2018/05/22 06:00
薄着の季節となり、ダイエットの話題が増え始めましたね。


今回のイチオシもダイエット関連ということですが。

実は私、ダイエットをする気がございません。

主な理由は3つ。

1.これ以上痩せると健康を害する恐れがある
2.痩せても喜ぶ相手がいない
3.あまり薄着をしなくなった

まず、私の現在の体重ですが、大体40キロ台の中盤だと思ってもらえれば結構です。

身長160センチのホビット族(おちびさん)なので、「何だよデブじゃん」と思われる方もきっといらっしゃるでしょうね。

何せ、モデルさんだと身長160センチ台後半で体重45キロくらいだとよく聞きますので。

ただ、私は骨が太く意外にも筋肉質なので、体重の割には脂肪が少ないのです。

しかも最近は家と学校とを何度も行き来して9割方坂道の通学路を早足で歩くものだから、体が勝手にダイエット。

おまけに若干咳喘息気味で、上半身のあちこちが筋肉痛です。

気が付けば、普通に食べているにもかかわらず、1か月で1キロほど体重が減っておりました…。

痩せると何となく体の抵抗力が落ちるのか風邪をひきやすくなり(私だけかもしれません)、脂肪が減る分断熱効果が弱まって冷暖房の温度変化が身にこたえるようになってきます。

というわけで、1のように健康面からダイエットはよろしくないという考えが導き出されるわけです。

じゃあ、2はどういうことかというと。

夫が私に女性としての美しさを求めなくなってきた、ということです。

もともと夫は桐谷美玲のようなスレンダーで端正な顔立ちの美人が好きなようですが(なぜ私と結婚したか疑問)、もはや私のことを女性として扱わなくなってきているため太ろうが痩せようがあまり関係ないようです。

そして、夫以外の男性と関わる機会もありません。

最後の理由は、私の年齢と関係がありますね。

アラフォーになると、真夏であっても肌を露出することは好ましくないと思われがち。

一昔前には露出の激しいファッションが流行しましたが最近はそうでもないため、若い人でもあまり肌見せをしていないように感じられます。

さらには私が冷え性で寒がりなので、真夏でもある程度着込んでいないと不安。

そんなわけで、下手すれば夏でも長袖を着ていることがあるくらいなのです。

こんな状態でございますので、今回の人生でダイエットすることはもうやめにしようと考えております。

やるとしたら、来世で必要に迫られた時にしようかと。

私は輪廻転生を真面目に信じるタイプなので(何度かの前世を経験していないと説明がつかないことがいくつかある)、「人生は1度だけだからやれることは全部やっておこう」などとはあまり思いません。

そういう考え自体を否定する気持ちはさらさらないのですが、「人生は何回もある、今世でやりきれなかったことは来世での宿題としよう」と思うと生き急がなくて済み、楽になれる気がするのです。

先日知ったのですが、太るための努力を「デブ活」と呼ぶらしいです。

そんなわけで私のデブ活、まずはしっかりと夕食を食べること。

18-05-21-22-05-54-436_deco.jpg

日曜日の晩は、唐揚げの予定でしたが餃子にしました。

見切り品の鶏肉を購入していたのに息子が「餃子!」とうるさいので、冷凍餃子を焼いてあげました(手抜き)。

18-05-21-22-04-54-661_deco.jpg

急な予定変更だったため、他のおかずとのバランスが何となくちぐはぐです。

和食の中に無理やり中華をねじ込んだ感じが。

そして、可能なら少しだけ夜食を摂るようにしています。

18-05-21-22-06-51-121_deco.jpg

この夜、少しだけ残っていたチーズケーキを1切れこっそりと食べました。

子どもに邪魔されずゆっくり食べられる夜食タイムは、至福のひとときです。

あとは、時間が許せば横になることも意識。

貧乏性なのでついあれこれと立ち歩いてしまうのですが、今は体力を無駄に消耗しないよう、疲れ切っていない時でも早めに横になってぐうたらしております。

そうそう、先程インスタグラムで「デブ活」を検索したら62万件を超えるヒットがあり驚きました。

太りたい人、太っても構わないと思っている人も世間にはたくさんいらっしゃるのでしょうね。

英語の"diet"はもともと「食生活」くらいのことを意味している、と聞いたことがあります。

なので、たくさん食べることもダイエットと呼べるかもしれませんよ。

…とはいえ、世間的な常識ではダイエット=減量なのかなあと思うので、イチオシカテゴリからは外すことにしました。

もしも、この記事を読んで不快に感じる方がいらっしゃったら、まことに申し訳ございません。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/05/22 12:42
十中八九お世辞だと思うのですが、化粧品売り場の店員さんなどに「肌綺麗ですねえ」などと言われることがあります。


本人には全く自覚がないので、「はあ…」と曖昧な返事をして終わることが多いのですが。

そもそも何をもってして肌が綺麗と判断するのかしらん。

シミもクマもシワもある肌なのですが、あえて言うなら強い肌なのかもしれません。

福岡出身の母からの遺伝なので、血筋に感謝。

その代わり、日に当たるとすぐ反応して黒くなってしまうのですが。

一応、ニキビや肌荒れがない状態を保つよう気をつけてはいます。


何はなくとも腸内環境が大事だと思い、朝からしっかり水分を摂るように。

朝起きたら大体、白湯→野菜ジュース→青汁の順番で飲み物をいただきます。

青汁には少し豆乳を入れると飲みやすく、お気に入り。

17-05-21-21-18-01-659_deco.jpg

美容と言えば、最近ダイエットの話題をよく耳にしますね。

私は現在身長160センチで、体重は45キロと46キロの間をうろうろ。

以前子育てストレスで激やせしたのですが、ここ数か月夜食や間食を意識して食べるようにして少し戻しました。

今後は体重を落とさずダイエットしたいと考えています。

言っていることが矛盾している感じがしますが、要するに現状維持。

ただ単に体重を変えないでいるつもりはなく、若干引き締めたいと考えております。

私は典型的な洋ナシ体型なので、やせる時は
デコルテ中心に削り取るように細くなり、太る時は腰から下に肉がついていくのですよね。

特に気になるのがこのあたりのお肉。

17-05-21-10-42-47-934_deco.jpg

お尻と太ももの境目あたりの肉は、硬く冷えていて質が悪い感じがいたします。

運動もたまにしますが、まずは肉を柔らかくするためひたすらマッサージ。

お風呂につかる間、無心にもみほぐしているのです。

部屋着にショートパンツをはくことがあるので、そんな時は太ももの内側を優しくもみもみ。

17-05-21-10-44-44-860_deco.jpg

「リンパ流れろ〜」と念じながらやっております。

後は、寝る時にストレッチも少々。

食べ物に関してはあまり意識していませんが、体を冷やすものはできるだけ避けています。

大好きな青汁は、夏になっても常温で飲むよう気をつけたいです。


danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ