2018/09/19 06:00

昨日は、息子の小学校の遠足でズーラシアに行っておりました。

親子ともども、ズーラシアは初めて。

遠足で動物園に行くのも初めてです。

これまでには水族館なら遠足で行ったことがあるのですが、水族館は屋内の施設が多いのに比べ動物園は基本的に屋外、道が枝分かれしているところも多くあります。

付き添いは買って出たものの、うっかり迷子にならないかと緊張しておりました。

前日には「遠足に行けなかったらどうしようと心配する夢」を見るほど。

当日の朝、校庭に集合した時にはスズメバチにストーキングされるというトラブルも。

なぜか息子の周りだけを飛ぶスズメバチから逃れるべくそうっと後ずさりして他の児童から離れてみるものの、なぜかしつこくくっついて来て息子の髪の毛に何度もとまり私の心臓を止めかけました。

「ここで振り払おうものなら一巻の終わりだ」と思ったので息子の手を押さえ、「目をつぶって」と言い聞かせてひたすら耐えていたところ、長い先生の話が終わる頃ようやく気が済んだのか去って行きましたが。

ズーラシアまでは、バスで向かいます。

バス好きの息子は、私の膝の上に抱かれながら機嫌良く景色を眺めていました。

園内はかなり静かで他のお客さんがほとんどおらず、刺激が少なかったせいか息子は案外おとなしく歩いてくれ。

私も気持ちに余裕が出てきたので動物の写真も何枚か撮ることができました。

18-09-18-18-00-17-580_deco.jpg
(撮影可能な場所。以下写真同じ)

インドゾウ。

やはり大きいから迫力が違いますね。

18-09-18-18-00-53-324_deco.jpg

スマトラトラ。

恥ずかしがり屋なのか人間の近くには来ることなく、人が覗き込みにくい場所でくつろいでいました。

そんな奥ゆかしさが好きです。

18-09-18-18-01-50-148_deco.jpg

オランウータン。

「森の人」と呼ばれ、一生のうちのほとんどを樹上で過ごす…という予備知識があったのですが、実際に見た時には地面の上にどっしり座っておりました。

「木に登る気ないやん」と内心突っ込みを入れましたが、口に出すのは何とかこらえましたよ。

18-09-18-18-05-20-246_deco.jpg

オカピ。

ズーラシアの名物的存在ではあるものの臆病な性格ゆえなかなか人の近くには来ない、と聞いておりましたが普通に目の前で見られました。

冷静に見ると顔はそこまで可愛くない気もしますが、お尻の縞模様は魅力的でございました。

青紫色の長い舌をベロベロ出して首の付け根辺りに叩きつけていた時には、若干引きましたけれど。

そんなこんなで無事遠足を終え、家にたどり着いてすぐスマートフォンを確認すると、その日の歩数が1万3千を超えておりました。

それだけの行程を、歩くのが遅い息子の手を必死に引きながら進んだのだと思うと一気に疲れが。

子ども達のおやつの時間、何も家事をせずにゴロゴロすることになったのは当然の結果だったと言えるでしょう。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)