2017/11/28 06:00

買い物帰りの日曜日、玄関前で家の鍵がないことに気が付きました。

しばらくポケットの中をまさぐったりバッグの中を見たりしてがさごそしていると、留守番していた夫がドアを開けてくれたのですが。

家の中の定位置にもやはり鍵はなく、一体どこに入れたのだろうと突っ立ったままカバンの中を覗きます。

そうしてひとしきり探した後にふと気付くのです、左手でずっと鍵を握りしめながら右手で鍵を探していたことに。

手の平の中で温かくなった鍵に目を落としながら、「病院に行ったほうがいいのかな」とつぶやく私。

「そこまでする必要はない」と言い切る夫。

とりあえず夫の言葉を信じることにいたしますが、忍び寄る脳の老化現象におののく今日この頃です。

そんなおとぼけな日々を送っているうちに、いつの間にか11月も終盤となりました。

クリスマスまで1か月を切りましたので、そろそろ部屋の飾りつけを何とかしないと。

とはいうものの、我が家にはリースもツリーもございません。

リースは去年までありましたが、欲を出して正月過ぎても飾っていたので、あれよあれよと劣化していきボロボロに。

ツリーは息子が赤ん坊の時にひっくり返して多くのパーツが行方不明となり、お釈迦状態。

もう割り切って、高いインテリアは買わないことにいたしました。

ここ2、3年、室内の装飾は壁やガラスに何かを貼って完結させております。

今年も適当に壁面を飾っていきましょう。

まず、茶色のマスキングテープで木の幹と枝らしき形を作りました。

17-11-27-15-06-27-320_deco.jpg

そこに100円ショップで購入したウォールステッカーをランダムに貼り付けていきます。

この作業は、娘もかなり手伝ってくれました。

17-11-27-15-06-56-493_deco.jpg

うーん、一応形にはなったけれど、色味がないので寂しい気が。

そこで娘が遊ぶのに使って微妙に残していたジュエルシールをくっつけてみることに。

17-11-27-15-07-30-865_deco.jpg

大して変わりはしませんが、少しだけクリスマスカラーの赤系が増えて可愛くなった感じがしないでもないです。

よく考えたら、枝の部分をもっと細かく分かれさせた方がそれらしくなったのではないかと思うのですが、深く考えずにやり始めてしまったから下手でも仕方ないかと諦めることにしました。

たとえどんなに綺麗に作ったとしても、そのうち子ども達が遊んではがしてしまうかもしれないし。

諸行無常、色即是空、と唱えてどうせ一時のものだと割り切ることにいたします。

子ども達が少し大きくなったら、「お母さんこの飾りつけダサい」などとダメ出しをくらうことになるのでしょうね。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)