2018/07/21 06:00
マンションの低層階にある我が家。

天井からの熱気はほとんど来ないため、夏場も割と涼しい気がします。

昼にカーテンを締め切って日光を遮断し夜に窓を開けて風を入れれば、クーラーなしでも何とかなっていたのです。

しかしながら、ここ数日の酷暑。

さすがにそろそろクーラー始動させねばと思っていた頃、実家の母が手伝いに来てくれることに。

娘が短縮保育期間に入り、息子の学校が終わる時間より大分早く帰って来る形になったからです。

代わりに娘を迎えに行って自宅に連れ帰り、私が息子と下校するまで待ってくれるとのこと。

帰って来るなり、母は言いました。

「エアコンのリモコンはどこ?」

私が「ああ、テレビ台の中に隠してる」と答えると、「ない」との返答。

おかしいなと思い、母が帰った後入念に調べてみましたが、やはり見つかりません。

私はいつもリモコンの隠し場所を決めているので、別の場所に置いた可能性は低いのです。

となると、考えられる犯人は1人。

私は帰宅した夫に問いました。

「テレビ台の中に入れていたリモコンがないんですけど。知りませんか?」

夫はあっさり、「ああ、2、3か月前だったかなあ、息子が見つけ出して遊んでいたから、冷蔵庫の上に置いといたぞ」と白状。

「じゃあ、取っておいてね」と言い残し、私は子どもの寝かしつけのため寝室へ。

その後、夫ががさごそしながら「あれえ?」などと言う声が聞こえて悪い予感がしてきました。

案の定、冷蔵庫の上を見たけれど見つからなかったとのこと。

こんなに暑いのに、どうしてくれると言うのですか。

「別の場所に隠したんじゃない?向こうの部屋(夫の寝室)は?」などと聞くと、すごすごと去って行きました。

結局見つからなかったということで、もう夜遅いから諦めることに。

次の日は、娘の幼稚園で面談のある日でした。

娘が家に帰って来てから数時間後に面談を控えていたのですが、帰宅すると何となくフラフラします。

疲れているのかと思い、昼食後しばらく横になっておりました。

ふと目が覚めると、自分が大量の汗をかいているのに気付きます。

まるで、冷凍庫から出して10分間放置したアイスクリームのよう。

うわあベトベト…と思いながら少し水を飲みましたが、まだだるさが収まりません。

しかし面談の時間は迫ってきます。

そんな時、娘と留守番するために半休をとった夫が帰宅。

とりあえず、夫に子ども達を託して幼稚園へ。

幼稚園は、自宅とは打って変わって涼しく快適なのですけれど、なぜか今度は睡魔が襲ってきます。

先生の話、もはやほとんど頭に入ってきません。

さほど濃い内容でもなかったので適当に受け答えしてやり過ごし、終わったらダッシュで帰宅。

その日はさらに息子を連れて出なくてはならない用事があったのでした。

ところが、帰るなり始まる強烈な頭痛。

何なら吐き気もお付けしますよ、とばかりに胸のあたりに気持ち悪さがわだかまり始めました。

どうしようこれ、もしかしたら熱中症かもしれないという考えが頭をよぎり出した頃、「気分悪そうだから、俺が代わりに連れてくよ」と夫が息子を連れてさっさと出て行きました。

私はそのまま床に倒れ込みダウン。

1時間くらいして息子が夫と帰って来ても、私はすぐに動けません。

何とか気力を振り絞り夕食を作りましたが食欲がわかず、味噌汁だけをすすっておしまいにしました。

これで体力を使い切ったのか、私は布団に直行。

夫が何かを後悔しているらしく横でぶつぶつと大きな声で話すのが、やたらと耳に障ります。

子どもの声は風の音のように脳内をスルーするのに、夫の声だけは脳の中で何度もぶつかり反響していくのでつらくて耐えられません。

除夜の鐘を間近でずっと聞かされるようなやかましさにイライラした私は、「いいからしゃべらないで」と吐き捨ててひたすら眠りました。

翌朝。

たっぷり寝たのでいくらか人心地ついた私、冷蔵庫の上に隠したのになくなったなんて本当かしらと不審に思い、ダイニングの椅子を持って来てひょいと覗いたところ。

あるではないですか、リモコンが。

奥の方に押しやられていましたけれど、一目でわかるような位置です。

今朝夫が出がけに「もう見つからないだろうから帰りに買ってくる」と言っていたのを思い出し、慌てて「見つかりました。買わなくていいから」とメール。

18-07-20-20-09-29-498_deco.jpg

試しにリモコンを作動させてみたら、ああ涼しい風。

こうしてクーラーのある快適な生活が戻ってきました。

木曜日には母が大量のスポーツドリンクを差し入れてくれたので、それを嫌というほど飲んでいたらだるさも頭痛も雲散霧消。

スポーツドリンクって偉大だなと実感した次第です。

巷では、熱中症の被害が盛んに報道されておりますね。

私は軽症ですみましたが、無理をし過ぎると大変なことになるので皆様もどうかお気を付けください。

エアコンのリモコンは、なくさないように気をつけましょう(なくすのは我が家だけか)。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/03/10 06:00
私はあまりレビュー記事を書かないのですが、今回は私と同じ悩みに苦しんでいる方と情報を共有したくて書かせていただくことにします。


10代の頃から頑固な花粉症だった私。

今年もかなり花粉が飛んでいるのか、苦しくて仕方ありません。

腸内環境を整えようと発酵食品を食べ、レンコンを食べ、ハーブティーを飲んでいますが、永続的な効果は感じられず。

外に出ようものなら、1回の外出で1袋のポケットティッシュが普通になくなります。

それでも、鼻水やくしゃみはまだ対処可能。

耐え難いのは、体中のかゆみです。

肌も花粉に反応するらしく、顔を中心にかゆくなってしまいどうしようもありません。

たまに、人前では掻けないところもかゆくなりますし。

どうしようもないのかこれは?ひたすらかゆみをこらえて悶絶する日々を送るのか?などと思い、ドラッグストアの花粉コーナーを物色してこちらを見つけました。

18-03-09-19-12-43-182_deco.jpg

「IHADA」という商品、「いはだ」と読むのでしょうか。

顔に噴霧することで、見えないバリアを作ってくれるようです。

しかも、PM2.5もカットするそう。

試しに手に吹きかけると、さらっとしていて水のようでした。

もちろん顔にかけてもべたつかず快適で、髪にも吹きかけることができるのです。

メイクの上からでも使えます。

で、顔や髪などにシュッシュッとして出かけたところ、かゆみが抑えられたように感じ楽になりました。

気が付けば、ポケットティッシュの減りも遅くなっているではありませんか。

値段は税抜1,600円と安くはないのですが、これなら買う価値があるかと思います。

もっと早く買っておけばと後悔しましたが、まだ花粉症が落ち着くまで1か月以上かかる予想ですのでじゃんじゃん使い倒します。

でもやはりどこかで、杉林伐採したい願望が膨らんでいる私。

毎日テレビで拝見している厚切りジェイソンさん、厚切りでも乱切りでもみじん切りでもいいから古い杉の木を伐採しに行ってくれないかしら。

そしてあの完璧な英語で"Wood job!"と叫んでほしいのです。

そんな番組の企画書を作ってNHKに持ち込んでくれる人を、ただいま絶賛募集中でございます。



(個人の感想です)

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/02/11 07:50
とりあえず、生きています。


しばらく更新もせず、他の方のブログにもほとんど遊びに行かず。

何してるんだと思われた方も、ひょったしたらいたかもしれません。

丸2日近く、倒れていました。

おそらく原因は、水曜日の小学校説明会の疲れと体調悪い娘の看病による寝不足、さらに娘にお腹の風邪をうつされたこと。

事の発端は、木曜日。

その日は買いたいものがあったので息子の保育中に娘とトレッサに行き、その後息子を迎えに行って帰ったのですが。

帰ったと同時に感じる、悪寒。

うっすら感じる程度のものでしたが、どうやらこれは部屋の寒さによるものじゃないなと直感しました。

その後急激にだるくなり、お腹まで痛くなり、もう動きたくないから私は寝ます、と言い残して私はリビングの床に寝そべりました。

おやつと夕飯は与えましたが、それ以外の時間子どもが何していたか全く記憶にありません。

夫の話によれば、夫の部屋の書類がばらまかれていたらしいですけど。

食欲のない私は甘酒にショウガを入れたものを鍋ごと食卓に持って来て食べ、無理やり内側から体を温めて、もう寝ますよと子どもを寝室に引きずり込んで7時台に就寝。

息子は私より後に寝た様子ですが、まあ大人しくしていたようです。

深夜12時過ぎくらいに1度目が覚め、尿意とのどの渇きを覚えてトイレに行き、尿の色の濃さに驚きます。

脱水気味なのかなと思って白湯とビタミン剤を流し込み、また布団へ。

次の日は息子の動作法(幼稚園で行われる療育プログラム)の日だったので休むわけにはいかず、幼稚園の送迎にタクシーを使うという社長夫人のようなことをやらかしました。

この日も、暇があればゴロゴロ。

病院に行くという選択肢もありましたが、この状態でもらえるのは痛み止めくらいだなと考えると行く気になれず。

もともと痛みには強い私(陣痛ですら「こんなもの?」でした)、横にさえなれれば大抵の痛みはやり過ごせます。

夜7時くらいになって動けそうな気がしてきたので、部屋にワイパーをかけ雑巾で食べこぼしをふきました。

その後洗濯機を回して洗濯物を干し、昨日は洗濯すらしなかったんだなあと苦笑。

ほとんどの家事を放棄して汚れた部屋も、何となく綺麗になってきたので今度はゴミを集めます。

袋にまとめてこれみよがしに玄関の前へ。

そこに帰って来た夫が、「ん?」という顔をした瞬間に私は言いました。

「明日の朝早起きできる自信がないから、今からこれを出してきてちょうだい」

私の顔をちらと見た夫、「ああ分かった」とあっさり従ってくれました。

よほどきつそうな顔をしていたのでしょう。

本来、土曜日の朝のゴミ出しは私の役目なのですが、早朝出るのはつらく夜遅く外に出るのは禁止されているので夫に頼んだというわけです。

たまにはいいわよね、と自分に言い聞かせました。

その次の日も、ご飯作りはかなりの手抜き。

証拠写真です。

18-02-10-20-51-08-614_deco.jpg

玄米ご飯
オクラ納豆
チンゲンサイと豚肉の炒め物
ポテトサラダ
ごま豆腐
大根と昆布の味噌汁

オクラ納豆は混ぜれば終わりの簡単おかず、炒め物は昼ご飯手抜きして(肉まんでした)余った時間に軽く炒めて余熱調理。

ポテトサラダはなぜか夫が気を回して買って来たもの、ごま豆腐はもらいものです。

味噌汁に入れた昆布なんて、おやつ用の塩昆布ですからね。

大丈夫です、しょっぱくなりませんよ。

今まで風邪を引いても薬でごまかして何とか家事をこなし、後で薬が切れて余計につらくなるということをよくやっておりました。

主婦だからどんな時でも家事をするのが当たり前と思っていたけれど、つらい時は休むのも仕事かと悟る昨今。

そうして今夜も出前を取り堂々と手抜きする予定なのでございます。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ