2017/01/31 06:32
今週のイチオシは子どもの学習について。

まず、習い事は息子に公文をやらせています。

数字が好きなので、数字を読ませたり書かせたりもしていますが、まだ文字を書くのは苦手。

少しでも手先を上手に動かせるよう、運筆というものを主にやらせています。

IMG_20170131_164643.jpg

絵柄が可愛いので、やる気が出るようです。

あとはなるべく、子どもの好きなことをやらせるようにしています。

息子はパズルも好きでして、特に電車や新幹線のシリーズがお気に入り。

IMG_20170128_115602.jpg

こちらは154ピースあるらしく、大人の私でも骨が折れます。

150ピース以上あるものは、できるだけ夫に手伝ってもらうようにしています。

何回もやっているので、もう最初の方だけ手伝えば自分でできるようになったみたいです。

好きなことや興味のあることを伸ばす方が、苦手な部分を埋めるより大事な気がするのですよね。

私の子ども時代を振り返ってみると、好奇心のおもむくままに行動していたように感じます。

新しい知識が増えていくのが、楽しくて仕方なかったという記憶も。

だから本ばかり読んでいて運動しろと親にやたら言われたのですが、やはり本の虫のままでいました。

だから子どもには知りたいと思うことをどんどん学ばせてやりたいのですが、子どもが何に興味を持つかはわかりません。

そこで、図鑑をたくさん購入しました。

IMG_20170129_231708.jpg

大きいものだけで、計12冊。

何か月も前に買ったので、大分ボロボロになってきていますが読むのに支障はないと思います。

図鑑って、好奇心を伸ばすのに最適な気がします。

子どもが読んでいるのを横で見ていると、大人もついつい夢中になってしまいますよ。

少し前、娘が「あれは何?」と木にとまった鳥を指さしたので、「メジロだよ、後で調べようね」と答えました。

家に帰るとすぐ鳥の図鑑で、「これがメジロだよ、緑だったでしょ」と説明します。

娘は「ふーん」という表情でした。

こういったやりとりも大切かなあと考えています。

子ども達がもう少し大きくなったら、実験などもやってみたいと思っています。

塾講師をしていた頃、好きにやっていいと言われたもので教室内で実験とかしていたのですが、おおむね好評でした。

その中でも、小学生の生徒達が大うけしていた実験を試してみることに。

冷蔵庫でよく冷やしておいたペットボトルの上に水でぬらした10円玉を置き、手で温めます。

17-01-29-23-26-49-376_deco.jpg

すると、小さくカタカタ動き始めます。

中の空気が膨張して外に出ようとするからですね。

一昔前はどこの家庭でも、ビール瓶を使ってやっていたものだろうと思いますが。

今はなかなかビール瓶が手に入らないので、ペットボトルで代用するといいと思います。

17-01-29-23-28-10-851_deco.jpg

息子はこの手品みたいな実験が気に入ったようで、どんどん身を乗り出してきました。

理屈はわからなくても、今は楽しめればそれでいいかな。

こういったことに「どうして?」と思うようになったら、それは成長している証拠なのでしょうね。



danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)