2019/01/25 13:20
このところふと自分の高校時代を思い出す機会があったので、今回はそのことをお話ししましょう。

私は、高校時代典型的なオタクグループに所属する曲者感あふれる生徒で、いつも先生方の悩みの種でした。

というのも、授業中にぶつぶつと独り言を言ったり(周りの子とおしゃべりしなかったのは巻き込んではいけないという正義感ゆえだったらしい)ノートの余白にイラストを描いたりとやりたい放題だったからです。

そして、隙さえあればすかさず先生が困るような発言をして反応を見て楽しむという迷惑行為に及んでおりました。

特に標的になったのは、中3の時担任だった理科の先生(中高一貫なのでその先生とは長い付き合いでした)。

「この混合水溶液をバーナーで熱すると炭酸カルシウムの結晶が出ます。つまり」

「はい先生、ではそのまま熱し続けるとどうなりますか?」

「危ないです」

などという下らない質問も多かったです。

特によく覚えているのは、カモだかアヒルだかを使った実験での質問。

木の板を組み合わせて十字架を作り、その十字架を群れの上で飛ばしてみるという実験でした(下図参照)。

19-01-25-13-05-06-960_deco.jpg

クロスした部分の前方部分が長い方になるような向きで飛ばす(A)と群れは平然としている、しかし反対に短い方を前にして飛ばす(B)と群れの鳥たちが大騒ぎするのだそうです。

これは、Aの姿が首の長い白鳥やガンなどの水鳥のように見えるのに対し、Bの姿が首の短いタカやワシなどの猛禽類に見えるため、とのことでした。

ここまでは至極大人しく聞いておいて、私は手を挙げました。

「先生、では向きを斜めにして飛ばすとどうなりますか?」

すかさず、他の生徒達も口を開きます。

「回転させながら飛ばすとどうなりますか?」

「垂直に立てて飛ばすとどうなりますか?」

先生は黒板の脇に立ったまま困ったように笑いながら、

「それはやったことがないので、実験してみないと分かりません」

と答えました。

本当はもっとうろたえて欲しかったのですが、先生も慣れっこになっていたのでしょう。

それでも「またかこいつらは」と言いたげに苦笑している先生の表情が見られただけで私達がそれなりに満足したのか、それ以上の追及はなく終わりました。

私1人が単独で聞いた質問の中で、いまだに強い印象を残している質問は…やはり古文関連のものでした。

先に言っておくと、私は高校時代古文の先生が嫌いでした。

『源氏物語』の須磨巻にあったこの文章を読んだ時にかみついたのです。

「このごろの上手にすめる千枝、常則などを召して作り絵仕うまつらせばや」

光源氏が須磨で暮らしていた時に海辺の風景などを墨絵で描いているのを見て、供人が「現代の名人とされているらしい千枝や常則を呼んで採色させたい」などと言っている部分です。

「常則は900年代半ば、村上天皇の頃に活躍した絵師と注釈にありますが、『源氏物語』の成立年代は1000年より後で、一条天皇の頃のはずです。この時代の人から見れば常則は昔の人のはずなのに、本文中に『このごろの上手にすめる』とあるのは、なぜですか」

19-01-25-13-06-50-118_deco.jpg
(分かりにくいので、天皇の略系図を載せておきます。数字は即位の代数。村上天皇の時代と一条天皇の時代に間があるのが分かるでしょうか)

「なぜですか」の前にわざと一拍置いて、その後先生を凝視し続けているときまり悪そうに先生が答え始めました。

「それはおそらく、多分、画家で有名な人ーゴッホやピカソなどは過去の人でも現代もなお愛されて親しまれている、そのようにーこの千枝や常則も時代が過ぎても愛される名人で、だから過去の人として扱われず『このごろ』と言われたのではないでしょうか」

確か、要約するとこんなことを話していたのだと思います。

私が腑に落ちないといった表情で先生を見つめ続けていると、ちょうど授業の終わりを告げるチャイムが鳴り先生が帰っていきました。

授業終了後、3,4人の同級生が私のそばに集まり、「danngoさん、あの質問よく思いついたね」「すごい」「恰好良かったよ」と口々に言われました。

先生を困らせる質問をしていて賞賛されるなんて我が母校の校風はおかしいような気もしますが、それはその先生があまり生徒達から好かれていないという事実の証左にもなり得ましょう。

ちなみに、この質問の答えの模範解答といえるものは、大学に入ってから知りました。

そもそも『源氏物語』は成立年代付近の一条天皇の御代ではなく、天皇親政が行われた醍醐〜村上天皇の時代を舞台にしていると言われているのです。

『源氏物語』の冒頭に「いづれの御時にか、女御・更衣あまたさぶらひ給ひける中に」とありますよね。

身分の高い女御はともかくとして、身分の低い女性が天皇の妻として仕える「更衣」については、一条天皇の時代になるとほぼ配されなくなるのです。

ですから、『源氏物語』が900年代の日本を想定して書かれているのは冒頭から明白なのですね。

常則などの絵師が物語中で現代の名人として扱われているのは、当然というわけ。

最後に、もう1つのエピソードを紹介しましょう。

その頃の私達を教えてくれた先生の中で、個性的なキャラクターで愛される日本史の講師がいました。

ある日、先生が授業中にぽつりと言ったのです。

「この間ね、諸君の1つ上の学年(高2)になかなか面白い質問をされてね」

江戸時代の海運の話で、当時は江戸から大阪にたくさんの品物が船で輸送された、そのため大阪に運ばれない、つまり「下らない」品物は質が悪いということでこの言葉が現代の「たいしたことない」という意味につながった、という話をしていたそうです。

ところがそこに、やたらと船に詳しい生徒がいたらしくて。

「先生、大阪から江戸には何を運んでいたのですか?」と聞かれたとのこと。

「大阪から江戸に送られる品物はなかったはずだ」と先生が答えると、

「そんなことはないと思います。力学的に考えれば、積み荷のない船は軽すぎて不安定となり、簡単に転覆してしまいます。絶対に、何か積んで帰ったはずです」と。

先生はその場では答えられなかったそうなのですが、後で大学に行き必死に調べたそうです。

その結果、「大阪から江戸に戻る時には水を積んでいた」という事実を突き止めたことを嬉々として語ってくれました。

19-01-25-13-07-52-112_deco.jpg
(そんな高校時代の卒業記念にもらった指輪。ミキモト製)

皆様は、これまでの話を聞いてどのように思われたでしょうか。

こんな長い話をグダグダ書いて私が伝えたかったこと、それは「子どもが変な質問をするのを叱らないで欲しい」ということです。

息子の小学校では児童達がよく授業中に口を挟んで先生に怒られていて、それは仕方ないことだとも思うのですが。

家庭で子どもがあれこれしつこく質問してくることに関しては、よほど余裕がない限りうるさいからといって一喝して黙らせることはないと思います。

それは子どもの好奇心の芽を摘んでしまうだけでなく、自分の学ぶ機会も手放してしまうことになりかねないのですから。

私の子ども達はまだあまり高度な質問をしてこないのですが、いつでも身近な質問に答えられるようシミュレーションしています。

「氷に塩をかけるとなぜ冷えるのか」という疑問を調べた時には、あまりに難しくて「これは小学生に説明できん…」と頭を抱えてしまいましたけれど。

とりあえずすぐに答えられなくても、今はスマートフォン1つで大抵のことは調べられますから。

「知るか!」ではなく、「分からないけど、後で調べる」と言える大人でいたいものです。

子どもが自分で学習できる年齢なら、調べるのを手伝うだけでも。

我が家には、そのための本もあります。

19-01-28-19-13-18-689_deco.jpg
(どちらも定価は税抜800円。でも中古なので半額くらいで買えました)

我が子が小学生になると塾に通わせるべきかどうか悩むものですが、まずは子どもの学ぼうとする力を育ててあげるのが大事かと。

その力さえあれば、塾に通わせずとも学力はつくはず。

小学生でも塾に行かせれば月2,3万円くらいかかることが多いですから、やはり家計への影響が大きいですね。

私は決して出来の良い生徒ではありませんでしたが、興味のあることに関しては学ぶ意欲があったせいか、高校時代ほとんど塾のお世話にはなりませんでしたよ。

実は私のクラスには、私以上に厄介者として警戒されている生徒がいました。

授業中質問ばかりして授業を妨害していた生徒でしたが、その子はその後東大に一発合格し大手IT系の会社に勤務、年下の彼氏と20代で結婚し3人の子どもをもうけて元気に暮らしています。

もしあなたの子どもが先生に問題児扱いされることがあったら、このエピソードを思い出してぜひとも元気づけて欲しいなと思います。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(4)
たなみーさん、コメントありがとうございます。

いやいや、私達も程度の低いいたずらやりましたよ。最後のエピソードに出てくる日本史の先生に、緑茶と称して青汁を飲ませたりwひどいものです。

お子様の質問攻め、素晴らしいではないですか。かみ砕いて教えるというのもお優しいですね。私、今日うっかり娘に「刺激物」という言葉を使ってしまい「何それ?」と言われてしまいました。やはり、かみ砕けるなら砕いた方が良さそうですね。

私も立派なアラフォーですので、めっきり物覚えが悪くなりました。そろそろイチョウの葉っぱのサプリメントが必要かしらと本気で考えております。
by danngo 2019/02/01
とても面白いblog記事でした!
私たちが先生にしかけていたイタズラとは月とスッポンで、とても知的なお話でした!
すばらしい!
私たちはホントに昔からある古典的なアホなイタズラだったので(笑)
最近小学3年の我がコが幼児期の「なんで?なんで?」ばりに「なぜ?」、「どういうコト?」と質問をしてくるのですが、噛み砕いて答えたりするコトもありますが、もしかしたら、噛み砕かずとも理解してくれるのでは?と、danngoサンのblogを読んで思いました。
なんでもすぐに吸収する柔らかい脳ミソがうらやましいアラフォーです。
by たなみー 2019/02/01
acoさん、コメントありがとうございます。

私立の女子校でしたからね、基本的にキャラが濃いめですw

小6の時の先生の話、強烈ですねえ。よほど気に食わないことがあったのでしょうね。

acoさん美術系の大学でしたっけ?確かに、大学教授にもなると、そういう方時々いますね。学生は翻弄されますよねえ。

理科の先生にした質問は冗談半分でしたが、古文の質問は本気で疑問だったから聞いたのですよ。なのに先生がいかにもその場しのぎっぽい答え方だったので、納得いかなかったですよね。

日本史の先生みたいに、すぐに分からなくても後で調べて答えてくれた方がありがたいです。

acoさんのお父様素敵!私も子どもの質問に最後まで付き合ってあげたいです。

今のうちにググっておかなきゃ!図鑑読んでおかなきゃ!などと思っております。
by danngo 2019/01/26
活気のあるクラスで素敵ですね(笑)

小学6年生の時だったでしょうか 理科の先生が
「質問がないなら やる必要はないな」
と、星座についての章を 丸ごと飛ばしてしまったことがありました(;^_^A

大学の時には「俺に見て欲しい作品がないなら 今日は休講」と
有名な写真家の先生が本気で帰ってしまいそうになり慌てたこともありました。


だから 困らせるつもりで質問したにしても 本気の疑問だったとしても 先生は嬉しかったんじゃないか
そんなふうに思います。

そして 父が「acoの質問は年々難しくなるから 俺も勉強しないと」と言っていたのを思い出しました(笑)

私の子供時代とは 調べ物の便利さが格段に違いますものね、
子供の質問には真摯に向き合えるよう心がけます!

aco
by aco 2019/01/26