2017/03/06 15:48

本日、コメント数が100に達しているのに気がつきました。

もちろん私の返信コメントも含まれていますが、それでもこれだけたくさんコメントをいただいていたのだなあと嬉しく思います。

記念すべき100回目のコメントは、三宅智恵子さんからのものでした。

いつも見に来てくださり、本当にありがとうございます。

さて、本題。

我が家の名ばかりのウォークインクローゼット(狭いのでほとんどウォークインできません)には、やや埃をかぶったホットプレートが押し込まれてあります。

ここ1年以上、これを使った記憶がありません。

理由は、ホットプレートを息子がいじるから。

息子は機械が大好きで、家電製品を見るとボタンを押したりコードを触ったりしてしまう癖があります。

普段使う家電製品は工夫して防御していますが、テーブルの上に置くホットプレートは退避のしようがありません。

すぐに触りに来て危ないし気が散るし、というわけで鍋を食べたい時はガスコンロで作る習慣がついてしまいました。

しかし先日夫が、「あのホットプレート置いといて意味ある?そろそろ使ってみたいんだけど」と言い出し。

それならば冬の終わりあたり、1回だけチャレンジしてみましょうという運びとなったのであります。

暦はすでに春に突入してしまいましたが、まだ寒いということで良いことにしましょう。

野菜はこんな感じ。

17-03-05-23-10-58-261_deco.jpg

主に冷蔵庫にあるもので何とかしようとしたので、種類は少な目です。

続いて、肉と野菜。

IMG_20170305_182807.jpg

豚肉はそこそこ良いものが100gあたり63円と安く売られていたので、思わず購入しました。

でも魚も食べたかったので、タラも購入。

味付けはこちら。

17-03-05-23-12-56-051_deco.jpg

相変わらず、プチッとシリーズのお世話になっております。

以前は希釈しない大きなパックのタイプを買っていましたが、場所はとるし注ぐ時に液はねするしで、最近はプチッと一択です。

薬味は、青ネギと祖母手製のユズコショウ。

17-03-05-23-14-04-462_deco.jpg

いざいざとホットプレートの電源を入れると、早速子ども達が集まってきました。

「さっきご飯あげたでしょうよ」と言いながらも、味見程度に分けてあげます。

息子はやはりスイッチをいじろうとしてきましたが、ダメだと言うと大人しく引き下がりました。

少しは成長したようです。

17-03-05-23-16-36-978_deco.jpg

夫に具材投入を任せていたら、神経質な性格のせいかずいぶん控え目な入れ方になり、「もっとたくさん入れてみたら」とつい言ってしまいました。

最後には、「面倒くさいから全部入れちゃうぞ」となるのですが。

野菜が多かったのでお腹がふくれてしまい、肉を少し残しました。

シメのうどんの時には、ほとんど満腹状態。

食べるのに時間がかかるのがホットプレート料理の弱点ですが、準備も後片付けも簡単で助かります。

イベント感が出てテンションが上がるのか、普段はほとんど家事を手伝わない夫が協力的になってくれるのも嬉しい発見でした。

おまけに、今朝はお通じが絶好調。

次の冬は、もっとホットプレートを活用したいと思います。

いつか、友人を集めて鍋パーティーをしたいなと妄想する私なのでありました。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)