2017/11/27 06:00
(サンキュ!公式ブロガーとしてレポートします。)

前回に引き続き、ポッカレモンについてレポートいたします。

今回は、ステージの内容について。

最初に、「これからレモン大学に入学していただきます」といったようなことを言われました。

教養学部、文学部、健康学部、栄養学部の4つの学部に分かれての説明。

教養学部では、レモンの起源についての話がありました。

クイズ形式で、レモンはどこの国から来たのか?と聞かれ、アメリカだと思った私。

野菜とか大体アメリカ大陸から渡って来ていた気がする、というアバウトな理由からです。

会場ではイタリアだと思った人が多かったですね。

しかしながら、予想を裏切り答えは中国。

丸仏手柑という果物が原型なのだそう。

17-11-26-21-59-11-797_deco.jpg

お仲間の仏手柑の方は一応知っておりますが、人の手のような形で面白いのですよね。

これがレモンになったとは意外です。

壊血病(ビタミンC欠乏症)予防のために船に積まれたことにより世界中に広まり、日本には1873年に伝わったのだそうです。

続いて文学部。

文学部と聞いて一瞬、梶井基次郎の「檸檬」が出てくるかと思いましたが、もちろんそれはありません。

レモンの食文化についてということで、いろいろな国のおいしそうなレモン料理が紹介されていました。

一番驚いたのは、やはりこのレモンサラダ。

17-11-26-22-00-02-267_deco.jpg

確か、イタリアの料理だったと聞きました。

皮が厚くて酸味が少ないレモンを使っているということなので、レモン好きの私なら1皿食べられる気がいたします。

そして健康学部、ここがポイントです(私の中では)。

レモンにはさまざまな栄養素が含まれていますが、代表的なのがクエン酸。

クエン酸は疲れた時に良いというイメージがありますね。

でも、それだけではないのです。

「クエン酸はある栄養素を分解する働きがある」ということで何を想像するでしょうか?

答えはカルシウム。

このクイズは正解いたしました。

会場では脂肪だと思った方が特に多かったです。

気持ちは分からなくもないです、レモンを食べながら運動すればダイエットになるかもしれないですし。

カルシウムを分解して吸収しやすくする働きをキレート作用というらしいです。

17-11-26-22-01-41-854_deco.jpg

図解するとこんな感じに。

カルシウムってほとんど水に溶けないので、血液中に吸収するのが難しいらしいのですよ。

ただでさえ日本人はカルシウムが足りていないと言われているのに、これはゆゆしき問題です。

でも、カルシウムをクエン酸と一緒に摂取すれば、クエン酸がカルシウムを水に溶けやすくしてくれるからスムーズに吸収できるそう。

17-11-26-22-02-26-129_deco.jpg

こんな実験結果も発表されていました。

カルシウム(白いので、純粋なカルシウムではなく炭酸カルシウムかもしれません)の粉末を水に入れて振ってもずっと白濁したままですが、クエン酸水やレモン果汁に入れた場合はだんだん透き通ってくるのだとか。

会場でもペットボトルを使って実験していて、少し離れた場所からではありましたがクエン酸水に入れたカルシウムの白濁がだんだん透明に変わっていく様子を確認できました。

よく水道の蛇口に着いた水垢はクエン酸で取れるとか言いますが、これも同じような理屈なのでしょうか。

要するに、小魚とかヨーグルトとか、カルシウムの多そうなものにレモンを振りかけて食べると良いということが分かりました。

そして最後に栄養学部。

ここでは、レモンの減塩効果について聞きました。

日本人は、1日の食塩推奨摂取量より少なくとも平均2グラム以上食塩を摂っているというデータがあるそうです。

食塩は小さじ1杯が約5グラムですから、2グラムの減塩ってかなり大変そう。

それだけ減らしたら薄味になり過ぎておかずが食べられないのでは、と心配になってきます。

そこで登場するのがレモンです。

食塩をただ単に減らしただけでは食材のおいしさも半減するけれども、食塩を減らしたところにレモンを足せばおいしさを維持したまま減塩が可能という理屈。

17-11-26-22-19-08-990_deco.jpg

実験でも、しょう油を控えただけのおひたしとしょう油を控えた上でレモンを加えたおひたしを比べると、後者の方が塩気を強く感じたそうです。

魚の塩焼きを食べる時などに使えそうな技ですね。

というわけで、これにて20分間のレモン大学講義は無事に終了いたしました。

担当者の説明が熱心過ぎていかにも話し足りない風情だったので、楽屋に押しかけて補講を受けたいくらいでございましたよ。

もしこのレポートで及第点をいただけるのであれば、卒業証書を送ってほしいものです。

レモンイエローの、紡錘形の紙で。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)