2017/05/24 06:37

長い間このブログをご覧の方はご存知かと思いますが、うちの息子は療育手帳を持っています。

IMG_20161226_230038.jpg

療育手帳を持っていると、療育プログラムを安く受けることができたり交通費が割引になったりと、様々な補助をしてもらえます。

特に嬉しいのが、多くの行楽施設の利用料が安くなること。

広い意味での障碍者手帳なので、障碍者割引があるところで提示するとかなり割安でレジャーを楽しめてしまうのです。

最初は何かずるいような気がして気が引けていたのですが、こういうお得感でもないとなかなか出かける気にならないのですよね。

息子のようなタイプの子は、いつ泣きわめいたり逃げ出したりするか分からないので、外出自体がストレスになり引きこもりになりがち。

それで高いお金を使ってしまったらまさに骨折り損なわけですが、安く入れるところなら「まあ試しに行ってみるか」となるわけです。

ということで今回は療育センターのママ友さんからの情報を参考に、療育手帳でお得に行ける行楽施設をご紹介いたします。

・横浜アンパンマンミュージアム…入場料半額(本人と付き添い1名)
・よこはまコスモワールド…回数券300円割引(本人と付き添い2名)
・浅草花やしき…入園料無料(本人)
・キッザニア東京…入場料半額(本人と付き添い1名)
・としまえん…入園券、1日券などが半額(本人と付き添い1名)
・八景島シーパラダイス…アクアリゾートパス半額(本人と付き添い1名)
・よこはま動物園ズーラシア…入園料無料(本人と付き添い2名)
・サンシャイン水族館…入館料半額(本人と付き添い1名)
・しながわ水族館…入館料半額(本人と付き添い1名)
・東京都恩賜上野動物園…入園料無料(本人と付き添い1名)
・鴨川シーワールド…入園料半額(本人)、入園料700円割引(付き添い1名)
・富士サファリパーク…入園料半額(本人)
・県立三ッ池公園…駐車場料金無料、プール入園料無料(本人と付き添い1名)
・こどもの国…入園料半額(本人と付き添い1名)
・三渓園…入園料免除(本人と付き添い1名)
・山下公園…駐車場料金無料
・藤子・F・不二雄ミュージアム…入館料無料(本人と付き添い1名)
・東京スカイツリー…入場券割引(本人と同伴者)
・東京タワー…エレベーター半額(本人と付き添い1名)
・白浜フラワーパーク…入園料半額(本人)
・マザー牧場…入園料半額(本人と付き添い1名)

基本的にほとんどのレジャー施設で何らかの優遇措置が受けられるので、まずは行く前に目的の施設のホームページなどで手帳が使えるか調べることをおすすめします。

本来なら花見の季節やゴールデンウイークの時期にあげるべき記事ですが、「税金泥棒を増やす気か」というお叱りコメントをいただくのではないかと思い行楽シーズンが完全に終わった今の発表となりました(市内以外の施設でも使えるので税金じゃなくて施設側の負担なのかも。誰か知っている人がいたら教えてください)。

ゴールデンウイーク中に療育センターのお母さん方にLINEしてみたら、みなさん手帳を活用していろいろなところに出かけていましたよ。

私も千葉旅行の際、鴨川シーワールドに安く入れて助かりました。

白浜フラワーパークも行ったのに、そこでは手帳を使えると知らず提示しませんでした。

やはり、事前の下調べが肝心です。

もし調べるのを忘れたら、当日受付の人などに「障碍者手帳使えますか?」と聞いてみるといいでしょう。

ちゃんと丁寧に教えてくれます。

最後に、個人的おすすめスポットをご紹介。

17-05-23-22-33-34-097_deco-98772.jpg

宮崎台にある、「電車とバスの博物館」です。

運転シミュレーションができ、乗り物好きにはたまりません。

駅近なので、我が家のように車のない家庭でも大丈夫。

本人の入館料が半額となります。

手帳をお持ちの方、ぜひとも上手に利用してお出かけを楽しんでくださいね。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)