2017/03/08 22:33
『サンキュ!』の節約特集を見ていると、毎日の献立は肉中心の主婦の方が多いように感じます。


魚の日をもうけている人の場合でも、1週間に1,2回という頻度。

ちょっともったいないなあと思います。

魚には肉には含まれていない栄養もあるし、何よりおいしくて飽きません。

肉なら牛、豚、鶏の3種類(場合によっては羊を食べる家もあるでしょう)に限定されますが、魚の種類は数え切れないくらいありますからね。

私は無類の魚好き。

我が家では、ほぼ毎日何らかの形で魚を食べています。

聞いた話ですが、日本では肉をよく食べる地域より魚をよく食べる地域の方が肥満率が低いとか。

コストパフォーマンス重視で肉ばかり食べて後でダイエットにお金をかけるより、普段から魚食を取り入れて体重をコントロールした方がいいんじゃないかという気もします(個人の意見です)。

でも、やはり魚が敬遠されるにはそれなりの理由があるはず。

私なりに分析してみました。

1.値段が割高
2.料理するのが面倒
3.子どもが嫌がる
4.見た目が地味

こんな感じでしょうか。

では、解決策を考えましょう。

1については、割安な魚を知っておくだけである程度解決します。

私が勝手に「サアカイ(さあ、買い)」と呼んでいる、手に入りやすく価格が安めで栄養が豊富な魚。

サ…サバ、サンマ、サケ
ア…アジ、アサリ、(タイやブリなどの)アラ
カ…カジキマグロ、かつお節、缶詰
イ…イワシ、イカ

魚と言いながら貝類も入っていますが、まあ良しとしてください。

なるべく旬の時期を逃さず買うのがポイントです。

アジの干物などは日持ちするので冷蔵庫に常備しておけますし、イワシの一種である煮干しやちりめんじゃこはおやつにもなります。

買い物に行かない時は缶詰のストックがあると便利です。

2の料理の手間については、切り身を買ってしまえば問題ありません。

1尾丸ごと買ってしまいさばくのが面倒な時は、店員さんをつかまえて3枚おろしにしてもらってもいいです。

ほとんどの場合、笑顔で引き受けてくれますよ。

もしくは、1尾丸ごと煮付けにしたり塩焼きにしてもいいでしょう。

17-03-08-09-47-05-590_deco.jpg

これは豪快過ぎますかね…。

3のように、子どもが魚を毛嫌いする場合は、調理法を変えてみるといいかもしれません。

魚嫌いになる理由の中には「骨があるから面倒くさい」というのもあるので、最初から骨のない切り身を選んだり、骨を外すのを手伝ってあげるだけでも解決することがあるようです。

つみれにしたり、フライやムニエルにしたりと普段とは違う形にすると目新しくて食べるかもしれませんよ。

それでも食べないなら、「魚は大人用」と割り切って買うのもいいのではないでしょうか。

4の見た目に関しては、家族の評価やインスタグラム受けを気にする方には重要課題ですね。

私は見た目にはこだわらないのでさほど重視していませんが…、あえて言うなら皿を可愛くしてみるといいと思います。

魚料理は、肉料理と比べるとどうしても地味な印象になりがち。

なので、皿に模様があったり魚の近くに添え物を置いたりして視線を散らすと少しましになる気がします。

我が家で焼き魚用に使っているのは、こういう角皿。

17-03-08-22-26-59-241_deco.jpg

左上と左下に絵が描かれているので、そこがあまり隠れないよう斜め右上に向けて魚を配置すると綺麗に見えます。

17-03-08-22-27-55-497_deco.jpg

たまたまアジの開きを焼いたものでその画像を使いましたが、これが切り身ならもっと絵が見えて華やかな印象になります。

もしくは、あえて無地の素焼きのお皿を使って素朴な感じにしてみるのもわびさびが感じられて良さそうです。

このあたりは、好みが分かれるところですね。

もしくは、野菜と一緒に料理するといいかもしれません。

17-03-08-15-34-58-102_deco.jpg

こちらは、トマトパッツァと呼ばれるトマトソースで野菜と魚を煮込んだだけの料理。

色鮮やかでおいしいということで、夫からも好評でしたよ。

3月8日はサバの日らしいので、ふと思いついてこんな記事を書いてみました。

ちなみに、毎月10日は魚の日なのだそうです。

できれば毎日、それが無理なら2,3日に1回くらい魚を食べる日を作ってみるというのはいかがかなあという提案でございました。


最後に、江戸時代の魚にちなんだ和歌を。


たのしみは まれに魚烹(に)て 児等皆が うましうましと いひて食ふ時
                                                                    (志濃夫廼舎歌集・五六九)


danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
Tokoさん、コメントありがとうございます。

うちの夫も内心は肉が食べたいと思っているようで…、やはり男性は肉好きなのだと思いますね。

私も同じように、サイドメニューに少し肉を使うことがありますよ。

メタボ怖いですよね、なかなか元に戻りませんしね。

我が家は基本焼き魚なんですが、片栗粉や小麦粉をつけてフライパンで焼く(ムニエル)とか、フライとか、大量の野菜を添えたホイル蒸しとかにすることもあります。

ボリュームが多く見えるようにするのがポイントかなあと思っています。
by danngo 2017/03/10
すごーーーーく参考になりました!「サアカイ」!♡
わたしもお魚大好きなのですが、魚だと主人が喜ばないもので、肉じゃが、、、的な肉のサイドをつけなきゃいけないのが
面倒で、1週間に1回程度しか魚の日を作ってなかったんです。。
でも、お肉を食べてメタボになって…と思ったら、、やっぱりもっとお魚の日作りたいなーーー!!!と思いました^ ^
あんまりレパートリーはないのですが…!
おすすめ魚料理あったらぜひお伺いしたいです!^ ^
by Toko 2017/03/10