2018/01/05 06:00
4日から「年末までに10万円チャレンジ」の応募受付が始まりましたね。

私も一応参加していたので、昨日サクッと応募を済ませてきました。

その際に気付いたことなのですが。

「我が家、年収いくらなのだろう…」

分からないのです、本当に。

というのも我が家は夫が給料を管理していて、私は月10万円の生活費を支給されるだけ。

私はあくまでもその月10万円の中からやりくりをして、年末までに10万円貯めたに過ぎないのです。

夫は給与明細をもらっても私に渡すことはなく、自分で確認してから棚の中に突っ込んでおりました。

私はあまり人の給料に興味津々なのも品がない気がして、あえて「見せて」とは言わずこっそり見ることもしないでいたわけです。

そうこうするうちに去年から給与明細はメールで会社のパソコンに届く形となり、物理的にも私が見ることは不可能になってしまいました。

ただ年末夫がぼそっと「今年の年収、800万超えてたんだよなあ」とつぶやいていましたので、そこを手がかりにネットで手取り額平均を調べてみました。

年収が800万円で子どもが2人いる家庭の場合だと、手取り額はおよそ600万円になるようです。

ボーナスはいつも額面で100万円程度だと言っていたので、手取りで75万円ということにして月収も計算。

(600−75×2)÷12=37.5 ということで、37万5千円と出ました。

この中からもらえる生活費が10万円というのは、果たして多いのか少ないのか。

結婚する少し前は額面で年収600万円と言っていたので、共働きだった新婚時代は月7万円の支給でした。

息子出産と同時期に退職し、私の収入がなくなったという理由で月10万円にアップ。

当時は手取り月収が30万円に満たないと言っていたのでこれで納得だったのですが、子どもが大きくなってお金もかかるようになったのに支給額は上がらず。

もちろん、夫が子ども達におもちゃや勉強道具などを買ってくれることもあるので私だけが子ども費を負担しているわけではありません。

幼稚園代は、夫が専用口座に入金してくれています。

18-01-04-23-13-29-779_deco.jpg
(幼稚園代がいくらかかっているのかは確認できました。1か月あたり2万3千円ほどのようです)

でも今後は、支給された生活費でほとんどまかなっている子ども達の食費も上がっていく見込み。

このままだとやや不安なのです。

いっそ、家計を共有できないものか…。

そう思い、たまたまテレビでお金の話が出てきたのを機に「家計って、共有したほうがいいんだよね」と夫の隣でつぶやいてみました。

「そうだよな。でも、難しいんだよね」

夫はそう言って、私に同意を求めている様子。

「やっぱりそうですよね」

不覚にも、私はそれに乗ってしまいました。

お見合い婚のためいまだにどことなくよそよそしい雰囲気があるせいなのか、私がお人好し過ぎるのか、なかなか夫にお金について強く言えないのが困りものです。

何かアドバイスなどあれば、お待ちしています。

月収37.5万円なら、1か月10万円くらい貯金に回したいというのが本音であります。

将来子ども達が大人になった時、ポンと1000万円くらい自由に使えるお金を渡してあげたいと思っているからです。

甘やかしたいわけではなく、お金があれば可能性を広げられる、という思い。

年末までに10万円貯めてみて、使い道はと考えると真っ先に息子の学童用品が浮かんだ私。

自分のためにお金を使わない性分なのは、夫も理解してくれているはずなのですけれどね。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(6)
acoさん、コメントありがとうございます。

なるほど。そう言えばうちの夫も、住宅ローンを前倒しで完済するほどの堅実ぶりだから、夫に任せていることがすごく不安ってわけではないですね。

貯金の内訳とかは確かに聞いておいた方が良さそう。分からないからストレスたまるんですしね。学資保険やら投信やらいろいろやっているけれど、配分は全然確認してなかったです。

たまーに、サンキュの節約特集のページをこれみよがしに広げて無言アピールするんですけど「こんなに貯金するなんて無理だよなあ」とあっさりいなされてます。もう一歩踏み込んで「じゃあ、どのくらいなら貯金できる?」って聞いてみたいものです^^
by danngo 2018/01/08
私も月10万円の生活費をもらっています(o^―^o)
月収は 28万くらいなのかな〜?と予測しています(笑)

うちは 私より夫の方がお金に詳しいし、
仕事柄銀行の方と接する機会が多いので
将来へ向けての貯蓄は丸投げしております(;^_^A

先日、サンキュ1月号のP78〜79を見ながら
進学時にかかるお金が 私の貯金だけだと不安!
と正直に話したところ
夫の貯金の内訳や、学資保険について教えてくれました。

自分で管理しなくても、貯蓄があることが分かれば安心ですし
直接聞くより 雑誌や本を見ながら サラッと聞くのが良いかもしれませんよ?

あくまでも 我が家の場合ですが、参考までに。
by aco 2018/01/08
三宅さん、コメントありがとうございます。

サンキュ!読者には年収300万円の家庭も多いようですね。それで普通にやりくりできるのだから頭が下がります。

三宅さんの旦那様は少し前に独立されたのですよね?サラリーマン家庭は安定していますし、年収が大きく下がる可能性が低いのは有り難いと思っています。

ただ、うちは夫が46歳のため定年退職まで15年もないので貯金は大事です。

もう少し長く収入を得るためにも、息子の小学校生活が安定したら私も働きたいですね。夫は「妻は家事と育児だけやればいい」と思っている昭和男児なのですが、まあ何とかうまいこと言ってみたいと思っていますw
by danngo 2018/01/05
内海さん、コメントありがとうございます。

うちの夫の性格を一言で言うなら「プライド高い頭脳派」なんですよね。自分のテリトリーをしっかり持っていて、「寄るな触るな口出すな」ってオーラを発しています。うーん、一昔前の誰かさんっぽい。

ちゃんと言うべきことは言わなきゃと思っているんですよ。ただ、どうやって切り出したらまともに聞いてもらえるか分からず。ジャブをちょこちょこ打ってみるものの、あっさりよけられてしまうという状況が続いております(^^;

舞さんの元旦那さんは、激昂すると物とか手とかが飛んでくるタイプだったのでしょうか。うちの夫は表面上は穏やかなのですが、何か気に入らないこと言うとこちらの弱点を的確に見抜いてぐさっとくる一言を言ってきます。それで、私も面倒になっちゃうんですよね。。。

ギャンブルなんかは全くしない人だし、住宅ローンも前倒しで完済するほど堅実なので、「莫大な借金」なんて茶化したら「そんなわけないだろ!」と怒られるな…。どう言えばいいのかな。やっぱり、譲歩できるところは譲歩しつつ、こちらのお願いを少しずつ聞いてもらうしかないのですよね。

うちの夫、第三者や専門家の意見は割とまともに聞くのですよね。(私のことは小ばかにしているきらいがあって、説得しようと試みると論理的に長々と否定されます)だから、本を読ませるというのは手かもしれません。紹介された本、なかなかそそるタイトルだから忙しい中でも手に取ってもらえるかな。

「どうして?」と聞くと「だめなものはだめ」みたいな返事が返って来ることもあるのですが、しつこくでも聞いてみたほうがいいかもですね。最近、すっかり諦めておりましたから。

さっき、粗大ゴミを出してもらうよう頼んだら、「いたずらでシールはがされたら困るから簡単には見つけられないよう裏側に隠して貼ったから!」とか言っていた夫。「目立つところに貼るよう書いてあったと思うけど…」と言うと慌てて貼り直しに行っておりました。こんな感じでどこか人を疑うところがあるので、完全に信用されているかどうかw勝手に使い込んだりすると思っているのかしら。

こんな素朴な疑問のつぶやき記事にいろいろとアドバイスくださりありがたいです。また何かあればご遠慮なくお願いしますね♪
by danngo 2018/01/05
ウチは共働きでも300万家庭ですよ•ू(༎ຶ۝༎ຶ`•ू) )੭ु⁾⁾
しかもウチの旦那さんは個人事業主になったので給料に変動しますのでdanngoさんの旦那さんみたいに安定してお金が入るなら、それでいい気もしますし、danngoさんが稼ぐのも手ですけど、どうでしょう?
by 三宅智恵子 2018/01/05
danngoさんにしては珍しく、突っ込みどころ満載な記事ですね〜。
あ、ストレートにごめんなさい。
書きたいことありすぎて、書けないです*^^*

関係性ってありますからね〜。「私なら」で語っちゃいけなさそうです。
でも!奥ゆかしすぎるのはもったいないです。
相手のテリトリーを侵害しないことを徹底しているのは偉いなぁ。
でも、夫婦だから話していい事、話すべきこと、あるとも思います。
同居人じゃないですからね〜。

私が最近読んだ「お金持ちが肝に銘じているちょっとした習慣」(著者:菅原圭)という本の受け売り(笑)
・日本人はお金の話をするのは「品がない」と避けるけど…
・家族で(ここでは、どちらかというと親子なんだけど)お金の話をしよう
・(著者は)必要なお金の話をしない人を信用しない
「お金と真摯に向き合うお金持ち」という章の中に書かれていたごくごく一部の内容です。
面白かったですよ。
良かったら読んでみてください。ついでにテーブルなど目立つ所に置いておくとか(笑)

danngoさんご自身で書かれていらっしゃいますけど、「やっぱりそうですよね」は不覚でお人好し過ぎですよ〜(あ、またストレートに…)
「えぇ〜??莫大な借金でもあるのぉ〜?」←私のようなキャラ(と声)なら違和感なく言えちゃうんだろうな〜(笑)

もっとも私も、元旦那には言いたい事言わなかったけれど(命が惜しいし*笑)
喧嘩しないようにするには遠慮が不可欠だったのでね。
でも、結局破綻しましたから、オススメしないんですよね、こういう関係は。

考えを押し付けるのではなく「どうしてそう思うの?」と言えたらいいですね。
我が家の場合、「オレに不満があること自体許せない」なんて言葉でピリオドになっちゃうくらいで、私は言えたけど会話にならなかったんですよね。
(私と息子くんの会話(関係)からは想像つかないでしょ〜?*^^*)
ちゃんとお互いに話せる関係なら、遠慮し過ぎない方が安心感も信頼関係も深まるんじゃないかな。お互いあらぬ遠慮をしているのならもったいないです。

あくまでも私の価値観でモノ言いました。
旦那様のコトも、普段のやり取りも、何も分からず書きましたので、「イヤイヤ、それが難しいのよ〜」と思われるかもしれませんが、その時は一晩眠って夢の中に葬り去ってきてくださいね〜*^^*
冒頭、書けないと言っておきながら、書いてるじゃん(笑)
ごくごく一部だけね

最後の1行に、思いが凝縮されているな〜と感じました。
これだけ理解と尊重してもらえている旦那さま、
旦那さまも、理解に行動もついて来てくださるといいですね。
by 内海舞 2018/01/05