2016/10/31 06:27

昨晩は少しハロウィンらしいご飯にしようと思ったのですが、あいにく夫は具合が悪く朝から晩まで布団でうとうと。

それでも、いつもより少なめにすれば食べられると言われたので、ボリューム控えめにして作ることにしました。

それにしてもハロウィンって何だろう、西洋のお盆?…昭和生まれの私にはしっくりきません。

まあとりあえず。

IMG_20161030_183151.jpg

ひじきご飯
サバのごまパン粉焼き
カボチャサラダ
コンソメスープ

他の皆様の素敵すぎるディナーに比べるといまいちですけれど、どうかご容赦ください。

パン粉焼きの上に乗せたチーズは飾りの意味もありますが、一緒に食べるとおいしいのです。

カボチャのサラダは定番。

中に入っているカボチャの種とレーズンは、何とグラノーラの中から摘出したものです。

1度、摘出したカボチャの種を横から娘に奪われ、仕切り直しになったのはご愛敬。

コンソメスープは、上に薄切りマッシュルームを散らしてハロウィンらしさを演出してみました。

動きがないので分かりづらいですが、フヨフヨ浮いているさまが何となくお化けっぽく見える気がするのです。

と、ここまで下手なりに頑張りましたが。

私と同じ昭和の人間である夫は何も気付かず、「星形チーズの端切れ部分が欲しい」などと言いながら完食したのでありました。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)