2019/07/20 06:00
週の半ばあたりから何となく暑くなってきて、なぜか体調が快復してきた私。

気分がすぐれない主な原因は、やはりこの気温の低さにあったのかと思います。

やはり夏は、ある程度暑い方が良いですね。

先日、みなとみらいにある横浜ワールドポーターズ内のハムリーズに行きました。

目的は、娘の幼稚園で同じクラスの子のお別れ会です。

海外に行くとのことで、会えるのはその日が最後。

まだ夏休みが始まっていないのでどうしようかと悩みましたが、思い切って息子と一緒に学校を休み参加いたしました。

ハムリーズのパーティースペースで、娘は仲の良い同級生とはしゃぎ終始上機嫌。

息子はお土産にもらったクマのぬいぐるみが気に入った様子でした。

19-07-19-22-41-21-631_deco.jpg

名前もつけておりまして、左がサリー、右がビリーです。

どちらも3歳、誕生日は7月18日、好物は魚という設定。

ハムリーズ、初めて行ったのですがまさにおもちゃのテーマパークといった雰囲気で、広いしおもちゃはたくさんあるしパフォーマーもあちこちにいるしで誘惑のるつぼでした。

狭いパーティースペースから出たがる息子を連れて何回か中を巡った時、娘の大好きなアクアビーズを発見してこれはまずいと思いましたっけ。

幸い、息子脱走中も娘は同級生の女の子と楽しく遊んでましたし、他のママさんが見守っていてくれて助かりました。

帰りは、アクアビーズのある場所を避けてエレベーターに向かいましたよ。

何とかおもちゃをねだられることなく外に出られた、と思いきや。

19-07-19-22-42-10-083_deco.jpg
(撮影可能な場所)

ワールドポーターズを出て遠くない場所に、コスモワールドがございまして。

田んぼに引かれる水のように、それが当然といった様子で吸い込まれていく子ども達。

慌てて後を追いますが、引き戻すことなど不可能で…。

19-07-19-22-42-54-033_deco.jpg

乗ってしまいましたよ、観覧車。

ああそうですねえ、海が綺麗ですねえ。

パーティー代だけでもそこそこの額を支払ったのに、またお金のかかる乗り物を選ぶとは。

療育手帳の提示で、割引になったのでまだ良かったです。

上っていく最中に、曇り空だった空が晴れ始め。

タイミング良く絶景を拝めたことに感謝しつつも、「洗濯物、部屋干ししたまま出てきちゃったよ」という雑念をどうしても捨て去れなかった私でありました。





danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/01/29 06:00
日曜日、息子が7歳の誕生日を迎えました。

その前日から実家に遊びに行っていた私達は、両親に連れられて富士サファリパークに。

プレゼントやケーキを囲んでパーティーをする誕生日も良いものですが、我が息子にはあまり物欲がないので物より思い出を優先する誕生日というのもたまには良いでしょう。

19-01-28-00-17-46-340_deco.jpg
(撮影可能な場所。以下写真同じ)

一番右にいるのが息子で、何だか乗り気ではなさそうに見えますが、このサファリバスに乗ってからはそこそこ興味深そうに動物達を眺めておりました。

序盤でいきなり動物への餌付けタイム。

19-01-27-12-35-16-493_deco.jpg

写真撮って大丈夫なのかというとまどいもありましたが、運転手さんに「ここの動物さん達は写真慣れしている」と言われて少し安心。

でも間近に来ると大きさと迫力がすごくて、エサやり用ハサミを持ちながらも腰が引けてしまっておりました。

よく見ると可愛いお顔をしているのですけれどね。

運転手さん情報によると、「くまのプーさんのモデルとなったクマ」なのだそうです。

19-01-27-17-03-02-663_deco.jpg

ライオンの迫力はまた格別。

オスライオンは残念ながらこちらに来てくれなかったのですが、このメスライオンがなかなかの美人に見えたので良しとします。

草食動物ゾーンでは、ゾウやキリンはもちろんのこと、動物園でもあまりお目にかからないウシの仲間やシカの類がたくさん見られました。

写真を撮りまくりましたが、くどくなるので割愛します。

個人的には、「ワピチ」という名の動物の白いお尻がたくさん並んでいる様子が壮観だと思いました。

サファリバスの後は、いよいよ念願の。

19-01-27-17-06-10-555_deco.jpg

ネコの館!

会いたかった、会いたかった、会いたかったですよ君に。

早速正座(?)して出迎えてくれたこの子をパシャリ。

私と同じく猫好きの息子も、大喜びでした。

ここでは先程にも増して写真を撮りまくったのですが、多過ぎるので割愛。

マンチカンのチョコチョコ歩く姿を少し離れたところからそっと観察したり、シャルトリューという希少品種の猫を見つけて狂喜したりして、かなり長い時間をそこで過ごした気がします。

おかげさまで、1か月分くらいの猫成分を補給できました。

猫の次に私が好きなのは馬なので、子ども達をぜひ馬に乗せたいと思い馬のいるゾーンにも。

まずは子ども達2人を馬車に座らせてヨーロッパの貴族みたいと喜んでみたものの、やはりじかに乗った方が面白かろうと乗馬コーナーへ。

19-01-27-17-21-31-420_deco.jpg

おっかなびっくりな様子ではありましたが、大人しく最後まで乗っていられた息子に感動。

娘の方は、ポニーだと怖いのでミニチュアホース(大型犬とほぼ同じくらいの大きさの馬)に乗せてもらっていました。

かなり堂々とした様子で落ち着いて騎乗できていたので、乗馬の才能あるかもと調子に乗っている私です。

その後はふれ合いコーナーで小動物にエサをやるなどして過ごし、帰りは少々渋滞に巻き込まれて19時過ぎに帰宅。

私はもうぐったりしているのに子ども達が興奮でなかなか寝付けず、気が付けば一緒に寝落ちしてしまっておりました。

23時くらいにふと目が覚めてテレビを観ると、大相撲で玉鷲が優勝したというニュース。

奇しくもその日に玉鷲関の第2子が誕生したという話も、この時知りました。

これからは玉鷲が現役引退するまで、「うちの息子、玉鷲の子どもと同じ誕生日」と言い続けてやろうと思います。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/05/24 06:37

長い間このブログをご覧の方はご存知かと思いますが、うちの息子は療育手帳を持っています。

IMG_20161226_230038.jpg

療育手帳を持っていると、療育プログラムを安く受けることができたり交通費が割引になったりと、様々な補助をしてもらえます。

特に嬉しいのが、多くの行楽施設の利用料が安くなること。

広い意味での障碍者手帳なので、障碍者割引があるところで提示するとかなり割安でレジャーを楽しめてしまうのです。

最初は何かずるいような気がして気が引けていたのですが、こういうお得感でもないとなかなか出かける気にならないのですよね。

息子のようなタイプの子は、いつ泣きわめいたり逃げ出したりするか分からないので、外出自体がストレスになり引きこもりになりがち。

それで高いお金を使ってしまったらまさに骨折り損なわけですが、安く入れるところなら「まあ試しに行ってみるか」となるわけです。

ということで今回は療育センターのママ友さんからの情報を参考に、療育手帳でお得に行ける行楽施設をご紹介いたします。

・横浜アンパンマンミュージアム…入場料半額(本人と付き添い1名)
・よこはまコスモワールド…回数券300円割引(本人と付き添い2名)
・浅草花やしき…入園料無料(本人)
・キッザニア東京…入場料半額(本人と付き添い1名)
・としまえん…入園券、1日券などが半額(本人と付き添い1名)
・八景島シーパラダイス…アクアリゾートパス半額(本人と付き添い1名)
・よこはま動物園ズーラシア…入園料無料(本人と付き添い2名)
・サンシャイン水族館…入館料半額(本人と付き添い1名)
・しながわ水族館…入館料半額(本人と付き添い1名)
・東京都恩賜上野動物園…入園料無料(本人と付き添い1名)
・鴨川シーワールド…入園料半額(本人)、入園料700円割引(付き添い1名)
・富士サファリパーク…入園料半額(本人)
・県立三ッ池公園…駐車場料金無料、プール入園料無料(本人と付き添い1名)
・こどもの国…入園料半額(本人と付き添い1名)
・三渓園…入園料免除(本人と付き添い1名)
・山下公園…駐車場料金無料
・藤子・F・不二雄ミュージアム…入館料無料(本人と付き添い1名)
・東京スカイツリー…入場券割引(本人と同伴者)
・東京タワー…エレベーター半額(本人と付き添い1名)
・白浜フラワーパーク…入園料半額(本人)
・マザー牧場…入園料半額(本人と付き添い1名)

基本的にほとんどのレジャー施設で何らかの優遇措置が受けられるので、まずは行く前に目的の施設のホームページなどで手帳が使えるか調べることをおすすめします。

本来なら花見の季節やゴールデンウイークの時期にあげるべき記事ですが、「税金泥棒を増やす気か」というお叱りコメントをいただくのではないかと思い行楽シーズンが完全に終わった今の発表となりました(市内以外の施設でも使えるので税金じゃなくて施設側の負担なのかも。誰か知っている人がいたら教えてください)。

ゴールデンウイーク中に療育センターのお母さん方にLINEしてみたら、みなさん手帳を活用していろいろなところに出かけていましたよ。

私も千葉旅行の際、鴨川シーワールドに安く入れて助かりました。

白浜フラワーパークも行ったのに、そこでは手帳を使えると知らず提示しませんでした。

やはり、事前の下調べが肝心です。

もし調べるのを忘れたら、当日受付の人などに「障碍者手帳使えますか?」と聞いてみるといいでしょう。

ちゃんと丁寧に教えてくれます。

最後に、個人的おすすめスポットをご紹介。

17-05-23-22-33-34-097_deco-98772.jpg

宮崎台にある、「電車とバスの博物館」です。

運転シミュレーションができ、乗り物好きにはたまりません。

駅近なので、我が家のように車のない家庭でも大丈夫。

本人の入館料が半額となります。

手帳をお持ちの方、ぜひとも上手に利用してお出かけを楽しんでくださいね。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ