2017/10/18 06:00

前回の記事で少し触れましたが、先週の水曜日から金曜日にかけて、息子の幼稚園の出張お泊まり保育がありました。

行き先は、長野にある農園と宿泊所が一体化したような施設です。

お泊まり保育というよりは、修学旅行に近いんじゃないかと言いたくなります。

朝9時に幼稚園に集合した園児達は、心なしか緊張気味。

出発前の記念写真では、示し合わせたかのように全員笑っていませんでした。

17-10-17-21-08-46-004_deco.jpg

息子は今までにない大荷物を背負わされ、迷惑顔。

バスに乗り込んだ息子に向かい一生懸命手を振ると、「バイバーイ」と振り返してくれました。

あっけなくバスは行ってしまい、それから後は娘と2人きりの時間が長く続いたのであります。

これで時間ができるからおうち仕事頑張れるなと思っていたのですが、遊び相手のいない娘に始終付きまとわれて日中は何もできず、1人っ子って大変だったのかあと思った次第です。

おまけに私はご飯やお風呂のたびに息子のことを思い出し、ああ今頃はちゃんとやっているのだろうか、寂しくて耐えられないわと思っておりました。

金曜日、無事に戻ってきた息子は何があったかほとんど話してくれず。

昨日の報告会でようやくどんなことをしたのか教えてもらえたので、面白かったエピソードを3つご紹介いたします。

【軽トラック運転助手】
園長が施設内で軽トラックを運転することになりました。

私有地なので多くの男の子達が荷台に乗り込み風や景色を楽しむ中、息子は助手席に乗ってマニュアル車のギアチェンジのお手伝いを頑張っていたそうです。

写真を見ると、きっちりシートベルトを締めていました。真面目…。

【天然流水便所】
川遊びをしていた時のこと。

他の子が川に入って遊ぶ中、川岸でのんびりしていた息子が突然ズボンとパンツを脱ぎ腰まで浸かりました。

「ああ、遊ぶ気になったんだなあ」と先生が思ったその時、川面に浮かび上がった謎の物体。

大をしたと気付いた時にはすでに遅く、あっという間に流されていったそうです。

あぜんとして見守る他の園児達。

お泊まり保育の前の週に、突然家のトイレでできるようになっていたので期待していたのですが、予想外の結果に終わりました。

【車窓に釘付け】
帰りのバスでは、バス内にテレビがあったのでみんなで映画の「アラジン」を鑑賞。

多くの園児が夢中になる中で息子は1人、窓際の席でカーテンとガラスの間に首を突っ込み、ひたすら外の景色を眺めていたそうです。

このエピソードを先生が披露した時、他のママ友さん達に「すごい!」と尊敬の眼差しを向けられたのですが、私は何もしていませんからね。

そんなこんなで帰って来た息子の様子を、最後にお伝えしておきます。

バスが予定時間よりずっと早く到着したとのことで、お迎えに行った時には園児全員教室内で待機しておりました。

絵本を読んでいる息子を見つけ「○○くん」と話しかけると、顔を上げて微笑んだ息子。

ああ良かったと胸をなで下ろした次の瞬間。

「おにいちゃあああん!」

娘が渾身の力で息子に抱き着き、息子は先程よりも嬉しそうな満面の笑みに。

私より娘の方が良いのかい、と息子相手に失恋気分を味わっておりました。

その後、ホールに置いてある荷物を取りに行って愕然。

17-10-17-21-03-11-962_deco.jpg

出発前は何ともなかったはずのリュックが、勝手に帝王切開状態に。

持ち手の金具が取れただけなら丈夫なゴムなどに換えればいい話なのですが、スライダーが丸ごとなくなっているのです。

これでは閉まるわけがありません。

わけを聞くと、「初日に、思い切り引っ張り過ぎてはじけ飛んじゃったんです」とのこと。

どうしようもないので、リュックごと大きな袋に入れた状態で持ち帰りました。

17-10-17-21-07-14-452_deco.jpg

「ここ、可愛いのにもったいないですねえ」なんて先生に言われたのですが。

いいんです、それ100円ショップで買ったワッペンをアイロンで貼り付けただけですから。

仕方ないので、次にリュックが必要になる時までに新しいのを探して買おうと思います。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(6)
mihoyamanaさん、コメントありがとうございます。

高校時代「NARUTO」好きだったもので分身の術(本当は影分身の術と書こうと思ってやめました)とか書いてしまい、忍者ネタにつき合わせてしまいましたねー(;'∀')

なんか威しを入れる時は、ひたすらお化け戦術です。「暗くなるとお化け出るから帰ろう」みたいなwスーパーでも使えるかなあ…。

あの高低差は、排水のためでしたか。ならばお風呂場の床みたいに細かい溝つけて自然に流れ出るようにしてほしいです(涙)。

電動車いす、確かに時々見ますね。腕力のない方が自力で動かせるよう開発されているようですが、充電大丈夫かなって時々思っちゃいます。

偵察お疲れ様です。本当に無理そうなら手伝ってあげると喜ばれると思いますよ。私は相手が50歳くらいのご婦人でも、言われたら甘えちゃいます。
by danngo 2017/10/22
danngo様

お子さんふたりが別方向へ歩く…、確かに困る!

「お菓子売り場やガシャの前で立ち止まると下から忍びに狙われる」みたいな都市伝説が欲しいですね。畳のヘリを踏んじゃダメみたいなノリで。ならば分身の術もいらないハズ。

道って傾いてますよね。分かります。微妙な高低差。雨水が流れるように?もしそうなら、もう、道路自体が吸水できるように開発して!
電動ベビーカーは、充電が切れたときが若干恐ろしくもあり。電動の車いすとか、どうなってるんでしょうね?

現在、ベビーカーや車いすとは縁のない生活をしていますが、駅でお見かけすると「え?本当にスロープ降りられる?大丈夫?」とこそこそ見守って?しまいます。
くノ一と呼んで。

すみません。こちらこそ分身の術とかが面白くてまた書いてしまいました。

mihoyamana
by mihoyamana 2017/10/21
mihoyamanaさん、コメントありがとうございます。

下らなくはないです、むしろ面白くて笑っちゃいます。

うちの子達、2人とも歩こうと思えば普通に歩けます。

なので、興味のあるものを見つけたらフラーとどっか行ってしまうわけですよ。

スーパーのような誘惑のるつぼのような場所だと、2人とも私から離れて行ってしまう…しかも全然違う方向に。

分身の術を使いたいといつも思いますが無理なので、「止まって!」「戻って来て!」と大声で叫ばなくてはならず恥ずかしいです(-_-;)

ベビーカーの不便さ、持つまでは分からないですよね。

坂なら頑張って押せば済む話ですが、左右でなぜか高さの違う道路ってありません?あれ困るんですよね、低い方の腕がプルプルします。

本当、電動自転車はあるのに電動ベビーカーは開発されないのが疑問です。

子どもの体重でもきついのだから、車いすだったらさぞかし大変だろうと子どもを持ってから思うようになりましたねえ。
by danngo 2017/10/19
danngoさん

察するにありあまります。まだ歩けない子と、歩くと疲れちゃうくらいの子…。

そしてベビーカー!
ベビーカーが悪いんじゃない。

子どもを持って初めて、
「舗装された歩道さえ平坦じゃないじゃん」
って憤りを感じましたね。
微妙に傾斜があるとベビーカー、落ちていきますよね…低いほうに…。それをまっすぐ押し続ける苦労、みてる人には伝わらないっていう理不尽。

もう、道を平らにするかベビーカーを四輪駆動にするか、二択です。

いつもくだらないコメントにご返信くださり、ありがとうございますー。

mihoyamana
by mihoyamana 2017/10/19
mihoyamanaさん、コメントありがとうございます。

下ネタすみません。でも便秘にならなくて良かったです。

そ、そうなんですか。。。
長い間1人っ子育児していた友人が「1日に3回は『うるさい、黙れ』って言う」と話していたのを思い出して納得です。

娘の話し相手は主に私が担当ではあるものの、子ども2人でおバカなこと言いあっている時間も多いので、その間は休めますからね。

子どもが増えると、後になるほど楽だって言いますもんねえ。

ただ、今は外出が大変です。娘はベビーカーに乗り、息子はそのベビーカーの持ち手を握って歩くので、かなり負荷がかかりますし幅もとるので狭い道は動きづらいです。

さらに、息子がしばしば脱走するのですが、ベビーカー押しながら追いつくのは至難の業で(汗)。

スーパーでの買い物の時なんかカオスです、どうぞお察しくださいませw
by danngo 2017/10/18
danngoさん

>謎の物体
ウケた。

ひとりっこの我が家は、基本、ずーっとわたしが息子さんの話し相手です。今でこそ「ちょっと疲れてるから」と遮ることもできますが、疲れているときとかは、結構きついです。
安易に、「兄弟姉妹がいたら子ども同士で遊んでくれるのかしら」と思ってしまいますが、また別の大変さがあるんですよね、きっと。

mihoyamana
by mihoyamana 2017/10/18