2018/01/07 07:38

家計管理について疑問や愚痴を込めた前回のブログ、いろいろな方に心配(?)されてしまったようです。

ご意見やアドバイスもいただいたので、少しずつ試してみようかなと思っています。

今のところ状況は変わっておりませんが、何か進展があればご報告いたします。

いつの間にか、1月も7日に入りお正月ムードが薄れてきましたね。

来るべきところから来る年賀状も、ほぼ出そろった感があります。

もらった年賀状は全て保管するという方もいるでしょうが、私は上書き保存方式。

年賀状を送ってくれる人は決まっているので、今年来た年賀状と引き換えに古い年賀状は破棄します。

今年の分は、来年の年賀状を書くときに使うのでとっておきます。

そうして行われるのが「シュレッダー祭り」。

祭りと言っても特別なことをするのではなく、子ども達が私のシュレッダーをするのを見守る(たまに簡単なお手伝いも)という不定期開催のイベントなのです。

特に息子は寝転がって、シュレッダー内部のカッターがクルクル回るのを見るのが大好き。

私も洗濯機の中の水や電子レンジの中のお皿がクルクル回転する(最近の電子レンジは回らないけれど)のを見るのが好きな人なので、気持ちは何となく分かります。

今回は結婚式の時もらった電報も1枚処分して良いという許可が出たので、合わせて処理しました。

18-01-06-23-52-49-880_deco.jpg

使っているのは、このシュレッダー。

新婚時代には会社などでも使われていそうな電動の大きなシュレッダーがあったのですが、子どもが触れたら危ないということで出産前に捨てました。

子どもの手の届かないところに置いておくため、かなりコンパクトなサイズのものを新たに購入したというわけです。

手前に置いてあるビー玉で大きさが分かると思いますが、こちら投入口がハガキ1枚分の幅しかありません。

A4の紙などはちぎってから入れる必要があるため、ちぎるのは子ども達にお願いしております。

私が必死にクルクルするのを見ていた子ども達、物足りないようで終わった後も「もっと」と要求。

そこで、今まで「どうしようかな」と思いつつ保管しておいた、古い年賀状を見直しました。

去年来た人から今年も年賀状が来た場合には捨てられるのですが、一昨年来たけど去年は来なかったという中途半端なケースが時々あります。

「もしかしたらまた年賀状を出すきっかけがあるかも」などと考えてしまって、そういう人のは捨てられなかったのですよね。

でも、とっておいても結局見返すことはほぼないし、連絡先を知りたくなった場合にはフェイスブックなどで聞くことができるしと思い必要ないと判断。

少し身軽になりました。

同じ日にベビーベッドや古い布団などの大物の断捨離をしたので、少しすっきりした我が家のリビング。

まだ他にも大物の処分がある予定なので、それが済んだら見違えるかなと楽しみです。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)