2017/07/11 06:32
子連れでの外出で一番困るのは、息子の迷子対策です。

息子は4歳の半ばくらいから、多動の傾向が出始めました。

手をつないで歩いていても、興味のあるものが目に入ると手を振りほどいて走って逃げてしまいます。

興味のあるものとしては、エアコンの室外機、自動ドア、エレベーター、自動販売機などいろいろとあり、全てを避けて歩くのは困難。

それでもいつも通っている道なら心の用意ができているのである程度防げるのですが、たまにしか行かないような場所ではそうはいきません。

初めて行く場所なんて、恐怖以外の何物でもなく。

迷子センターに行ってアナウンスをお願いしたことも、1度や2度ではないのです。

なぜか不動産屋の店舗に入り込んでしまって、距離的には近かったのに思い至らず長時間右往左往したこともありました。

療育センターのお母さん方に相談したところ、皆さん似たような経験はあったようで。

「できることなら体内に発信機埋め込みたい」なんて切実な話も出ておりました。

犬の散歩みたいにハーネスに紐をつないで歩きたいけれど、それやったら通報されるよね、などと思いもします。

とりあえず対策としては、

・目立つ恰好をさせる(普通の子どもは好まない服やグッズを身につけさせる)
・出かける前に全身写真を撮る(迷子センターで特徴を伝える時役立つ)

といったものがありました。

ネットで迷子対策グッズが売られているという話も聞いたので、試しに購入。
17-07-10-23-53-43-145_deco.jpg

説明書きが英語…ということで、帰国子女の夫に読ませました。

楕円形の発信機を子どもの服につけ、親機を大人が持つという形で使うらしいです。

スイッチをオンにすると、発信機をつけた対象が持ち主(保護者)から離れた時にブザーが鳴るという仕組みです。

日曜日、原鉄道博物館に遊びに行ったのでつけさせて出発しました。

夫も一緒だったので発動させることなく終わりましたが、保険があると違います。

以前は、こんなバッジも利用していました。

17-07-10-23-51-58-990_deco.jpg

これをつけると安心感があるのですが、夏になって水遊びの頻度が増え、靴底に仕込んでいる連絡先の紙がたびたび水に溶けてなくなってしまったので今は活用していません。

その日の博物館は、夏休み前ということで人影もまばら。

なぜか福引きをやっていて、息子に大人の分もまとめて引かせたところ、運よく年間パスポート&招待券をゲットしました。

17-07-10-23-53-03-006_deco.jpg

当選確率高めだったのかもしれませんが、よく行く場所なので嬉しいです。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/03/30 12:18
水曜日は、夫の有給休暇取得日でした。


以前から張り切っていた夫は少し遠くにある大きな遊園地に息子を連れて行こうと計画し、ネットでいろいろと下調べをしておりました。

なのでもちろんその遊園地に行く気満々で出発したのですが。

「なんか寒くない?」

駅に向かうべく歩き始めてしばらくして、夫がぽつり。

確かに、よく晴れてはいるのですが風が冷たく気温が低いような。

そして、「風邪引きそうだから遊園地行くのやめようか」となり、行き先を横浜の鉄道博物館に変更しました。

急な予定変更は嫌がるかと思いきや、息子は大好きな電車模型が見られるということで上機嫌です。

パソコンのLANケーブルが壊れてしまって困っていたので、ひとまずそれを買いにヨドバシ横浜へ。

おもちゃが大量に売られているので誘惑が多いのですが、とりあえず売り場には近付けずガチャガチャを2回ほどやらせてごまかしました。

買い物後、飲食店の集まる地下へ移動して昼食。

食べたいものはいろいろありましたが、子どもも食べられて体に良さそうなものがいいと和食を選択。

ガラス張りの調理室で若干むさくるしい系の男子(失礼)がねじり鉢巻きをして魚を焼いているような店で、おいしい魚が売りのようです。


17-03-30-10-17-31-844_deco-f6ac8.jpg
(撮影許可有り。以下写真同じ)


アジの開き定食を頼みました。


17-03-30-10-19-14-930_deco-8a711.jpg

アジの開きが迫力のボリュームで、男性並に大きい私の手の平よりさらに大きいものでした。

おいしそうな魚を見ると明らかに子ども達の目の色が変わり、早くよこせとばかりに手を伸ばしてきます。

おかげでしばらくは身をほぐすことに没頭していました。

魚もおいしかったけれど、麦飯もふっくらとして美味。

夫の食べたアジフライの方もおいしかったらしく、また行きたいと言っておりました。

ちなみに、店の名前は「とと和くら」といいます。

気になる方は、チェックしてみてくださいね。

その後行った原鉄道博物館については、何度もこのブログで紹介しているので省略いたします。

17-03-30-10-19-57-351_deco.jpg
(撮影可能な場所)

「或る列車」と題されたこの鉄道模型が美しくて惚れ惚れ。

ステンドグラスはレーザープリントで表現しているそうです。

この後私は猛烈な睡魔に襲われ、夫と子どもがジオラマ鑑賞するかたわらでベンチに座り舟をこいでおりました。

前夜は8時間以上寝たのに、なにゆえこんなにも眠いのかしらん。

春は花、されど花より団子、しかれど春の午睡に勝るものなし。










danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/12/04 07:42

昨日は、横浜にある原鉄道博物館に行ってきました。

もう何度も行っているのですが、ここは息子が喜ぶ・家から近い・療育手帳で割引がきく・人が少ないと良いことだらけで、お出かけとなると候補の筆頭に挙がります。

入ってみると博物館内はクリスマス仕様でした。

機関車トーマスのプラレールも、よく見るとモールやクリスマスツリーが飾られていたり、キャラクターがサンタ帽をかぶっていたり。

IMG_20161203_153046.jpg
(撮影可能な場所。以下写真同じ)

IMG_20161203_153915.jpg

ちょっと無理やりな感じは否めませんがね。

ライトアップされたジオラマはロマンティックで素敵でした。

IMG_20161203_154841.jpg

館内でスタンプラリーをやっていたり、マニアックな鉄道知識が学べる展示があったりと、大人も子どもも楽しめる場所です。

旦那様が電車マニアだという家なら、盛り上がること必至でございます。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ