2017/08/16 06:27
来年度息子が小学生になるため、昨日は特別支援教育総合センターというところに就学相談に行っていました。

とりあえず発達検査が行われたのですが、出たDQはなぜか前回より10以上も下の数値。

前回の発達検査から9か月しか経っていないのに、ここまで下がるのはやや不自然です。

睡眠は充分とりましたし朝ご飯もしっかり食べましたし、体調不良ということもありません。

そこでよくよく話を聞いてみましたところ、どうやらかなりふざけていた様子(発達検査中は別室にいたので直接見ていません)。

普段だったら9割は答えられる絵や写真を見せて名前を言わせるテストも、今回は正答率低めだったようで。

時計を見て指してある数字を答えてしまったり、帽子を見てその色を答えてしまったりと、全体より細部が気になる癖も出てしまっていました。

当然ながら、勧められたのは個別支援級。

一般級を希望している旨を伝えると、「小学校に連絡して、早めに見学に行くと良い」とのこと。

たとえ少しくらいDQが高く出ようとも、同じことを言われたと思うのですけどね。

もういろいろなことが分かっているし、友達の様子を見て真似ることはできるし、低学年のうちは何とか一般級で頑張らせたいものです。

一体、息子の正確なDQはどのくらいなのだろうと、ふと思うのでありました。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)