこの話題拒否されてたので…
私一人で抱え込んで、ワタシのせいだ…と落ち込んで。
だから、当時のdanngoさんの気持ちを考えると、本当に胸が痛くなります。


でも、たぶん今はそう思っていないことと思いますが…

発達障害があるかないかは、育て方とは関係ないです。

そして遺伝的側面もあるかと言われていますが…必ずではないですし、どちらか一方の責任とは限らないです。遺伝子の組み合わせかもしれないし、何代も前の隔世遺伝かもしれないし。

だから、danngoさんが今もご自分を責めていらっしゃるのかどうかがすごく心配で、コメントさせていただきました。

発達障害は先天性でも、すこしでも早くその子にあった療育や生活をすることで、社会の中での「困り感」はすごく改善するそうなので、
息子さんの小さいうちに障害を受け入れて療育受けたりしてがっばってるdanngoさん
息子さんはきっと将来、このお母さんの子どもでよかったな〜と思うことと思います

私の勤めている保育園でもそのように疑われるお子さんはけっこういますが、親御さんがそのことを受け入れられずに療育や先生の加配を受けることができず、園の生活でとても困っているのを見ると胸が痛みますもの。

発達指数の伸びも、さっそく成果がでたのでしょうね
本当にうれしいですよね☆


和活!私も大注目してデイリー拝見してました〜☆
所作や好みに侘びさびのない人間ですが(笑)
四季折々を楽しめるからこその日本の豊かな文化、本当にありがたいです!
私も意識して和を取り入れてみたいな〜と思いました♪
by みい太 2016/11/18