2019/05/11 06:00
普段交流のあるブロガーさんとたまにお会いすると、「スリムで羨ましい!なぜ太らないの?」と言われることが時々あります。

しかしながら、私はストイックなことを何もしていないので返答に困るのです。

食べるのが好きなので断食をしたことありませんし、面倒くさがりな上に1人の時間はなかなか作れないためジム通いも無理です。

だからといって、「何を食べても太らない体質」というわけでもございません。

現在、私の身長は大体160センチで体重が45〜47キロなのですが、娘を出産して帰省していた時には56キロくらいまでいきました。

妊娠前は49キロだったので、激太りです。

その後、息子が幼稚園に通い出すと送り迎えのために運動量が増え、子育てで忙しかったこともあり激やせしました。

最も体重が少なかった時は、43キロまでいきましたからね。

さすがに親兄弟に心配され、「もっと食べなさい」と怒られました。

それから毎日の食事を意識して少しずつ体重を戻し、リバウンドはしないようにして今の体重を長い間維持しています。

私はどちらかというとちょくちょく小腹が空いて何か食べたくなるタイプなので、間食はほぼ毎日。

甘いものが大好きなのですが、もらいものがあった時や行事の時など特別な場合に食べるように。

いつも食べるのは、アーモンド、ダークチョコレート、チーズ、小魚、昆布、大豆、果物などかみごたえのあるもの。

19-05-10-10-08-36-948_deco.jpg

紅茶が好きなので、リラックスしたい時には好きなおやつとともに手元に置いてちまちまいただきます。

時間がない時はマグカップにドバーと煎れる紅茶なのですが、ティーカップを使うと気分が変わっていいですね。

この写真は、アップルティー。

爽やかな香りに癒されます。

イライラした時は、とりあえずチーズを食べていればすっきりする気がいたします、何となく。

19-05-10-09-52-12-353_deco.jpg

平日の夕飯は、かなり適当。

インスタ映え無視の、あるもので作ったご飯です。

ご飯は4分の1合くらいによそった玄米混ぜご飯で、納豆、生卵、ちりめんじゃこ、とろろ昆布をのせたネバネバ丼。

夫のいない日はこういった丼ものに味噌汁と簡単な副菜だけで終了ですね。

この日の副菜は、残っていたブロッコリーの炒め物。

気をつけているのは、汁物→副菜→主菜→ご飯の順で食べること。

丼の日は主菜がないので、汁物→副菜→丼、となります。

血糖値の急上昇を防げているかなと思います。

やはりどこかにかみごたえのあるものを入れて、極端に短時間で食べ終わってしまわないように気をつけております。

19-05-10-09-53-58-009_deco.jpg

腸活も意識して、毎日ヨーグルトを食べるように。

朝は豆乳ヨーグルト、夜のデザートや夕方のおやつに普通のヨーグルトを食べます。

写真は、ブルーベリーとゴールデンキウイを混ぜたもの。

食べると、やはりお通じの感じが違うような。

あとはサラダ油、白砂糖は使わないという我が家独自のルールもありますが、これはダイエットというより健康のためですね。

夫が健康志向なので、糖分の多いチョコレートとアイスクリームはNG、お酒も基本的に飲みません。

とはいえ、自分の好きなものは大体食べているのでほとんどストレスはなく。

お腹が空いてつらい、なんてこともほぼありません。

気をつけているのは糖質過多になり過ぎないようにすること、早食いしないこと、血糖値が上がりにくい食べ順にすること、腹八分目にすること、悪い油や精製度の高いものは控えること。

これらを心がけるだけで、大幅な体重増加を防げています。

とはいえ摂取カロリーはそこそこ多いと思うので、何もせずゴロゴロしていたら太っているだろうと感じます。

やはり太らないのは、それなりに動いているせいもあるかと。

次回は、いつも心がけている運動習慣について書こうかと思っています。


danngoさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)