2017/03/25 05:00

金曜日の朝、夫がいきなりこう言い出しました。

「今日は早く帰って来るつもりだけれど、絶対に早く帰れるとは限らない。帰る前に電話するから、それまで夕飯は作らないで」

どうやら木曜日に、私が早いうちから夕飯を用意していたのが気に入らなかったみたいです(前回のブログ参照)。

もし急な仕事が入って遅くなったら、あのご飯はどうする気だったんだと言われました。

そんなこと言われましてもね。

あの時あなた、帰る20分前くらいに電話してきたじゃありませんか。

その時間で、ご飯を用意できると思っているのですか?

…と心の中では思いつつ、「分かりました」と返答。

でもこういう話はよく聞くので、おそらく世間の主婦達は少ない時間でも何とか夕飯を準備して夫を迎えているのでしょう。

残念ながら、私はこういう予測のつかない事態が苦手なのです。

1日の流れが不規則かつ先行き不透明だと、パニックになってしまいうまく家事をこなせません。

よくよく思い出してみると、私の父は付き合いで飲み歩くことが多く家で夕飯を食べることがまれな人でした。

なのに時々電話で、「今晩の予定はキャンセルだからご飯作って」と電話が入る日があり。

母は「全くもう」とぶつぶつ言いながらも手早く夕飯を作っていましたっけ。

そう考えると、やはり私はかなり不器用な部類に入るのだなあと痛感します。

とはいえ、どう言い訳しようと夫が帰って来るなら急いで夕飯を作る必要があるわけで。

子どものお風呂時間とかぶると困るから、今日だけ1時間くらい早めに入れようかとも思いましたが無理そうです。

さんざん悩んで、1品だけこっそり用意しておこうと思いました。

1品だけならもし夫に見つかっても「自分の夕飯なんだけど、材料余ると嫌だからいっぱい作っちゃって…。土日に食べようと残しておいたの」とか言えば良いでしょう。

大体、平日に私が作るおかずは煮物です。

いったん火にかければ後はほったらかしでも大丈夫ですものね。

鶏肉と野菜の煮物にしました。

17-03-24-22-43-58-470_deco.jpg

結局夫は深夜に帰宅したので、この煮物はめでたく今晩のおかずになる予定です。




danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)