2017/01/21 06:00

ここ数日、寒い日が続いておりますね。

今年は1月20日が大寒となっているので、寒いのもむべなるかな。

その大寒の日、雪はかろうじて降らなかったものの、寒がりの私は幼稚園のお迎えに行くだけでひいひい言っておりました。

背中にカイロを2枚貼っているにも関わらず、じっとしていると震えてきてしまいます。

「早く帰らないと、お母さん寒くて死んじゃう」

そんな弱音を吐いていても、子ども達は敷地内にある広めの金魚の水槽のそばでたむろしようとします。

まいったなあと思っていると、視界に見慣れないものが飛び込んできました。

「大根100円 今朝とれたて」

そんな手作り看板の下で、段ボール箱に大根が無造作に突っ込まれてあります。

「これ100円?うわあ安い!ちょっと見てみようかなあ…。これなんかどう?あ、お金どこに入れるんだろ」

大きな声で独り言を言っていると、そばの建物から女性が1人出てきました。

「これ、ここの畑でとれたんですか?」

幼稚園の隣に小さな畑があるので、聞いてみました。

「そうです。無農薬ですよ」

そう言われると買いたくなり、その女性にお金を渡しました。

1番太い大根を勧められましたが、葉の部分が好きなので葉の綺麗なものを購入。

IMG_20170120_155614.jpg

十分立派な大根です。

寒くて買い物いけないから夕飯レトルトでいいかな、なんて思っていましたが、この大根と余りものでご飯を作ることに決定。

根と葉を小さく刻み米と出汁とともに鍋に入れ、ガスコンロを「おかゆ」設定にしてスイッチオン。

最後にわりほぐした卵を入れてひと煮立ちさせ、塩を少し入れて味をととのえました。

17-01-20-18-25-33-761_deco.jpg

大根入り雑炊の完成です。

残った葉は細かく刻んで塩をふり、水気をしっかり絞ってから冷蔵庫へ。

17-01-20-21-15-10-377_deco.jpg

ご飯のお供にしてもいいですし、チャーハンや納豆に入れて食べてもおいしいです。

カブの葉でも同じようなものが作れますよ。

さて、他にもいろいろ作って最終的にはこんな献立になりました。

17-01-20-18-25-59-069_deco.jpg

大根入り雑炊
サツマイモと油揚げの煮物
ちりめんじゃこ入り大根おろし
大根の皮とニンジンのきんぴら
マイタケとわかめの味噌汁

大根のしっぽと大根おろしの汁は、味噌汁の中に忍ばせてあります。

捨てるところなど1つもないのです。

まだ根の部分も余っているので、大根サラダにしようか、ふろふき大根にしようかと、今から楽しみ。

ちょっと作り過ぎて、サツマイモは少し残してしまいました。

でも不思議、やたらと食べたのに胃もたれしません。

「大根役者」という言葉の語源にもなったように、いくら食べても当たらない(お腹を壊さない)のが大根のすごいところです。




danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)