2018/09/09 09:23

自然災害のニュースが続いており、しばらくブログを書く気力がわいてきませんでした。

私の親戚は主に福岡、大阪、首都圏、北海道にいるのでまるで狙い撃ちされたような気分になってしまい。

幸い、両親にラインして親戚情報を確認したところ、「岩盤が硬いから大丈夫だった」と返信が来て少し気持ちが楽になりました。

ただ、新聞を読むと気になるニュースが…。

北海道は人口密度の低い都道府県の1つで、その分農業や酪農業が盛んです。

特に牛乳は、産地といえば北海道しか思いつかないくらい。

その北海道の酪農家で、停電による電力不足により牛乳を搾れなくなっているとか。

状況が理解できないお牛さんが、いつも決まった時間に搾ってもらえるはずの乳を搾ってもらえないなんて、どれだけストレスが溜まることでしょう。

断乳直後に、乳が張り過ぎて泣きたくなるほど痛かったことを思い出し「お牛さん、かわいそう」と涙ぐんでしまいました。

手で搾れるではないかと一瞬考えましたが、どう考えても人手が足りませんからね。

自家発電により何とか搾乳まではできても、その後冷蔵庫で保管する必要がありますし、そもそも道外に輸送するタンカーが動いていないようです。

やむなく牛乳を廃棄する酪農家の写真を見て、胸が痛みました。

しばらくは牛乳の供給不足が続きそうです。

ただし、赤ちゃん用のミルクとか給食に欠かせない牛乳とか、必要性の高い部分は優先的に回されるはずですので、あまり慌てないでくださいね。

買い込み過ぎると消費できずに腐らせてしまいかねないですし、他のお客さんに迷惑です。

経験則では、バターやチーズなどの加工品から先になくなるはずですので、これらが欠かせない場合は注意が必要かも。

我が家では子どもにほとんど牛乳を飲ませていないので、しばらくは牛乳を買い控えようかと思っています。

大人が使う分は、豆乳にすればいいですしね。

18-09-08-23-18-42-547_deco.jpg

最近の豆乳は品種改良のおかげで昔と比べ格段に飲みやすくなっていますので、食わず嫌いになっている方もぜひ1度お試しください。

コーヒーに入れると、かなり飲みやすいですよ。

その代わり、スライスチーズだけはないと子ども達が荒れるので、夫に頼んで買ってきてもらいました。

18-09-08-23-18-00-742_deco.jpg

「あまり買い占めないでくださいよ」とお願いしていたので、2つだけに。

バターもお菓子作りに使うので買いたいところですが、ごま油やココナッツオイルで代用できるようですし、こちらもしばらく我慢です。

偏食傾向が強い息子を持っているので常々感じるのですが、ソーセージなどの加工食品に対し「このメーカーでないとダメ」と決めている子どもは意外と多いようです。

理解力の低い子どもに我慢させるのは大人にとってもストレスになりますので、何かが供給不足になった時になくても我慢できるものはできるだけ買わず、本当に必要な人のために残して差し上げたいと思っております。

スライスチーズだけは、必需品ですのでお許しくださいませ。

他のブロガーさんの記事を見ると、皆さんしっかり対策されているようで頭が下がる思いです。

我が家も、今のうちから備蓄や家具転倒対策などを見直したいと思っているところです。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(6)
三宅さん、コメントありがとうございます。

酪農家のお友達、貴重ですね。

やはり廃棄するしかなかったのですか…。

せっかく搾ったのに、つらいですよね。

早く復旧することを願っております。
by danngo 2018/09/10
内海さん、コメントありがとうございます。

そうですよね。牛や馬、バケツ1杯の水くらいならあっという間に飲みほしてしまいますものねえ。だからといって井戸水をあげたらお腹壊すかも…。

馬が日本一多いとは知りませんでした。涼しいところが好きなので、青森や山梨の山中あたりが多いのかなと思っておりました。1度でいいから、北海道の広い牧場で気ままに馬を走らせてみたいものです。

ばんえい競馬がありますよね。あの馬、普通の馬より一回り大きいので、より食べ物や水が必要なはず。どうしているのだろうと気がかりです。

被災した時は弱い立場の人間がより苦労すると聞きますが、それより弱い立場なのは家畜なのだと思います。福島の被災で野生化した牛や餓死した牛の話を聞いた時も、胸が痛みました。

バターがなくなると、確かにケーキの生産が心配ですね。洋菓子を作る方は商売なので買い控えるわけにもいかないですし。そちらには優先的に回してもらいたいものです。

結局は日本列島、どこにいても安全ではないということでしょう。防災は大切です。舞さんのブログ記事を見て、サバイバル能力の高さに驚いた私。機会がありましたら、ぜひいろいろと教えて下さいませ。
by danngo 2018/09/10
酪農家の友達がいます。
廃棄したと言ってました。
何も出来ず胸が痛いです。
by 三宅智恵子 2018/09/09
danngoさん

北海道の動物の気持ちまで汲んでくださり
嬉しい限りです。
私は牛さんじゃないけど( ̄▽ ̄*)笑

牛も馬も、大量の水を飲む生き物なので、
その点もしんどいだろうなと、心配です。
言葉で説明してあげられないですしね。
(北海道は、お馬さんも、日本一多いのよ*^^*)

まだストックがあるうちはいいですけど、
お察しの通り、バターの生産は減ると思うので、
今年もクリスマス時期が心配です。

幸い、断水地域は比較的少なかったけれど、
電気が〜!!
発電所が復活すると、そこから送電される
大きい都市、人が多い場所から復活しているようなので、
(私の住む町でも、中心から離れたところは後回しです)
牛の多い(=人口が少ない)場所は
後回しになっているかもしれません。

酪農家さんにとって、牛は家族と言います。
生乳の廃棄も、お水がないのも、搾乳できないのも、
自分が食べる・食べないよりも
心が痛みそうです。

買い占め抑制のお声かけと言い、
danngoさんの優しい気持ちに
癒されました。

首都圏は、あちこちからモノが集まる分、
日本のどこかの災害が、意外なところで影響がありそうですね。
間接的な被害・・・?
首都圏や近郊のお台所も、danngo家のお台所も、
穏やかでありますように。

なるほど、danngoさんのご親戚が狙い撃ちされたような
今年の災害。
大きな被害ではなくて、何よりでした。
danngoさんのご親戚も、平和な日常に戻りますように。
by 内海舞 2018/09/09
mihoyamanaさん、コメントありがとうございます。

ご心配ありがとうございました。うちの親戚は大体がかなりタフなようです。メールでやりとりする電力も貴重ですから、間接的に無事を知ったら後は静観あるのみですね。

自家発電の設備のない酪農家では、搾乳ができないと書いてありました。家畜にも申し訳ないし、食べ物にも申し訳ない気持ちがしてきますね。他の動物を利用して生きねばならない人間の業を感じてしまいました。

お菓子やパンも、品薄&値上がりは避けられないでしょう。仕方のないことです。

近所に、味や色のない麺とバニラアイスクリームしか食べられない子がいるのを知っています。その子にとってはアイスのみがたんぱく源。見映えのためだけに生クリームを使うのは、少しだけ控えてほしいと思いますねえ。

私も、今日スーパーで状況を確認してみますね。

余談ですが、パソコンの不具合なのかボケていたのか、写真を加えていない状態でブログアップしてしまいました。見づらくなってしまいすみませんでした。



by danngo 2018/09/09
danngoさん

こんにちは。
ご親戚、ご無事でよかったです。

自家発電での搾乳は読みましたが、搾乳自体ができない酪農家さんたちもいらっしゃるんですね。

どちらにしても、停電が解消され、インフラが整うまでは大量廃棄。辛いです。

すでに牛乳が品薄になっているお店もあるようですね。
お菓子やパンなど、間接的に乳製品使っている食品もたくさんあるので、食卓への影響は大きそうです。

個人的には、インスタ映えするタイプのパンケーキとかの提供は、少し待ってほしいかな……。

今日、スーパー行くつもりなんですが、どうなってるのかしら?
すみません。まとまらなくなってしまいました。
終わります。

mihoyamana
by mihoyamana 2018/09/09