2017/10/11 07:00
17-10-10-18-24-51-986_deco.jpg

月草や 青は海ぞと 言ふ息子

よく利用するバス停のそばで、ツユクサが咲いているのを発見しました。

小さくてやや下向きに咲く目立たない花ですが、この鮮やかな青が涼しげで好きです。

ツユクサの古い名前は、月草といいます。

染料として用いるため臼でついていたからだと言われています。

この染料の色はあせてしまいやすく、移ろいやすいものの代名詞として和歌に詠まれていた時代もありました。

ふと、先日この色に似た鮮やかな青い絵本を見た息子の言葉を思い出しました。

「青は海」

海を描いた絵本じゃないのになと思いつつ、ふーんと相槌を打つと。

「赤は消防車」

多分君にとって、青は楽しい色、赤は恰好いい色なんですな。

西洋画では青は古くから高貴な色とされ、近代ではブルーピカソに代表されるように悲しい色とされることもあるようですが。

この感性、ピカソはどう思うでしょうね。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(5)
三宅さんごめんなさい、間違えましたので訂正です(^^;

アラサーじゃなくてアラフォーですよ…。

予測変換でミスったのか、ボケていたのか?

年齢詐称になってしまい失礼しましたww

こんな私ですが大目に見てやってくださいね^^
by danngo 2017/10/12
三宅さん、コメントありがとうございます。

なぜだか私、歩く時や何かを待つ時、周囲をきょろきょろして面白いものを探してしまう癖があるんですよ。

ある意味、童心を忘れていないアラサー女です^^

息子のつぶやきは語彙が少ないゆえの表現だとは思いますが、何となくいいなと思ったので書いてみました。

微笑ましく感じてもらえて良かったです(#^^#)
by danngo 2017/10/12
内海さん、コメントありがとうございます。

ツユクサ、北海道ではあまり見かけないんですね。

ちょっと残念ですけど、北海道には綺麗な花がたくさんありますもんね。

高校時代に北海道へ行った時ツツジやタンポポが大量に咲いているのを見て、いいなあと思いましたよ。

月草という言葉、古い歌集にはしょっちゅう出てきます。

簡単に色が消えてしまうのではかないイメージがあったのか、恋歌によく使われますねえ。

碧という字、漢詩にはたびたび出てきますが「みどり」とも読めるので結局何色なんじゃいと学生時代突っ込んでおりました…。

同様に、蒼という字も曲者ですよね、よく見る字だけれど。

色鉛筆、80色もあるというのには驚きました。それは宝物ですねー。私も見てみたいです。
by danngo 2017/10/11
こんばんは。
ツユクサ綺麗に咲いてますね!
日々追われていて立ち止まって道に咲いてる花を見ることないなーと思ってしまいました。
子供の感性、子供の角度、微笑ましいですね( ◍•㉦•◍ )♡
by 三宅智恵子 2017/10/11
danngoさん

わたしもつゆ草好きでした♡
寒い地方に来てからは、見ることもなくなってしまいましたが、楚々と咲く花が好きです♡

月草…風雅な由来があってステキだな〜。danngoさんは物知りだな〜。と感心しながら読みました。

息子くん、「海は青、消防車は赤」ではないところがいいな〜。
なぜか「碧」という概念を初めて知った時のことをふと思い出しました。小笠原で初めて見た、本当の海の色も。
それから、息子くんがわたしの宝物の80色の色鉛筆を見たら、それぞれ何を思い浮かべるのかな〜なんて、叶わない想像をしたのでした。
by 内海舞 2017/10/11