2018/06/10 06:00

梅雨入りしたという噂を少し前に聞き、家での過ごし方を模索する時期になったと気付きました。

うちの娘は大のコンビニ好きで、暇があれば「コンビニ!」と言うので困ります。

天気さえ良ければ「まあ散歩がてら行ってみるか」となりますが、雨の日にはできるだけ外出したくありません。

それでもあまりにうるさく言われれば、レインコートを着せて出かける場合もありますが。

何とか家の中で過ごしてもらえるよう、あれこれ対策を練っているところです。

その一環として、今まで作ったことのないおやつ作りにチャレンジしてみるということを始めております。

娘がコンビニに行きたがる理由の最たるものは、「コンビニの新作スイーツを探しに行きたい」というものですからね。

家で見慣れないおやつを作っているのを目撃すれば、そちらに気がそれてコンビニのことを忘れてくれるようなのです。

というわけで、今回はスコーンを作りました。

私が学生の頃、母がよくスコーンを作ってくれたのを思い出します。

プレーンのものもありましたが、クランベリーが入っていることが多くて、それがとてもおいしかった記憶があるのです。

そこで母に何回かしつこく「スコーンの作り方を教えて」と言ってみたのですが、返ってくるのは「あんなの適当よ」という答えばかり。

確かに作っているところを何度も目撃しましたが、きちんと計量せずドバドバとボールに材料を入れていましたねえ。

母は感性の人なので、お菓子作りも目分量で何とかなるようです。

一応私を妊娠している間に短大の家政科に通い教員免許も取得したらしいのですが、母は人に料理を教えるということが苦手。

煮物でも炒め物でも、「とにかく横で見てなさい」とキッチンに私を突っ立たせて「みりんは、…これくらい!しょう油はこんなもん!」とドバドバ。

最終的に「見てれば大体覚えられるっちゃ」とラムちゃんばりに言われ(ネタが古いのでスルーしてください)、結局は料理学校に行くことを勧められて終わりました。

ですから私の料理の基本知識は、母親からではなくほとんど料理学校で修得したものです…。

話が脱線しましたが、何とかベースの材料が「小麦粉、牛乳、卵、砂糖」であることを聞き出し、ネットでレシピを調べまくることに。

そうして、ホットケーキミックスではなく小麦粉が原料になっているレシピを参考に分量を計算。

母はベーキングパウダーを使っている様子がなかったので、レシピの材料からベーキングパウダーを除外しました。

混ぜてみると生地が硬過ぎる気がしたので卵1個を追加。

そうして出来上がったのがこちらです。

18-06-09-16-50-36-886_deco.jpg

形が悪くて申し訳ありませんが、母の作るスコーンもこんな形でいびつでした。

あえて言うなら、母の作ったものの方がややこんもりしていたような。

どうやら母はかなり牛乳を多く入れて生地をゆるくし、ヘラやお玉で落とすようにして形を作っていたようです。

私もその手法を真似したら、こうなったというわけ。

18-06-09-16-51-16-597_deco.jpg

焼く前はこのような感じでした。

まあ、見た目はどうあれ味が良ければ構わないのです。

18-06-09-16-48-04-449_deco.jpg

実際に食べてみることに。

感想としては、やはり母の作ったものとはちょっと違うなというのがまずありました。

まずくはないのですが、母のものはふわっとしているのに対し、私の作ったものはもっちりという感じ。

焼き加減や甘さはちょうどよかったので、今度はもう少し生地がゆるい感じになるよう分量を調節してみようと思います。

おふくろの味に近付けるまでの道のりは長そうですが、クランベリーの酸味がほどよくてあっという間に食べられてしまいました。

一緒に食べた娘も、クランベリーの味をいたく気に入った様子です。

結論。

スコーンは、クランベリーさえ入れておけば何とかなります。



danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(6)
内海さん、コメントありがとうございます。

そうそう、あの後探したら、スーパーにドライクランベリー売ってました!
クッキーもおいしそうです。

目分量自体は悪くないのですが、教える時にそのままだと多分伝わらないのですよね…。
私はサンキュのお気に入りレシピの切り抜きを、娘の嫁入りの際に持たせてあげたいなとか思ってます☆
by danngo 2018/06/11
mihoyamanaさん、コメントありがとうございます。

サンプル数が少ないので判然としませんが、3人中3人が「適当」と言われた経験があるということは…。世の中のお母さん方の料理は基本その場その場で感覚的に作られているものなのでしょう。

スコーン、食べ過ぎると口の中の水分全部持って行かれますよね。分かります。お供の紅茶は必須です。

ベリー系は全部好きなのですが、クランベリーのくどくない酸味は後を引きますよね。

また新作お菓子ができたら教えて下さい。
by danngo 2018/06/10
mioさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよね…。もはや教えようとする気さえ感じられませんw

「食べて味を覚えれば再現できるはず」みたいに言われたことも。あの、その理屈なら高級フレンチを食べ歩けばフランス料理が作れることになりますがね…?

スコーン、かなりお腹にたまります。おやつというより、もはや食事に近いかも。

自分で食べる分にはあれで満足ですが、人にあげられるレベルではないので。いつかmioさんにプレゼントできる日を夢見て、改良を重ねたい所存です^^
by danngo 2018/06/10
こんばんは☆ミ

以前コメント欄で、クランベリーの話題しましたね!
私もあの後、ドライクランベリーを買ってきておりました。
スコーンの作り方を調べるのも億劫なので、スプーンで落とす
ドロップクッキーに入れてみようかしら?

私は息子に「適当」と教えているクチ。
「アチャ〜」f(^^;)と思いながら読みました*笑
by 内海舞 2018/06/10
danngoさん

こんにちは。

わたしも以前、母親に「昔よく食べた○○の作り方教えて」って言ったら「適当」って言われた気がします。使われていた調味料さえはっきりしなかった。

スコーン。口の中がもさもさする気がして、あまり食べませんが、ふわっと、もっちりなら、どちらも食べたいです。
クランベリー、おいしいですよね。

久しぶりにわたしもお菓子が作りたいです。


mihoyamana
by mihoyamana 2018/06/10
母の料理を教えてもらいたくても難しい…
全く同じで笑ってしまいました。
全て「適当」で返ってきます。笑。

スコーン、お腹も膨れるしいいですね。
私も食べたいなぁ♪
by mio 2018/06/10