2017/07/24 05:09

近所のスーパーで沖縄フェアをやっていたため、日曜日の夕飯にゴーヤのサラダを作りました。

17-07-23-22-06-42-253_deco.jpg

ゴーヤって、生で食べるとかなり苦いのでサラダは敬遠しがち。

でも、下ごしらえのやり方によってはかなり苦みを緩和できるのです。

まず、ゴーヤを薄切りにして軽く塩もみして水でさっと洗います。

その後めんつゆにしばらくの間漬け込み、器に盛る前にごま油を数滴。

さらにかつおぶしと海苔をかけて一緒に食べると、ゴーヤーの味はほとんど気にならなくなります。

全く苦くないとまでは言いませんが、「ああ、ゴーヤだな」と思う程度。

切っただけ、もしくは塩もみしただけのゴーヤだと少し食べにくいと思うことがあったのですが、これだと割と食べやすいです。

ゴーヤは、できるだけ薄く切るのがポイント。

実は少し失敗して厚めに切ってしまったゴーヤが混じっていたのですが、それはやはりすこし苦かったです。

ついでに、全体の献立も。

17-07-23-22-08-39-898_deco.jpg

玄米ご飯
冷や奴の山かけ
サバのみりん干し
ゴーヤのサラダ
エノキとシジミの味噌汁

副菜2つは、火を使わない料理です。

「夏の食卓あるある」でございますね。

25日が土用の丑の日と聞いたので、少し早いけれど土用シジミをいただきました。

もちろんウナギも食べたいのですが、なかなか手が出せません。

今年は若干安値になったとはいえ、あれはやはり贅沢品ですね。

昔はそこらへんの川にウナギが泳いでいたと聞くけれど…、シラスウナギ獲り過ぎなのではないかしらん。

驚くほど安い値段でウナギを食べていたとかいう、江戸時代の人がうらやましいです。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)