2018/03/22 06:00
ある朝、私はパジャマ姿のまま自分の服を集めていました。


昨日着ていたものも昨晩洗って半乾きになったものも含め、アウターと礼服以外はほぼ全て引っ張り出します。

そうして適当に床に積み上げますと。

18-03-21-17-48-36-218_deco.jpg

服はあまり持っていないとか言いつつも、それなりの分量がありました。

畳み方が下手なのか、積み上げるほどにバランスを崩しかけてうっすらと傾きつつ、何とか静止してくれています。

前より増えた気がするけどなぜだろう、ああ親からいろいろもらったからだ…などと思い出しながら内容を精査しました。

くたびれたもの、黄ばんだもの、着る回数が減ったもの…様々な理由で「もういいや」と思えるものが出てきます。

18-03-21-17-47-39-709_deco.jpg

ニットのたぐいは、毛玉が出来ていたり少し変色していたりして着古した感じが強いので処分です。

ハイネックのシャツは、色合いが淡いのでボーダー苦手な私が唯一持っている横縞でしたが、最近はワイシャツを着る頻度が増えてなかなか着なくなったのでお別れを決意。

カーディガン、重宝するのですがしわができやすいのがやっかいで。

持っているボトムスが多いことに気付き、普段使いのズボンは3本で十分だと感じたので、2本捨てます。

タンスの引き出しがかなりがらんとしましたが、これでいいのです。

彼らはもう十分に頑張ったのですから。

もともと多くはない手持ち服の中からこれだけの量を捨てるのは、ここ数年間なかったことです。

でも私の人生の中で、服を大量に捨てた時期というのは何回かありました。

高校生くらいの時分にも、ふと思い立ってゴミ袋を部屋に広げ、服を引っ張り出して手に取っては捨てるという作業をした記憶があります。

大学生の頃、社会人の頃にもそういう時期がぽつぽつとあったかと。

最後に服を大量に捨てたのは、確か息子を妊娠した頃。

仕事用に持っていたカチッとした印象のスカートやきちんと感あふれるシャツワンピースなども、遠慮なく捨てました。

その代わりにシルエットの緩い服や伸び縮みする服を買いましたっけ。

服を捨てる理由の中には服が傷んだことや自分が老けたことなどもありますが、環境の変化や心境の変化も大きいと思います。

言うなれば、これは脱皮。

古い皮を脱ぎ捨てて、新しい自分になろうとするための通過儀礼なのでしょう。

もうすぐ38歳となる私、老いたと言えばそれまでですが成長しているとも言えるのかもしれません。

少し前、仲野万里子さんが「自分の好きなファッションを楽しみましょう」というブログを書いていらっしゃいました。

私はこれまで、「仕事をするならしっかりした印象の服を着なくては」「婚活中は男性受けする服を」「子育てするなら動きやすさ重視で見てくれに構ってはならない」といった既成概念に縛られていたところがあったかと思います。

自分が着たい服を着るという発想、ないわけではなかったのですがかなり弱かったのです。

しかしながら40を目前として、「もっと明るい色の服も欲しいな」「女性らしい恰好もしたいな」「ちょっと奇抜な服も着てみたいな」などという欲が出てきてしまいました。

もしかしたら「いい年こいて…」と周りに言われるかもしれませんが、たまには自分の内なる声に正直になってファッションを楽しんでもいいかもしれませんよね。

そんな気持ちが、私に服を捨てさせたのでしょう。

さて、そろそろ新しい皮を探しに行きますかね。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(8)
内海さん、コメントありがとうございます。

おかえりなさい。

息子さん、さすが昆虫博士ですね。さなぎの気分…、これから一気に大人になってやる!ってことだったのでしょうか。

蚕は蛾…確かにそうでした。幼稚園で蚕飼っていたので、なんかそれ以来可愛く思えちゃうんですよね、あの子達。
脱皮し損ねると死ぬ?うわあ怖い!

舞さんの衣装ダンスの中を見たことないので、何とも言えませんが、「全て現役」はすごいです。私、数年前まで現役じゃない服をタンスで醸成してましたから。

割と毒舌なほうですが、舞さんは何着ても可愛いでしょうから横から切り落とすどころか盛り上がってファッションショー始めちゃいそうです。

1人で集中した方がきっと早く終わりますよ^^
by danngo 2018/03/23
あはは・・・蛇は何度も脱皮しますもんね〜。
思わず戻ってきちゃいました。ただいま♪

かつて息子が「僕、今、サナギなの」と言ったのを思い出しました。
「蝶かな?カブトムシかな?トンボかな?」と返事したら、
トンボはサナギにならないよと、鋭く突っ込み入れられましたf(^^;)

お蚕さんはガなので、できれば蝶がいいです。
蛇でもちっちゃければいいんだけど(笑)
でも、脱皮し損ねると死んじゃうらしいので・・・
それは何でも一緒か。
上手に脱皮します*^^*

わりと衣装持ち・・・
そうなのかな?
一般的にいえばそうでもない気がしますけど・・・。
「現役じゃない服」はないです。たぶん。
さよならの決心が鈍いのです。着てみて決めていてもね。
danngoさんがみたら、
「これ、もうアウトでしょ」っていうもの、見つかりそうです。
横からバッサバッサ切り落としてほしいな〜(笑)

さすがの私も「これはないわ」と思えば大丈夫(*^-')b!
ゆっくり舞ペースで見直しま〜す*^^*
by 内海舞 2018/03/23
内海さん、コメントありがとうございます。

まあ、気持ちの変化する時期って人それぞれですからね。ちょっとゆっくりめに巡って来たのでしょう。

何回も脱皮とつぶやいていらっしゃいますが大丈夫でしょうか?蛇の脱皮とかだと気持ち悪いでしょうから、可愛い蚕さんの幼虫とかを思い浮かべるといいと思います^^

舞さんは割と衣装持ちなのでしょうか。1イン2アウトでもかなり減りそうです。できる範囲で頑張ってくださいね。

聞いた話によると、にらめっこで決心つかないなら実際に着てみると分かりやすいそうですよ。それで鏡を見たり写真を撮ったりしたら「これはないわ」と気付くのだとか。行き詰ったらこちらもお試しくださいませ。
by danngo 2018/03/22
mihoyamanaさん、コメントありがとうございます。

>羽ばたけるわバタフライ
そうでした。なんならここで歌いましょうか?

>こらぁ!(もうすぐ40歳)
ひゃあ!すみません…。いやでも世間的に見たら、30代後半ってみんな同じ、かも。

ママチャリがないとヒール履き放題ですねえ。カジュアル服とのバランス、私も悩みそうです。専業主婦向けのファッション誌ってあまり見たことないですね。だからこそあまり考えずに好きな服を着ていいのだと思います。

新しい皮、現在探査中です。入手したら一部お見せしますね。
by danngo 2018/03/22
「アラフォー」時代は新しい服にあまり気持ちが向かなかった舞です。
やっと最近、「好きな服」に目覚めつつある遅咲きさん??

脱皮・・・
そうか、脱皮・・・
うん、そういうことかも・・・

私はdanngoさんよりももっとたくさん服を持っていますけど、
新しい、「今着たい服♡」をお迎えするために
「1イン2アウト」、スピードアップしようかな。
なんて思いました。
あれ?「1イン3アウト」の方がいいのかな?

脱皮脱皮と呪文のように唱えながら
手持ちの服とにらめっこしてみます*^^*
いい呪文をありがとうございました♪
by 内海舞 2018/03/22
acoさん、コメントありがとうございます。

同じですねー。うちも息子が小学生になるので、解放感でいろいろ買ってしまいそうです。
パンプス、サンダル、いいなあ…。

お互いアラフォーなんですね。やはり多くの女性が何らかの節目を感じる年頃なんでしょうか。

汚れることを考えると、子育て中は明るい服って買いづらいのですよね。まあ最近は洗剤も進化しているし、明るい色にもチャレンジしたいですね!
by danngo 2018/03/22
danngoさん

おはようございます。

脱皮、羽ばたけるわバタフライですね。

>もうすぐ38歳となる私、老いた
こらぁ!(もうすぐ40歳)

春に向けて、物欲が湧き、ポチポチが始まってしまいました。
わたしも、役割を終了したものは、捨てなければ…。
取り急ぎ、息子の服を捨てました。(断捨離のダメな例)

息子が小学生になり、ママチャリをほぼ卒業してからは、ヒールやスカートを買うことが増えましたが、今度は逆にカジュアル服が少ないという…。
「働いてない母親の、ほどよいお手本」になるファッション誌とかって、あんまりないんですよね…。
きれい目とカジュアル、バランスよく持ちたいものです。

新しい皮を手に入れたら、そちらも見せていただきたいです。

mihoyamana
by mihoyamana 2018/03/22
こんにちは(o^―^o)

>40目前にして欲
分かります〜 私は子供が小学校へ上がったからかしら
ひとりの時間が数時間できると同時に
「着たい服を着たい」という欲求が出まして 数年ぶりに
ヒールのあるパンプスや 走りにくいサンダルなど
自分がときめいたものを購入しました。

私も 40目前ですが
脱皮 まさにそんな感じです!

先日色あせた物や毛玉がいっぱいの物など
感謝してお別れしたけれど 思い返せば暗い色ばかりでした。
今年は明るい色も欲しいなと 思っています。

aco
by aco 2018/03/22