2017/10/27 06:00
来年度4歳になる娘の幼稚園探しに忙しい、今日この頃。

息子の通っている幼稚園なら優先枠となるので、出願すればほぼ確実に入園できるのですが。

スクールバスがなく大人の足でも徒歩30分以上かかる距離にあるため、自転車も車もない我が家族は市営バスで通わなくてはならないのです。

本数が少なく待ち時間が長い上に、費用もばかにならず。

息子の小学校送迎もすることを考えると、どう考えても現実的ではありません。

そこで、スクールバスがある近隣の幼稚園を受験しました。

私の地域の幼稚園は、入園願書を受理する日が全て11月1日と定められています。

なので面接も当然11月1日に行われるところがほとんどで併願は難しくなっているのですが、受験した幼稚園はたまたまその約10日前くらいに面接してしまう幼稚園。

願書提出が1日にできるよう、1日の朝までに合否連絡の封書が届くと聞いておりました。

ところがなぜか、25日の午後に郵便受けを見るとすでに封書が届いているではありませんか。

早過ぎる気がして首をかしげながら中を見ると、「応募者多数ゆえにあなたの家のお子さんは補欠扱いになりました。繰り上げ入園できる場合連絡しますがその可能性は低いため、できれば他の幼稚園を受験してください」といったようなことが書かれています。

娘はしっかり者でオムツも一応外れていますし、手がかかる方ではないと思っていたので意外な結果。

親子分離での面接だったため詳細は分かりませんが、若干人見知りするところが影響したかもしれません。

念のため問い合わせてみると、補欠は20人以上、辞退者は今のところなしとのことでした。

こうなったら息子の幼稚園に入れようかなあと心は揺れましたが、夫に相談したところ「やめたほうがいい」と諭され、急遽別の幼稚園を探すことに。

近所にある別の幼稚園は整理券を配布するなどして事実上応募締め切りしているところもあり、やむなく少し離れた幼稚園の願書をもらいに行きました。

スクールバスがあるため、離れてはいるものの送迎は楽な幼稚園です。

その幼稚園は息子の時も受験したのですが、応募者が多かったらしく面接の結果10人中7人程度しか合格できないような状態。

息子は当然落ちました。

そんなわけでほぼダメ元の気分だったのですが、受付の人に面接のことを確認しようと思い質問。

「面接は、8時に幼稚園に行けば受けられるんですよね?」

「いえ、面接はいたしません。以前はしていたのですが、今年は入園金と願書を納めていただければ入園可能です」

「え、そうなんですか?」

意外でした。

難関のイメージがあった幼稚園が、ほぼ全入の状態になっていたとは。

むしろ、先に受けた幼稚園の方が「よほど発達などに問題がなければ確実に入れる」という噂だったのですが。

ただし、それは3年前の息子の時の話。

わずか3年で、幼稚園の人気は大きく変わっていたのでした。

以下は、私の推理です。

幼稚園の面接の様子や合格のしやすさなどは、ママ友の噂話やネットの口コミなどであっという間に広まります。

「合格しやすい」という噂が定着すると、そこを受けたがる保護者が増えて応募者が殺到。

そうすると幼稚園側は面接での合格基準を厳しくせざるを得ず、今度は逆に受かりにくい幼稚園になってしまうのではないかと。

逆に、「合格が難しい」という口コミが定着→応募者が激減→合格の基準が緩くなる、という図式も成立します。

一方が下がればもう一方が上がる…まるで、やじろべえのようですね。

これ、幼稚園だけじゃなく大学受験などにもありがちな現象です。

前年度の受験倍率がたまたま低くなったり、問題が易しくなったりすると、その次の年度は受験者が増えるという話、時々聞きますから。

結論。

数年前の経験や口コミを頼りに幼稚園を選ぶのは危険、必ずその年の応募者数をリサーチしましょう。

当たり前と言えば当たり前の話ですが、近いうちに幼稚園受験を控えている方の参考になればと思い書きました。

おまけ。

願書をもらいに行ったのは娘のリトミックの後だったのですが、ハロウィンの時期だったためレッスン中にささやかなプレゼントが。

17-10-26-23-23-31-084_deco.jpg

通称ピロピロ、正式名称は知りません。

懐かしいですねえ、これ。

いつの時代もこういうおもちゃには不思議な力があるようで、私が吹いて見せるたびに娘は大興奮、力尽きて8時に就寝したのでありました。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)