2016/08/23 06:23
療育センターではほぼ毎回、「教材遊び」というものをやっています。

発達障害の子どもには手先の不器用な子が多く、日常生活に支障をきたすことも。

感覚が鈍感だったり、指先を思ったように動かせなかったりするのが原因らしいです。

そこで、子どもが興味を持てる教材を使って少しずつ細かい動きを習得させよう、というのが主な狙いのようです。

もちろん、与えられた課題を理解する力も求められます。

家庭でもぜひやってくださいとは言われていましたが、面倒だったのであまり真剣にはやらせていませんでした。

しかしながら最近遊びのネタが尽きてきて、やたらと散歩に行きたがったりいたずらが増えたりして困っていたところ。

ここはひとつ、教材になるおもちゃを作ってみるかと思い至った次第です。

使ったのは、ベビーパウダーの空き容器と100均で買ったビー玉。

IMG_20160821_145035.jpg

まずは中蓋にビー玉1個がぎりぎり通る穴を開けました。

けがをしないように、断面を紙やすりで削ってなめらかにしてあります。

IMG_20160821_145051.jpg

これだけだといまいち面白くないので、下に豆皿を置いて派手な音が鳴るように。

IMG_20160821_145122.jpg

穴の中にビー玉をひたすら入れるだけのおもちゃですが、娘がかなりがっついて遊んでくれました。

IMG_20160821_145438.jpg

その様子を見ていた息子も、しばらくすると遊ぶように。

IMG_20160821_152124.jpg

5,6回くらいは夢中でやっていたと思います。

これもそのうち飽きてしまうとは思いますが、それまでにまた別の遊びを考案するつもりです。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)