2019/02/25 06:00
事件は会議室で起きているのではありません、現場で起きているのです。

今回の現場は我が家の中。

昨日、朝のバタバタをやり過ごしリビングで休日だけの優雅なティータイムを楽しんでいた頃のことです。

紅茶の香りを打ち消すほどに、なぜかどこからか焦げ臭い匂いがします。

ひょっとしてやかんを使った時に何か焦がしたかしら、と思い台所をあちこち見るも異常はなく。

首をかしげつつ再びリビングに戻るも、どうしても気になります。

そういえば、コンセントに積もったほこりが自然発火することがあるって聞いたことが、念のためと寝室のドアを開けて左側のコンセントを確認。

特に異常は見られず、次は右側にあるコンセントに目をやりました。

なぜか、そちらのコンセントにはアイロンのコードがささっています。

まずは「どうしてアイロンが」ということを考えてしまいましたが、次の瞬間「原因はこれだ」と気付き、慌ててアイロンを持ち上げました。

19-02-24-22-15-38-727_deco.jpg

この画像を見れば、何が起こったかは一目瞭然ですよね。

朝のんびりしたかったのでまだ布団を畳んでおらず、布団のカバーがこんがり焦げパン色に。

アイロンの先のとがっている部分は掛布団に当たっており、そちらのカバーが化学繊維だったので異臭を放ったようです。

しかし、寝室のドアが閉められていたためやや発見が遅れました。

でもむしろ布団を敷きっぱなしで良かった、布団カバーなら多少焦げようと布団を畳んでしまえば人目に触れないし、買い換えるにしても数千円の被害で済みます。

これが絨毯だったら目立ちますし、買い替えるとなると万単位でお金が飛んでいくことに。

何より発火せず大事にならなくて良かった、神様ありがとうと感謝した後、「犯人は?」という考えに思考が移りました。

こんなことする可能性があるのはただ1人、息子です。

息子の姿を探すと、夫と娘に見守られながら夫の布団にもぐり込んでくつろいでいるのを発見。

「ちょっとこちらに来なさい」と息子を呼び付け、

「この焦げているのを見てごらん、あなたがやったんでしょ、このアイロンで!」そう言うと、息子は無言で元いた場所に戻っていきました。

黒ですね。

恐らく私が日頃アイロンを使っている様子を見て興味を持ち、スイッチを入れておきたくなったのでしょう。

息子がとんでもないいたずらをした時にやる方法、それは「長時間抱きしめる」です。

ただ今回は犯行時からかなり時間が過ぎていたので、10秒くらいきつく抱きしめ自由を奪いながら「あれは危険だ、火事になるかもしれないんだ」ということをお説教。

「今度ちょっとでもやったら、次は5分以上ぎゅーってするからね」と言うと「しません」とやや棒読みの返事が。

私の予想では、これなら少なくても数日は反省して同じことをしなくなるはずですが。

やはり怖いので、アイロンは別の場所に隠しました。

それでもまだ充分ではないと思ったので、「鍵をつけられる箱を買って、その中にアイロンを入れるべきか?(お金かかるな)」「いや、いっそ手の届かないところに置くべきか?(高いところは落ちたら怖いな)」などとしばらく自問自答。

結果、「要は、スイッチを入れられなければいいのだ」という結論にたどり着き。

19-02-24-22-16-44-311_deco.jpg

もともとはアイロンのコードを束ねるための結束バンドを、アイロンのスイッチのつまみの上に強く巻きつけました。

このままの状態だと、大人の力でもスイッチを入れることはほぼ不可能です。

バンドを外すのは大人の私なら可能ですが、指の力が弱く手先が不器用な息子には困難でしょう。

ひとまずこれで安心なはず。

心配はなくなりましたが、昼間ホットケーキを焼いた時に少し表面を焦がしてしまい、それを見たとたんあの不快な光景を思い出してしまいました。

布団の焦げは放っておくにしても、私の心の中に焦げのように染み付いたトラウマは、早く消滅することを願っております。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/03/15 06:00

新年度に向けて、少しずつ息子が勉強しやすい環境を整えることを始めました。

先週は、とうとう学習机を購入。

一昨日になって届きました。

18-03-14-18-46-32-294_deco.jpg

無印良品のもので、机・キャビネット・椅子がセットになっているものです。

机とキャビネットの組み立て料金も入れて、全部で4万7千円くらい。

一般的なものと比べると、めかもしれません。

でも全額入学祝い金から出したので、財布にダメージはなし。

どうせ買うなら長く使える丈夫なものを…と思い、無垢材を使ったこちらを選びました。

最近は、学習机を買わないという家庭も増えてきているようですね。

また、多くの子ども向け学習机はカラフルで目の前に教科書などを立てる棚が見えるような配置になっているものが多いです。

でも、うちの息子ははっきりと勉強するスペースというものを区切って示す方が理解しやすいと感じました。

気の散りやすいところもあるので、目の前に棚がある構造だとその棚に置いてあるものに気を取られ勉強が進まなくなる事態も考えられます。

というわけで、シンプルな学習机を置くという結論に至りました。

18-03-14-18-46-11-118_deco.jpg

無印のケースを立ててあるのは、よく使う教科書の保管場所にするため。

国語算数理科社会、で4つ用意したのですが、ひょっとしたら音楽などの教科書用も必要になるのでしょうか。

まあそこは、様子を見ながらおいおい考えます。

キャビネットは、一時保管のプリントや学習用具を入れるのに使おうかと。

18-03-14-18-45-37-660_deco.jpg

今は息子より娘がこのスペースを使いたがっております。

くつろぐためのスペースではないのですけどね…。

さて今日は息子の卒園式。

ハラハラドキドキですが、行ってきます。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/01/17 06:00

子ども達の間では、以前から工作ブームが続いております。

工作のための教材や折り紙、液体のりなどは常備しておかないと怒られかねないほど。

で、出来心だったとは思うのですが。

何やらカーテンの裏でごそごそしているなと思ったら、娘がハサミでカーテンに切れ目を入れておりました。

時すでに夕方で分厚い方のカーテンも閉めていたので、「1人かくれんぼでもしているのかな?」と覗きに行ったら全然違う展開になっており脱力でした。

仕方なく1度は縫い合わせてみたのです、しかし。

18-01-16-21-52-58-916_deco.jpg

レースのカーテンはもろいらしく、娘がちょっと引っ張っただけで縫い目が裂けて広がり、さらにひどい状態に。

もういいよね、頑張ったよね私、と自分に言い聞かせながら新しいカーテンを探すことにいたしました。

どうせ買うなら、高機能のものを選びたいと思った私。

最近のカーテンは、防寒、防カビ、花粉よけ、遮光などなど、様々な機能性を備えているものが増えてきています。

その中でも気になったのが、「ミラーカーテン」と書いてあるもの。

紫外線カット率99%ということで、「美肌をかなえてくれるカーテン」という触れ込みがなされておりました。

美白、それは私の肌にとって永遠のテーマ。

九州出身の母の血のせいか、私は生まれた時から肌が黒かったのです。

日焼け止めなどあまり塗ってもらえませんでしたから、幼少期はいやというほど日焼けして真っ黒でした。

大学時代になっても部活に明け暮れて日焼けして、こんがりとしておりました。

結婚式では、夫の方が色白で並ぶとどうしても私の黒さが引き立つため、夫が茶色いドーランを塗りたくられて日焼けした肌のように偽装されておりました。

しかしながらさすがのメイクさんも手の甲の色までは考えていなかったらしく、結婚指輪を写真に残すためお互いの手を近付けてアップで撮った写真では、明らかに夫の手が白かったです。

出産後は、子育てで外遊びが増えてまた黒くなるという。

そして、冬になっても思ったようには白くなってくれません。

どうやら、室内でもかなり日焼けしている気がしてきました。

ならばこの美白効果ありげなカーテンに頼ってみようという気になり、購入。

届いたカーテンは、手に取って見る限りでは今まで使っていたものと変わりがありません。

そこで古いものと取り換えて見てみました。

18-01-16-21-53-54-514_deco.jpg

部屋に入る光の明るさはあまり変わらない気がするのですが、室内から見る外の様子が変わりました。

比較のため、もう1回前のカーテンの写真をのせてみましょう。

18-01-16-21-52-58-916_deco.jpg

分かりましたでしょうか。

前のカーテンは、閉めている時でも隣家の屋根の形や朝日の形、空の色などがうっすら見えます。

新しいカーテンは、そういったものがほとんど見えません。

これ、撮った時刻はほぼ同じなのですよ。

これが、「ミラーカーテン」という名称のゆえんなのだと思いました。

光を跳ね返すため、中から外の景色が見えないのはもちろん、外からも中の様子が見えないというわけです。

いつも隣家の存在が気になっていた私には、嬉しい効果でした。

でも、閉めていても部屋の中が暗くはならないから不思議。

計算しつくされた光の透過率なのかな、などと推測いたしました。

そして、このカーテンを買ってから私の肌の色がほんの少しだけ明るくなった気がして驚いております。

付け換えてからまだ2、3日ですので、気分的なものであろうことはほぼ確実。

人間とは、かくも思い込みで変われるものなのでございます。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ