2018/10/26 06:00
健康のために、無農薬野菜を選ぶという人は多いと思います。

ご飯をおいしくするために、調味料だけは良いものを選ぶという家もありますね。

我が家では、最もこだわっているのが油です。

18-10-25-19-56-12-116_deco.jpg

現在家にあるのは、ゴマ油、オリーブオイル、アマニ油の3種類。

サラダ油は、置いてすらいません。

私がかつて肝臓を悪くして入院した時、心配した夫が買ってくれた本『そのサラダ油が脳と体を壊してる』(山嶋哲盛著)に影響されてのことです。

その本には、サラダ油がいかに体に悪いか、いかにして万病のもとになるかが細かく書かれていました。

そして、最も危険なのはトランス脂肪酸という物質で、これらが特に多く含まれているマーガリンやショートニングは避けるべきであることが分かりました。

「バターは動物性脂肪だから体に悪い、マーガリンは植物性脂肪だから体に良い」と小学校で習ったのですが、むしろバターの方がずっとましだったようです。

トランス脂肪酸は、サラダ油にも含まれています。

サラダ油は加熱することでより危険性が増すとのこと。

ゆえに、高温調理の必要がある揚げ物を頻繁に作り、さらに1度使った油をろ過して再利用するなんてことはおすすめしかねます。

油はあくまでもエネルギーであるわけだから、運動して消費すればいいというわけでもないようです。

私達の細胞膜はコレステロール、つまり油からできているので、悪い油を摂るということは細胞膜を傷つけるということに。

それに肝臓は脂肪の多い臓器というイメージがあるので、肝臓の弱い私は特に注意しようと思うのです。

というわけで、加熱調理に使っているのはゴマ油とオリーブオイルのみ。

オリーブオイルはエキストラバージンオイル一択です。

ゴマ油、本当は太白ゴマ油にしたいのだけれど、近所のスーパーで売られていないことが多いのですよね。

先日は、オリーブオイルとゴマ油を混ぜたものでフライドポテトを揚げました。

18-10-25-20-00-01-239_deco.jpg

大半は娘に食べられてしまいましたが、さっぱりとしておいしかったです。

おやつに作った焼きリンゴは、薄くゴマ油を塗ったフライパンで焼き、最後の方でバターをひとかけら落とします。

18-10-25-20-04-45-402_deco.jpg

トッピングはメープルシロップとシナモン、添えてあるヨーグルトは腸活のため。

こちらも、娘と奪い合って食べました。

18-10-25-19-57-48-315_deco.jpg

アマニ油は飲用です。

飲むといっても油だけを口に入れるのは抵抗があるので、野菜ジュースやスープに入れて飲んでおります。

アマニ油は熱に弱いので、加熱料理には向かないそうです。

保存も冷蔵庫で。

一時はココナッツオイルにはまりましたが、現在は完全にアマニ油にとってかわられました。

アレルギー対策にも良いそうです。

よく市販のドーナツや菓子パンを食べると肌がかゆくなるという話を聞きますが、それはそこに使われているサラダ油やショートニングが悪さをしている可能性が。

いったんそういったジャンク系のものをやめてアマニ油を少し摂るだけでも、多少は改善するかもしれませんね。

まあこういった油はお高めなので、なかなか手が出ないという人も多いかと思われます。

食費を節約したい時に、サラダ油を使わないで頑張るというのは酷だなとも。

なので、おすすめなのは油を使う料理を減らすことかと。

特に揚げ物を減らして、油の使用量の少ない炒め物、全く油を使わない煮物などを増やしてはいかがかと思います。

良質の油はナッツやゴマからも摂れますから、揚げ物がないと生きていけないことはないでしょう。

私なんて、油の処理が面倒くさくて1か月に1回くらいしか揚げ物をしない干物主婦です。

つまりは、手間のかかる料理をしないずぼらっぷりが健康生活の要といえそうですね。




(個人の意見です)

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/07/12 06:34

(口コミサンキュ!のモニター依頼により、「ポッカレモン」を使わせていただいております。)

暑さが本格的になってきたここ数日、脱水の恐怖におびえながら過ごしています。

とにかくのどが渇く、渇く。

1リットル入りのリンゴジュースなんて、すぐになくなりますからね。

なのに娘は外に出たい病で、朝起きたら「お外!」、ご飯を食べたら「お外!」、おやつを食べたら「お外!」と要求。

結局1日の多くの時間が散歩に費やされ、干からびる寸前ヘロヘロ状態で家路につく毎日です。

でもやはり、ジュースのがぶ飲みは体によくありませんね。

糖分が多いからなのか、飲み過ぎると頭がぼーっとしてしまうのです。

それならばとアイスコーヒーを飲むようにしてみたところ、利尿作用が強いせいかトイレに行く回数が増えるだけでのどの渇きは止まらず。

そういうわけで、最近は主に別の方法で水分補給をしています。

手作りの清涼飲料水。

コップ1杯の水に粗塩ひとつまみを溶かした後、ポッカレモンを5〜6回振り入れるだけ。

17-07-11-22-36-05-572_deco.jpg

砂糖を入れないので、さっぱりと後味爽やかな飲み口に仕上がります。

心なしか、疲れも取れる気がするのですよね。

レモンにはビタミンCやクエン酸、ポリフェノール、リモネンなどの成分が含まれているそうなので、あながち気のせいでもないかも。

それにコンビニでジュースを買うことが減り、無駄な出費が抑えられております。

体にもお財布にも優しい飲み物で、手軽に脱水を予防したいものですね。



***この記事は編集部の依頼により書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/11/01 09:10

毎月31日はグルテンフリーの日。

いやいや、カレンダーを見てものっていませんよ、私が勝手に決めただけですから。

そもそもの発端は、日曜日の昼のこと。

買い物から帰ってくると、子ども達が冷蔵庫の中のパンを食べ尽くしていたのです。

夫は私がパンを買って帰ってくると期待していたようですが、そんなテレパシーは通用せず。

月曜日の朝はパンなしメニューに確定しました。

ついでなので、1日グルテンフリー生活にしてみようと思い立ったわけでございます。

グルテンフリーは、最近海外セレブの間で流行の健康法。

小麦に含まれるグルテンを抜く食事により、健康な体を維持するというものです。

この健康法に興味を持ったのは私がミーハーだからではなく、息子がアレルギー持ちの湿疹体質だから。

生後1か月くらいからずっとひどい湿疹に悩まされ、アレルギー検査ではあらゆる食品が引っかかり(食べて湿疹が出るのはピーナッツだけですが)発育の遅れも気になっていた息子。

いろいろ調べていたら、小麦のグルテンが体に影響を及ぼすことがあると知ったのです。

そこで、4か月ほど息子にグルテンフリー生活を試みてみました。

結果、特に状況は変わらず、ならばいろいろなものを食べさせた方がよかろうということで今はパンも与えています。

でも日本人の中には「グルテン不耐症」というグルテンに弱い体質の人もいるのだとか。

このところ無性に体がだるいと感じていた私は、体質改善になるかと思いやってみることに。

朝のメニュー。

IMG_20161031_065647.jpg

野菜ジュース
豆乳ヨーグルト
餅の磯辺焼き


朝は時間がないので、いつもこんな感じです。

磯辺焼きに使ったしょう油には小麦が含まれているのですが、小麦不使用のしょう油ってあまり売っていないので調味料くらいは良しとします。

柿を食べたら体が少し冷えたので、後で紅茶も飲みました。

飲み物はお茶系なら基本的に大丈夫なのですが、麦茶は大麦を使用していてグルテンに似た成分が含まれるので、敏感な体質の方はご注意を。

この後息子を幼稚園に送り、歩いてお腹が空いた私は煮干しやナッツ類をつまんで過ごします。

食感に変化をつけたくて、蒟蒻畑のコーヒー味を試してみました。

IMG_20161031_103102.jpg

コーヒーの酸味や苦みは控えめながら香りはしっかりとあり、コーヒーが苦手な人でも大丈夫そうです。

会場ではこんなに可愛らしくディスプレイされていました。

IMG_20161025_105045.jpg

昼は卵雑炊にしました。

IMG_20161031_113019.jpg

主婦コレの際にいただいた「しんたまご」を使ってみました。

IMG_20161025_094736.jpg

会場では席の真ん前にどんと置かれていて、存在感抜群でした。

息子を迎えに行って帰ると、おやつの時間になりました。

使ったのはこれ。

IMG_20161031_154034.jpg

最近はスーパーでも売っている商品のため、手軽に手に入れられます。

小麦粉不使用ですが、焼くとちゃんとふくらんでくれます。

IMG_20161031_160434.jpg

クリームチーズ、イチゴジャムと一緒に。

食感は普通のホットケーキと若干違うのですが、生地に甘みがありほんのり米の香りがしておいしいのです。

最後に、夕飯の献立。

IMG_20161031_174847.jpg

玄米ご飯
サバの塩焼き
タマネギとアボカドのサラダ
エノキとワカメの味噌汁

朝から夕方までかなりの量を食べていますが、不思議と体は重くありません。

むしろ軽いくらいです。えも言われぬ軽さ。

…あえて言うなら、肩に小さな羽が生えた感じでしょうか。

米中心のメニューって胃に負担がかからないのか、かなり食べても胃もたれしないのです。

おまけに、食べ過ぎて眠いという感じもありませんでした。

さらに驚いたのは、体が常にポカポカと温かいのです。

頑固な冷え性で、秋半ばから分厚いカーディガンを愛用していたのですが、この日は全く使いませんでした。

1日でこれだけ変化があるのですから、1〜2週間やればかなり違うかもしれませんね。

ちなみに、これだけ食べて体重には変化なし。

ダイエットにもいいと聞くけれど、どうなのでしょうか。

1度「サンキュ!」のダイエット企画で扱ってほしいものです。

グルテンフリーの日、本当に毎月やってみようかな。

と言いつつ気付くのが、31日は毎月存在しないというオチ。

サーティワンじゃないけれど、子どもだましみたいじゃないですか。

まあ、日付にこだわらず時々やってみたいなと考えています。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ