2017/01/20 05:00

冬に髪を切ったら風邪をひく、というのはよく聞く話です。

しかし私は逆に、冬に髪を伸ばし続けると風邪をひくのではと思います。

なぜって、洗い髪を乾かすのに時間がかかり首や肩が冷えてしまうから。

最近の私がまさにそうでした。

体が冷えないよう髪の根元だけは頑張って乾かすようにしていましたが、そうすると毛先はうっすら湿ったままになることも。

すると翌朝、傷んで乾燥した毛先がうねったり広がったり、ひどいことになるわけです。

これはもう切るしかない!と私は決意しました。

他のブロガーさんの中にも何人か髪切りましたという報告をされている方がいらっしゃったので、背中を押された感じ。

そうだ、ついでにパーマもかけてみようかしらん。

産後ストレスで円形脱毛症になり、治りかけた今も髪のボリュームが減っている私。

毎朝髪のセットがうまくいかなくて悩んでいるわけだからパーマをかけて動きをつければ良さそうだし、ふんわり見えて良さそうです。

というわけで、行きつけの美容院へ。

学生時代からずっと、蝦名さんというスタイリストさんに切ってもらっています。

蝦名さんは私の大学時代の友人の同郷の友ということで、近況などを報告し合える気楽な関係。

彼が職場を変えても、ストーカーのように新しい職場に押しかけて切ってもらっていました。

今は独立開業して、渋谷に小さなサロンを開いています。

KaiR aoyamaという名前の、隠れ家のような店。

おしゃれな雰囲気の店内は大きな美容院にありがちな殺風景さがなく、まるで雑貨好きな人の部屋に遊びに来たよう。

17-01-19-11-49-21-537_deco.jpg
(掲載許可あり。以下写真同じ)

時計やランプのデザインが私好みで、ずっと眺めていても飽きません。

息子は幼稚園に行っている時間帯でしたが、娘はここに連れて来ていました。

見慣れない場所に最初警戒する様子があったものの、すぐに慣れてニコニコしながら私の様子を飽きずに観察しておりました。

さて、オーダーの内容ですが。

「とにかく短くして、ボリュームを出してください。葉加瀬太郎みたいに」という無茶ぶり。

というか、短くてパーマがかかっている髪型って、葉加瀬太郎しか思いつかなかったのです。

すみません、きっと他にもいますよね。

まあそんな変な注文をしたにも関わらず、優しい蝦名さんは「ほう、じゃあ強めにパーマかけてみましょうか」と要望を察してくれました。

その結果がこちら。

IMG_20170119_124419.jpg

誰ですかあなたは。

鏡に向かって、うっかりそんなことを内心つぶやいておりました。

よく考えたら、こんな髪型初めてですからねえ。

でもほんのわずかだけ、葉加瀬太郎に近付けた気がいたします。

後ろにいるのはもちろん蝦名さん。

「恥ずかしいけど」とか言いつつ、しっかりポーズを決めてくれる優しさでした。

ちなみに、切る前はこう。

IMG_20170119_080746.jpg

この長さも嫌いではないけれど、子育てで忙しいうちは思い切り短くしてしまった方が断然楽です。

大満足で、娘を連れて息子のお迎えに。

そして、延長保育中の息子は何をしていたかといいますと。

日めくりカレンダーを1枚ずつ、丁寧に破いてはそこらじゅうに広げておりました。

「別に大丈夫ですよ。それもう30分くらいやってます」と聞いて恥ずかしいやら申し訳ないやら。

片付けさせようとしたのにほとんど見向きもせず、むしろ他の子が片付けようとしてくれていたので謝りながら帰りました。

でも、髪型が変わっても私を母親と認識してくれて本当に良かったです。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)