2018/10/09 06:00
このところ、週末子ども達をフィールドアスレチックに連れて行くことが続いております。

理由は、息子の成長のため。

息子は、とにかく体を動かすことが苦手な子です。

私に似たのか、基本引きこもり。

学校でも、体育の授業が一番気乗りしていない様子でした。

そんな状況を少しでも打開したいと思い、他の人から勧められたこともあって1か月前くらいから思い切り運動できる場所を探しちょくちょく通っています。

自然を感じながら体を動かし、少し危険な場所で遊ぶことは脳の発達を促す効果があるそうで。

我が家族が目をつけたのは、つくし野にあるフィールドアスレチック。

駅から歩いて行けるので車がない我が家でも通いやすく、木が生い茂っていて涼しいので晴れている日でものびのびと動き回れます。

初めて連れて行った時は、2人で仲良く遊んでいた子ども達。

IMG_20180916_113233.jpg

しかしながら、いくら息子の成長が遅いとはいえ2歳違えば体力が全然違うので、2回目以降は自然と別行動に。

息子には夫がついて見守り、娘には私がついて遊んであげるというスタイルに落ち着きました。

娘はまだまだ大きな遊具で遊ぶのが怖いらしく、近所の公園にもある幼児向けの乗ると揺れる遊具で遊んでいます。

18-10-08-22-45-16-121_deco.jpg

息子は、数ある階段をゆっくり着実に上り、長くて勢いが出る滑り台で遊ぶことが多くなりました。

18-10-08-22-41-34-305_deco.jpg

気が向くとトランポリンで遊んだり、少し離れた池に行って「たらい渡り」というアトラクションを楽しんだりしております。

娘は遊具に飽きると私を連れ回して森の中を歩き、落ちているドングリを拾わせたりキノコを探させたり。

木漏れ日に照らされてキラキラ光るドングリはとても美しく見え、私も調子に乗ってどんどんポケットに詰め込んでしまいました。

18-10-07-22-23-13-137_deco.jpg

小学校の生活の授業で使うかもしれないと聞いたので、大切に保管してあります。

コマとか作ったら楽しそうですよね。

あまり長居すると息子も飽きるので、朝の10時台に着いてから11時半くらいまでの滞在にしています。

その後は帰りがけに途中下車して、ファミレスでお昼を食べるのが定番コース。

「お弁当持って行こうか」という提案をしたところ、「席取りが大変そうだ」と言われてしまいました。

レジャーシート持参なら何とかいける気もするのですけれど、体を動かした後は大人も子どもも半端なくお腹が空くので大量のお弁当が必要となってしまいます。

足場の悪い中で子どもの手を引いて歩くのでさえ一苦労なのに、これ以上荷物が増えたら(上着やら着替えやら、すでにカバンいっぱいに荷物を持って来ています)きついかもと思い諦めることに。

そんなこんなで、フィールドアスレチックに何回か行ってみて分かった魅力がこちら。

・遊具や施設の難易度が幅広く、幼児から大人まで楽しめる
・木々が日差しを遮ってくれるので、日焼けや熱中症の心配が少ない
・遊びながら森林浴ができ、リラックス効果がある
・四季の移り変わりを感じることができる

逆に、実際に遊んでみて分かった注意点もありました。

・トイレが入口のところにしかないらしく、遊ぶ前にトイレに行っておかないと困る
・雨の日の翌日は地面が湿っていて滑りやすい
・ベビーカーは使えないので、受付で預けておいた方が良い
・泥だらけになるので、汚れても問題ない服を選ぶ必要がある

もしご興味があって、これからフィールドアスレチックに行かれる場合には参考になさってください。

最後に、娘に頼まれて撮影したキノコ画像を。

18-10-08-07-10-21-039_deco.jpg

たくさんあったので、コラージュしてみました。

全国のキノコ愛好家の皆様(そんなにいない?)に楽しんでもらえたら幸いです。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/08/08 10:21
すっかり遅くなってしまいましたが、7月下旬に表参道へ遊びに行った時のことを書かせてください。

その日、私は表参道をぶらぶらしておりました。

公式ブロガーmihoyamanaさん(以下、mihoさん)とご一緒に。

表参道に夏期限定オープンしているリプトンのフルーツインティー専門店「Fruits in Tea To Go」に行きたいと申し上げたところ、付き合ってもらえることになったのです。

私より先に到着されたとのことで、一足早く並んでいてくれたmihoさん。

おかげで、さほど待つこともなくスムーズに注文できました。

店内の壁には、ぎっしりとリプトンのボトルがディスプレイされており、涼やかな雰囲気。

18-08-07-23-23-32-268_deco.jpg
(掲載許可有り。以下写真同じ)

18-08-05-22-57-42-023_deco.jpg

私は奥側の赤っぽい方を注文、mihoさんはオレンジ色っぽく見える手前側を選ばれました。

紅茶の種類が違うように見えますが、ベースはどちらもアールグレイティーなのです。

私が中のフルーツの1つにラズベリーを選んだところ、こんな真っ赤に染まってしまったわけですね。

mihoさんはオレンジやマンゴーを入れたせいか、トロピカルな雰囲気。

思っていたほど混んでいなかったので、窓側の席に移りぽつぽつおしゃべり。

18-08-05-23-04-07-228_deco.jpg

あそこのピンクのお店何かなあ…などと考えているところを、mihoさんに激写されました。

学生時代よく見ていた通りも、少しずつ様変わりしてしまったように感じます。

どうでもいいけれど、アクセントにナタデココを入れてもらったらストローで吸い上げられず、タピオカにすれば良かったわいなどと思っておりました。

その後、表参道駅出口付近にあるZARA HOMEに。

セール中でしたが優柔不断な私は欲しいものがあっても踏ん切りがつかず、ぶつぶつ言いながら店舗内を徘徊。

この時はお互いが別行動でしたので、mihoさんは気付けばお皿を1枚購入されていました。

結局手ぶらのまま店を出て、表参道の骨董通りにある「一枝軒」というおしゃれな陶器店に。

しかしあいにくこの時お店は開いておらず。

窓の外から店内を覗き見て「あのスイカの急須可愛い」などとはしゃぐ私達。

この日は下見ということにして、後日リベンジを果たすことにいたしました。

同じ通りにあるおいしいアップルパイのお店にも寄り、家族にお土産を購入。

18-08-05-23-04-37-195_deco.jpg

左上のアップルパイはラムレーズンで大人の味、右下はカスタードクリーム入りで子どもに人気のとのこと。

どちらもおいしゅうございました。

その後、mihoさんとはお別れし再びZARA HOMEへ。

30分くらいさんざん迷った挙句、こちらを購入。

18-08-07-16-40-13-932_deco.jpg

ガラス製の器、1枚1,190円です。

セール対象外でしたが、気に入ってしまって買うことを決めました。

大好きなきな粉寒天を入れたり、果物を盛ったりしたいと妄想しております。

これで涼を感じられればエアコンの設定温度も高めにできて節電につながるわ、と自分に言い聞かせているところです。

どうでもいいけれど、リプトンのタンブラーは外出時麦茶を入れるのに使っております。

表参道限定ボトルだったら、メルカリで高値で売れることを後に知ったのですが私の選んだのは限定ではなく。

まあ、こちらもひと夏使い切れば元を取れるのではと思っております。

何とかして元を取りたいドケチ主婦の買い物記録でありました。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/06/12 10:04

土曜日、幼稚園行事でザリガニ釣りに行きました。

この行事はちょっと変わっていて、先生方が2人くらいで小さな催し物をそれぞれ開催、その中から好きなものを選んで参加するという形式です。

幼稚園近くの川までお散歩してそこでザリガニを釣ります、ということで簡単そうなイメージだったのですが。

娘をベビーカーに乗せたまま集合すると、先生に「ベビーカーは置いて行った方がいいですよ」と言われました。

「階段がたくさんあるので、ベビーカーはきついと思います」とのこと。

それ前もって言っといてくださいよと心の中でつぶやきつつ、幼稚園にベビーカーを預けて出発です。

ベビーカーがなくなったので、私は娘と手をつないで歩きました。

息子は、男の先生にガシッと腕をつかまれて少し前を歩いています。

女の先生だと手を振りほどいてどこかへ行ってしまう可能性があったので、男の先生がいて助かりました。

私はのろのろペースの娘に合わせていたらいつの間にか最後尾に。

途中、山の中の公園で一休み。

参加している子どもはやんちゃな男子が多くて、みんな噴水の近くを泳いでいるカメを捕まえようと必死でございました(結局逃げられていました)。

そして、カメにさほど関心のない息子は公園の隅をうろうろ。

それに仕方なくついて行ったところ、ひっそりと実をつけている可愛らしいノイチゴを見つけました。

17-06-12-08-47-35-690_deco.jpg

マイペースな息子に合わせていると、思わぬ発見があって面白いです。

途中、枯葉の降り積もった急な階段や足場の悪い飛び石の上などを通ることになり、娘を抱っこして何とか乗り切りました。

先生方はあくまでも川だとおっしゃっていましたが、着いたのは畑に囲まれた用水路のような場所。

最も深い場所でも10センチくらいで、ほとんど干上がっているようなところもちらほらありました。

そんな場所ですから、ザリガニも小さめ。

安全第一で考えたら、大きな池よりこちらの方がいいのかもしれませんね。

枝にタコ糸で縛ったスルメをつけて水の中に沈めておくと、そろそろと小エビのようなザリガニが近付いて来ました。

17-06-11-12-55-06-448_deco.jpg
(小さいうえに灰色なので見づらいです。分からない方は拡大して見てみてください)

そうっと引き上げて、最後は手づかみで捕獲。

17-06-12-08-48-17-946_deco.jpg

キャッチ&リリースが原則なので、しばらく子ども達に見せつけた後逃がしました。

こんな感じでしばしザリガニ釣りを楽しんだわけですが、実際に釣っていたのは私で、子ども達は黙って見ているだけでした。

幼い頃夢中でやっていたザリガニ釣りを思い出し、懐かしい気持ちに。

子ども達を喜ばせようとしたのに親の方が楽しんでしまったというありがちなパターンです。

最後は現地解散ということになり、いったん幼稚園に帰ろうとしたのですがもうすでに娘はお疲れモード。

先生方が近くにあるバス停を教えてくれたので、そこのバスに乗って戻りました。

やっとのことで家に帰ると、体のあちこちが筋肉痛に。

肩痛い、脚痛い、おまけに頭も痛くなってきた…ということでご飯だけは作りましたが他の家事はさぼりまくりました。

おかげでブログの更新も遅くなりましたが、ご容赦くださいませ。

今日は振替休暇なので、なるべく余計なことはせず体力温存する予定です。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ