2016/12/09 05:00

11月末に、幼稚園からのお知らせをもらいました。

そこには、「サンタになりきってお子さんへのクリスマスカードを作ってください」という内容が。

締め切りは、12月9日。

ええっ、1週間ちょっとしかないじゃないですか。

しかも指定されたカードの大きさはやや大きめで、市販のポストカードは使えそうにありません。

多分、東急ハンズあたりに行けばこういった手作りカード用のキットが売られているはずですけれど、わざわざそこまで遠出する余裕もなく。

何とか家にあるもので作れないかと、あちこち探してみました。

そして、たまたま目に留まったのがこちら。

IMG_20161207_233925.jpg

何の変哲もない、無地の紙袋です。

いつもリサイクル対象の厚紙を捨てる時に使っているのですが、これを切ればカードにできるなと気付いたのです。

紙袋を切り開いて指定された大きさに切り抜き、マスキングテープで貼り合わせてふちを補強。

その後、それなりに可愛く見えるようにデコレーションしメッセージを入れました。

内側はこんな感じ。

IMG_20161208_220809.jpg

「MERRY CHIRISTAS」の文字とクリスマスツリーの絵は白い紙にマーカーでかいたものを切り抜き貼り付けています。

雪は修正液で表現。

息子はアルファベットを読めるのですが大文字しか知らないので、小文字を使いませんでした。

メッセージも、息子の理解できる言葉で簡潔に。

そして、外側はこのような感じです。

IMG_20161208_220820.jpg

名前は後で入れます。

内側に比べると落ち着いた雰囲気ですが、下に貼っているシールに私なりの思いを込めてみました。

カードに使っているシールは、全てもらいものか娘が遊んだ後の余りものです。

新たに材料を購入することなく、実質0円で完成しました。

絵心がない上に不器用なのでいびつなところも多々ありますが、「素朴な雰囲気のものを」という指定だったのでこれくらいでちょうど良いかと思っています。

息子には内緒にしなくてはいけないので、夜中にこつこつ地道な作業を続けていた私。

風邪気味で頭がぼんやりする中、よく頑張れたものですね。

やれることはやりきったという満足感で、今夜はぐっすり眠れそうです。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)