2018/01/13 06:00

年明け最初の登園日に、息子が幼稚園からお年玉をもらってきました。

IMG_20180112_103844.jpg

もちろんお金ではなくて、現物支給です。

木のコマ、昔ながらのおもちゃらしくて素敵。

私の子ども時代は、こういった木のおもちゃがたくさんあったものでした。

積み木はもちろん、凝った作りのおままごとセットなんかもありました。

最近は、プラスチックや塩化ビニールなどのおもちゃが多くなって木のおもちゃを見かけることはまれ。

積み木ですらも、布製のものの方が目立つところにあるくらいです。

我が家は、そんな中でも木のおもちゃが多め。

IMG_20180112_105417.jpg

床に出して並べてみたら、結構あるなあという感じです。

コマは今回もらったものの他に2つあったのですが、新しいものが一番大きいです。

あとはやじろべえみたいなのとかヘリコプターとかオブジェみたいなのとかそろばんとか…。

数年前、息子が発達障害だと分かった時に、それまでもらいものとして家にたくさんあったプラスチック製のおもちゃを見直すことになりました。

というのも、それらは規則正しく光が点滅したり音楽が流れたりと、単調な刺激が多くて息子のこだわりを助長しそうな気がしたからです。

そうして、少しずつ木のおもちゃが増えていきました。

ところで、木育(もくいく)という言葉をご存知でしょうか。

比較的最近できた言葉で、私も少し前に知ったのですが。

いろいろな側面があるようですが、木のおもちゃで子どもの五感を刺激するのもその1つです。

木には独特のぬくもりや触り心地があり、同じ木材でも年輪の入り方などによる「ゆらぎ」が存在します。

それが子どもの発達には大切なのだそうです。

18-01-12-22-13-27-480_deco.jpg

特に早い時期に購入したのがこちら。

「追視系」と呼ばれる部類の、部品が重力に従って動くタイプのおもちゃです。

実際にどうやって遊ぶかは、以前私のインスタグラムで動画にしてご紹介しております。

「#きらきら星の会」のハッシュタグが付いている動画です。

ピエロのパーツどう使うの、などの疑問がある方はこちらをご参照ください(言葉で説明するのは難しいのです)。

この追視系のおもちゃは、ある程度規則的な動きが繰り返されるため、それを目で追うことによって心の安定が得られるらしいです。

イライラした時、単純作業すると落ち着くのに似ています。

規則的とはいっても、自分で部品を落とすタイミングを調整できますし、親の私がこっそり指で部品を止めるなどしてわざと怒らせるなどというおふざけも可能です。

赤青黄の玉を転がす時には、端に当たる時にカランコロンと音が鳴るのですが、それが毎回違う高さになるというのが心憎いです。

もう、子ども達が好き放題やって汚れたりクレヨンで落書きされたりして見苦しい状態なのですが、それでもまだまだ現役。

特に娘は、レゴやビー玉遊びに飽きるとこのおもちゃ達を引っ張り出して遊んでいます。

小さめの部品が多いせいか、違う種類のおもちゃの部品を組み合わせてタワーみたいなのを作成することも。

それはそれで、間違いではないだろうと思っております。

18-01-12-22-14-17-784_deco.jpg

木のおもちゃは、いつもこの箱の中に投げ入れ収納。

まだ細かい分類ができそうにないので、「木」というジャンルでざっくりまとめております。

箱は3coinsで売られていたもの。

ポップなデザインで躊躇したものの娘が「これがいい!」と言い張るのでレジに持って行ったら、定価500円だったはずなのに値引きされていたらしく150円で買えました。

150円としてはありえないくらい、とても丈夫で良い仕事をしてくれています。

木のおもちゃは割高なうえに投げると危ないし、床や壁を傷つける可能性も高いので敬遠されるのも分かります。

でも子どもは意外と長く遊んでくれますし、最初の食いつきが良くてもすぐブームが去ってしまう電池式のおもちゃに比べるとコストパフォーマンスが高いかもしれませんよ。

danngoさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
内海さん、コメントありがとうございます。

いいですよね。ぬくもりがあるのはもちろん、買ったばかりのものは香りも良くて癒されます。見つけたことないのですが、国産のヒノキとか使っていたらすごく良さそう。

布のおもちゃでときめいたのは、児童館で見た布絵本です。こんなのあるんだ面白い!と思ったものの、自作には至りませんでしたw

でも積み木だけは、布より木がいいです。布だとちゃんと積めないのですよ。そして子どもが泣く…。

コマとかプレゼントするのは、園長が昔の遊びが好きだからでしょうか。去年はカルタでした。

でも私コマ回し下手なんですよ。舞さんみたいに教えられるようになりたいです。
木のおもちゃ、私も大好き♡
手触りって大切ですよね。表面は、すべすべでつるっとしているのに、ぬくもりがあって、とても癒されます。木のおもちゃは大事にとっといてます。
布おもちゃも、いくつか作りました♪ 
木や布は、子どもの情緒を育むのに、そっと後押ししてくれる気がいたします。

ボールがコロコロ…も好き♡ 虹色なのね♪
やじろベえ?と思ったら、あらまあ、かわいらしい♡

木のおもちゃのお年玉、なんとも粋な幼稚園。ステキです。

ひもで回す木のコマ、去年ラジオ体操の時にわんさか持って行き、毎日地域の子たち(&息子)に回し方を教えてあげて、最終日に「こま回し大会」を開催した舞です*^^*
今年もやるんだ〜♪