2018/06/29 06:00

「笹の葉さらさら」とかいう七夕の歌がありますけれど、最近私の周囲ではあまり本物の笹を見なくなりました。

近所のスーパーに置いてあった笹も、よくよく見てみれば人工物でしたし。

私が小学生の頃は七夕の時期になると6年生達が小学校向かいの竹やぶで竹を切り倒し、肩に担いで近所に配り歩いていたものでした。

大阪にいた頃の話です。

東京に引っ越すと、近所に竹やぶがなかったせいかそういう光景は見なくなりました。

それでも私が学生だった時分までは、近所の図書館や商店街などで本物の笹を見たのですけれどね。

時代の流れとはいえ、一抹のむなしさを覚えます。

まあよく考えてみれば軒先に笹飾りを飾れば雨で濡れて日持ちしないだろうし、屋内でそれらしきものを飾る方が現実的なのかもしれませんね。

というわけで、今年は廊下の壁に七夕めいた飾りを施してみました。

18-06-28-23-10-14-003_deco.jpg

折り紙で作るから子ども達も手伝ってくれるであろうと目論んでいたわけなのですが、なぜかやる気になってくれず「ここはもっと、こう!」などと娘から意味不明の指導を受けつつ釈然としないまま黙々と作業。

雑で申し訳ありませんが、何とか形にはなりましたかね。

18-06-28-23-08-58-628_deco.jpg

左端の切り紙は、全て息子の作品です。

図工の時間に切り紙工作をしてからずっと切り紙ブームで作品が溜まっていたので、個人的に好きなものを選んで飾りました。

何とか活用できて良かったです。

せっかくだから、願い事を書いた短冊もつけようかなどと考えております。

本来は、習字などの芸事の上達を願うのが古くからの伝統らしいので、「お金欲しい」とかはやめておいた方が良さそうですよね(お星様に失礼な気がするのです)。

そうなると、書くのはやはり息子の成長関連…。

「小学校の勉強についていけますように」なんて切実過ぎますが、いかがかしらん。

皆様は七夕の願い事、もう決められましたか?

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)