2017/10/29 09:49

どうも、1つ前の生協料金の記事で利用額と合計を逆に書いてしまったおっちょこちょいdanngoです。

気付いてすぐ直しましたが、不思議に思われた方がいたら申し訳ありません。

寝ぼけているとミスを見逃すことが多々あるので、時間を置いてからのブログチェックは必須でございます。

さて、掲題の件。

昨日夕方、家族で駅前のスーパーに寄った時に衝撃の事実が判明しました。

「本店は10月末に閉店します」という旨のポスターが、小さく入り口に貼られていたのです。

もうちょっと早くから、もっと分かりやすく教えておいてくださいよ…。

我が家では、仕事帰りの夫に買い物をお願いすることが多いのです。

子ども2人を連れての買い物は重労働なのでやりたくないし、息子が幼稚園に行っている間に買い物するのも慌ただしく。

そもそも、息子の療育教室や母親参加の行事、午前保育などで時間が取れないことも少なくありません。

そういった理由でしばしば「明日の朝食べるパンがない!」という事態に陥るため、「パンとヨーグルトをお願いいたします」などとメールをして買ってきてもらうわけです。

IMG_20171028_234308.jpg

ここ1週間で買ってきてもらった商品いろいろ。

食べてしまったので写真が撮れませんでしたが、バナナも買ってきてくれていました。

こういったものが買ってもらえなくなるのはきついです。

その晩、緊急で開いた夫婦会議でとりあえずの対策を立てました。

1.土日になるべくまとめ買い
夫婦で分担し時間差で買いに行きます。

2.早く帰れる日は別のスーパーで買い物
駅前以外にもスーパーはありますが回り道になってしまうため、早く帰ってこられる日だけにします。

3.パンがなければ餅で良し
日持ちしないパンは、どうしても変えなかった場合餅で代用します。

我が家のすぐ近くには適当な店がないため、これくらいしか対策が思いつきませんでした。

他にもこんなやり方があると思った方がいらっしゃったら、ぜひとも知恵を拝借したいものです。

ピンチはチャンス、これを機に無駄な買い物がないか見直すことができればいいなと考えております。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)