2017/10/24 06:00

およそハロウィンという行事にはなじみのない私。

何せ僧侶の孫娘ですからね、母の実家ではクリスマスさえ祝っていなかったはずです。

とはいえ昨今の我が国では、彼岸を過ぎたあたりからハロウィン→クリスマス→お正月という流れができてしまっているので、その流れに全く乗らないのもいかがなものかと。

お菓子でもおかずでもいいから何か作ろうかなあと考えて、去年療育センターの給食でカボチャのパウンドケーキが出たことを思い出しました。

1歳後半あたりからカボチャを全く食べなくなっていた息子が、その時奇跡的に食べたのですよね。

あまりに私が感動していたので、センターの人がレシピを印刷してくれたのですが、「小麦粉○○○グラム、ベーキングパウダー○グラム、砂糖○○グラム」とかあるのを見てすぐ「無理」と諦め。

スケール持っていませんし、小麦粉を目分量で量るのはリスキー過ぎます。

ということで、そのレシピは忘却の彼方へ置き去りにし、ホットケーキミックスを使う方法で作ることにしました。

さらに手抜きするために、こちらも使います。

17-10-23-19-27-39-035_deco.jpg

生協の冷凍野菜ペースト。

本来は赤ちゃんの離乳食用に売られているものですが、キューブ状になっていて重さも把握しやすいためお菓子作りにもってこいなのです。

まずは普通のパウンドケーキに使う材料を混ぜ合わせ、そこに200グラムのカボチャを入れます。

100円ショップで売られていた紙の型に流し込みました。

こちら、焼く前。

17-10-23-19-27-56-076_deco.jpg

焼いた後。

17-10-23-19-28-21-300_deco.jpg

思ったほどにはふくらみませんでしたが、別にいいです。

包丁で切ると、こんな感じ。

17-10-23-19-29-04-413_deco.jpg

この1切れを皿にのせて息子に食べさせようとしたところ、なぜか涙目で「嫌だ!」と言われました。

「そんなに嫌なら母さん食べるからいいよ、泣くことはないでしょうに…」とため息まじりに口に入れると、しっとりしていて美味。

これを食べないなんて人生損していると思うのですが。

まあ、どうせ大半は幼稚園で行われる発達障害児の母親おしゃべり会に持参する予定だったので構いません。

スイーツ片手に話せば舌も滑らかになってより有益な情報が得られるのではないかと、捕らぬ狸の皮算用をしている次第です。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
Happylabさん、コメントありがとうございます。

ご長男さん、偏食気味なんですかね?

うちの息子は食べられないものの方が多くて大変です…。

余談ですが夫も好き嫌い多くてカニとかイクラとかおいしいものが食べられないので、「もったいない」といつも思います(痛風予防にはなるでしょうね)。

おしゃべり会、普段ママ友には言えないこと吐き出せるので楽しみです。何かいいこと聞けたらブログに書くかもしれません^^
by danngo 2017/10/24
danngoさん かぼちゃパウンドとってもおいしそうです(*´꒳`*)♡

『これを食べないなんて人生損していると思うのですが。』
ものすごく共感しました︎
我が家の長男にいつもそう思います︎笑

おいしいお菓子でママトーク弾みますね♡すっきりしてきてくださいね♪( ´θ`)ノ
by Happylab 2017/10/24