2019/06/21 08:02
近所に、かなり広い敷地を持つ古いお宅があります。

そこには年代物の巨木がいくつも生えていて、秋になると側の道に大量の落葉が。

しかしながら、ここのお屋敷の主人は無頓着なのか、掃除をしている姿を見たことがありません。

木の実が落ちていることもあります。

5月頃から少しずつ、ムクロジという木の実が道路に落ちるようになりました。

車道まで転がっていくこともあり、車が踏みつけて飛び散ることもあります。

それが気になって、落ちているのを見つけたら拾うようにしていた私。

19-06-20-23-28-36-223_deco.jpg

瓶に詰めてキッチンの一画に置いていたら、おしゃれなスパイスを飾っている家みたいな風情が少し出ていました。

しかしながら、こちら全く食べられません。

子どもの手の届かないところに置いていましたが、夫が「あの食べ物何?」などと聞いてくるようになったので食べ物じゃないことを証明することに。

19-06-20-23-29-05-609_deco.jpg

こちら、中は空洞になっており1粒の種が入っているので、振るとカラカラ音がします。

振って遊ぶのも飽きてきたので、解体してみましょうか。

19-06-20-23-29-34-058_deco.jpg

ハサミを入れて割ると、中身が出てきました。

こちらの黒い種の部分は、お正月にやる羽根つきの羽根の根元の球状の部分に使われています。

「無患子」とも書き、縁起物だったようです。

そして、実の外側の皮の部分。

軽くちぎって瓶に入れ、水を入れてしばらくおいてから振ると、こうなります。

19-06-20-23-32-44-501_deco.jpg

泡です。

しばらくすると泡が減っていきますが、振るとまた泡立ちます。

これは、皮に含まれるサポニンという成分の影響。

古くは天然の石鹸として使われていたそうで、油汚れも落ちるようです。

というわけで、こちら台所のコンロやシンクの掃除に使いました。

確かに、油汚れも綺麗に落ちましたよ。

何より、泡立つ様子を娘が面白がってくれたので良かったです。

19-06-20-23-30-13-555_deco.jpg

残った種は、軽く洗って古布で磨き飾ってみました。

雰囲気のある和皿に盛ると、とても可愛いです。

誤飲の可能性もあるので、赤ちゃんのいるご家庭ではおすすめしませんが。

今は鑑賞も飽きたので、空いたペットボトルに入れております。

硬い種なので振ると大きな音が鳴り、子ども達を起こす時に重宝。

もちろん、おもちゃとしても楽しめます。

他にも、紙きれや布きれを貼り付けて羽根つきの羽根を作ったり、数珠を作ったり(穴をあけるの大変らしいですが)、ピアスなどのアクセサリー作りに活用したりする人もいるようです。

三田とりのさんあたりいくつかいかがでしょうか、送りますよ(勝手に指名するな)。

というわけで、実験にも掃除にも工作にも使える、身近な植物のお話でした。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)