2017/12/10 07:48

土曜日の娘の朝食は、梅干しとヨーグルトとチーズと豆乳のみ。

ミカンもあげようとしたのですが、一口かじってポイされました。

炭水化物を食べる気を見せないのは、困ったものです。

せめて昼食はバランスの良いものをと思い、少々久しぶりのパスタを作りました。

17-12-09-21-34-19-743_deco.jpg

多くのブロガーさんが絶賛していた、キューピーの「ワンポットパスタ」を使っております。

17-12-09-21-35-04-134_deco.jpg
(開封してから写真を撮ってしまうという不手際をお許しください)

お気づきの方も多いと思いますが、出来上がった料理写真、パッケージの写真とはだいぶ違いますよね。

実はレシピを見つつもかなり作り方を変えてしまっているのです。

まず、パスタにはこれを使いました。

17-12-10-07-11-01-789_deco.jpg

ショートパスタ、またの名をマカロニ。

他のブロガーさんのレビューをいくつか見て、「スパゲティを半分に折るのって大変そう。だったら最初から短いの使えばいいや」と思ったからです。

早ゆでパスタだったので鍋に入れるタイミングをどうしようかと悩みましたが、ちゃんとキューピーのホームページに対応策が書かれていました。

商品パッケージの裏側に記載されているQRコードから飛べますよ。

ゆで上がるまでの時間を逆算して、鍋に入れればいいということでした。

通常10分間のゆで時間なのですが、こちらは1分半でゆで上がる麺なので火をつけてから8分半後に入れればよいということになります。

パスタソースで具を煮込む段階で、野菜はあるけれど鶏肉がないことを思い出す私。

仕方ないので、冷凍庫の片隅に鎮座しているシーフードミックスを使うことにしました。

色味がもっとほしくなったので、ニンジンとパプリカも用意。

8分半後、先ほどのパスタを約2袋分(300g)入れました。

レシピには200gとあるのですが、子ども達の分も計算して多めに。

17-12-09-21-36-43-601_deco.jpg

鍋がパスタだらけになり、やや焦る私。

根性で上、下、上、下と混ぜると、何とかゆで上がりました。

17-12-09-21-37-58-915_deco.jpg

早ゆでの麺なので、すぐに火が入るのが良かったのかもしれません。

食べてみると、意外と家庭的な味。

もっと濃い味を想像していたので、「実家でお母さんが作ったパスタ」っぽい味に面食らいました。

もっと驚いたのは、最近ブロッコリーをほとんど食べなくなっていた娘が自分から所望してブロッコリーを食べていたこと。

恐るべし、キューピーマジック。

反省点もあります。

・もっと大きめの鍋を使うべきだった
・具が多過ぎた
・パスタもやや多かった

これらの点を改善すれば、もっとスムーズに作れたはずです。

全体的に量を増やし過ぎたため、少々残ってしまいましたし。

でも、マカロニなのでサラダに入れたりグラタンにしたりとリメイクしやすいのはいいですよね。

とにかく娘がこの味をひどく気に入っているので、また娘のために作ろうと思います。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
三宅さん、コメントありがとうございます。

そうなんですよね、ちょっと失敗した感もありましたが娘の食いつきがすごかったのでまた作る予定です。

野菜の旨味もありますが、魚介の旨味も出ていたのかと。今度は、鶏肉でもやってみようかと思っています。
by danngo 2017/12/10
気に入ってくれたなら結果オーライではないですか!
どんな食べ方でも家族が喜んでくれる方が最高の喜びだと思いますよ!
充分美味しそうだし、野菜の旨味がプラスされて、娘ちゃんも気に入ったと思います(´ฅ•ω•ฅ`)♡
by 三宅智恵子 2017/12/10