2016/09/28 05:44

療育手帳の再判定の期日が近づいてまいりました。

息子は発達障害児の中でも障害の程度がやや重めなので、療育手帳(愛の手帳とも)が交付されているのです。

障害者手帳に準ずるもので、横浜市から乗り物の割引などの助成が受けられます。

2歳後半の時に認定されたので、その2年後にあたる今秋、再判定を受けることになっています。

まずは、再判定の申請をしなくてはならないということで、息子を幼稚園に行ったその足で区役所に行ってきました。

かなり待たされましたが、娘に小さいクッキーを食べさせて時間を稼ぎ、何とかぐずられることなく手続き終了。

待ち時間は長かったけれど、申請は息子の顔写真と手帳を提示して書類にサインをするだけ。

あっさりとしたものです。

療育手帳ってどんなものかと思う人もいるでしょうから、ちょっとだけ。

IMG_20160927_153914.jpg

2年近く使っているおかげで、表紙の字がかすれてよく見えません。

クリップがついているのは息子のいたずら防止のためです。

裏には息子の顔写真や生年月日などの個人情報が盛りだくさん。

というわけで、再判定が実施された時にはまたご報告します。

そしてバスで1度家に帰り、一休みしてからお迎えに行ったのですが。

途中で携帯が鳴り、出てみると「息子さんがぐったりしているので早めに来てください」という幼稚園からの電話でした。

「もういつも通り家を出た後なので難しいんですが、…速足で行きます」と答えました。

そして競歩をするようにして駆け付けた先には、保健室の簡易ベッドにばったり寝ている息子。

かぶっていた帽子であおぐと、うっすら目を開けおもむろに起き上がりました。

しかし、そのまま座った状態でなかなか立ち上がろうとしません。

養護の先生と一緒に「帰ろうね」と言い聞かせ、ベビーカーに乗せて連れ帰りました。

その後家でもぐっすり寝ていましたが、ちょっと熱っぽいので心配です。

こんな感じで体も弱いところがあって何かと大変ですが、早く元気になるように祈るばかりです。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)