2019/01/30 06:00
我が息子は週に1度、月4回の頻度でピアノ教室に通っています。

かかる費用は1か月あたり7,000円で、からず安からずといったところ。

現在、子ども達にやらせている習い事はこのピアノ教室だけです。

どうしてピアノだけやらせているのか、という疑問が当然湧くでしょうね。

そもそも私は、子どもを習い事漬けにすることには反対で。

というのも私自身が小学生時代、週5日間習い事をやらされていた時期があり大変だった思い出があるからです。

それだけ習い事があると放課後はほぼ毎日外出することになり、友達とも遊ぶことができません。

また、早期に英才教育を施すのも子どもの自然な成長を妨げるのではと懸念しております。

テレビで、英会話をしながら高度な医学の話を教えたりフラッシュカードで難しい漢字が並んだ四字熟語を覚えさせたりするシーンを見たことがありますが、どうなのかなと。

幼いうちは詰め込めるだけ詰め込んでいけばいくらでも入っていきますが、主体的に学んだことでなければ忘れるのも早いのではないかと思うのです。

ではどうしてピアノだけは良いのかというと、ピアノを弾くこと自体が脳に良い影響を与えると知ったからです。

考えてみれば、一流大学に入るような優秀な人の中には、ピアノやフルートなどの楽器演奏が得意な人が多い印象があります。

であるならば、成長の遅い息子にピアノを習わせればDQが上がるかもしれないと思ったのでした。

とはいえ、発達障害を持つ子どもが習い事の教室を探すのは容易ではありません。

まずは近所の教室を数件あたりましたが、「うちでは教えられない」と断られてしまいました。

でもその教室の先生の中に、「発達障害の子どもに教える方法を専門的に学んだ人を知っています。その人を紹介しましょうか」と言ってくれる人がいたのです。

住所を聞けば、我が家の最寄り駅から4駅電車に乗りそこからさらにバスに乗る必要がある、ということが分かりましたが背に腹は代えられません。

かくして去年の秋から、無事にピアノを習い始めることができたのでした。

ピアノの初級テキストといえばバイエルのイメージだったのですが、先生はそれよりはるかに易しい教材を用意してくれました。

19-01-29-22-44-59-801_deco.jpg

最初はピアノに見向きもしなかった息子も回を重ねるにつれ徐々に慣れて、今ではむしろピアノが好きと言えるまでになっています。

『おんぷのおえかきワーク』で楽譜の読み方もいつの間にか覚え、簡単な楽譜なら自分で見ながら弾けるようになりました。

19-01-30-18-41-43-513_deco.jpg

とはいっても、今はドレミばかり弾いているのですが。

先生は無理に進めようとはせず、息子のペースに合わせて粘り強く教えてくれるので助かります。

見通しをつけるのが難しい息子のために、毎回予定を書いたプリントを作ってくれるのもありがたいです。

19-01-29-22-46-13-608_deco.jpg

レッスンが終わるとプリントに好きなスタンプを押せるので、それを励みに頑張っているふしもありますかね。

娘も一緒にレッスンに連れていくことが多いので、目下娘もピアノに興味津々。

できれば娘にも習わせてあげたいけれど、空いているコマがほとんどない上に時間やお金の余裕もなく、今後どうすべきかが悩みどころではございます。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/02/20 06:00
「うちの娘が言ってたんだけど、○○くん計算ができるんだって?」

先日、幼稚園のママ友にそんなことを聞かれました。

「一応、公文をやっている(2年前から。月額6,480円で算数のみ)ので。今は『+5』を特訓中」などと答えると他のお母さんが、

「え、うちの子、数を足すっていうこと自体分かってないよ」と。

発達障害児特有のこだわりなのでしょう、うちの息子は数や記号、計算が大好きです。

最近では公文で習っている内容では飽き足らず、四則計算全てを知りたがっている模様。

そのせいなのでしょうね。

大分前の話になりますが、息子に計算機を壊されました。

18-02-19-22-48-35-750_deco.jpg

液晶部分にひびが入ってしまい、うんともすんとも動きません。

どうやら、掛け算の計算をしていて式と答えの関連性を理解できず、パニックになって計算機を投げてしまったことが原因のよう。

そこで夫が、数学科出身の意地をかけて掛け算を教え始めました。

最初は紙と鉛筆だけで教えようとしていたのですが、息子が明らかに分かっていない様子でしたのでそろばんを使うよう勧めました。

18-02-19-22-50-38-597_deco.jpg

玉を2個ずつ動かして掛け算2の段を教え込んでいるうち、少しずつ分かってきたようで落ち着きを見せる息子。

これにて一件落着、などと思っていたのですが。

数日たったある日、今度は100円ショップで買い直してもらった計算機を投げて壊そうとし始めました。

「3÷2=1、ギャー」などと叫んでいるので、掛け算の次は割り算で引っかかったのか…と気付く私。

夫は生憎インフルエンザでダウン中なので私が教えることになったわけですが、割り算は教え方が難しいのです。

18-02-19-22-52-32-295_deco.jpg

積み木を3列に分けて積んだり、やじろべえにピースを振り分けて入れたりと四苦八苦して、「6÷2=3」あたりの計算は納得してくれるようになりました。

ところがです。

その後、「524÷3?」などとあれこれ聞いてきて、「ごめんよ、3ケタはすぐに計算できない!割り切れないのは確かだけど」とお手上げ状態になりました。

3ケタの割り算を教えるとしたら、筆算のやり方を教えるしかないと思うのですが、まだ足し算練習中の息子が一足飛びにそこまでできるようになる気がしません。

というわけで、現在絶賛悩み中です。

いっそのことそろばんを習いに行かせたいと思うのですが、公文だけでもそれなりの費用と時間がかかるのでこれ以上負担を増やすのもどうかと。

そろばんは手先を動かすから脳の発達に良いと夫が申しておりましたので、この際夫が教えてあげればいいんじゃないかと考えている最中なのであります。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/07/09 07:47
娘が毎週通っているリトミックのクラスで、時々気になることがありました。

ずっと前から一緒にレッスンを受けている2歳の男の子がいるのですが、その子の様子が以前の息子に似ている気がするのです。

表情の雰囲気や視線の使い方、物への興味の示し方が、クラスの他の子とはちょっと違っています。

1年くらい前から、「おもちゃをよく投げるんですか?うちの息子もそうだったんですよ」「家でどんな遊びをするんですか?」などとちょいちょい探りは入れていましたが、そのお母さんはあまり気にしていない様子でした。

しかし、先日のある日。

レッスンの最中、歌をみんなで歌っている時に教室の真ん中でその子がクルクルと回り出したのがどうしても気になってしまいました。

たまたまレッスンの帰り道に寄ったスーパーで、そのお母さんとばったり。

「今日、息子さんずっと回ってましたけど、目が回らないですかね?」と聞いてみました。

発達障害の子どもには1人で回転するのが好きな子がいて、目が回らないという特徴のある子が多いのです。

すると、「やっぱり、気になりますよね!大丈夫なのかなうちの子?」と予想に反してかぶりついてこられました。

「まだ分からないですし、ただの癖なのかもしれないけれど…。うちの息子が発達障害で、2歳の時こんな感じだったのでどうかなあと。気になるなら、区役所とかに電話して相談してみるといいですよ」と、その時はアドバイス。

それからはスーパーで会うたびにいろいろと質問されたので、おせっかいかなとは思いつつ率直に意見を述べさせていただきました。

そして春レッスンの最終日。

「夏のレッスンはお休みする予定なので、今度会うのは秋ですね」などと話したところ、「ラインでいろいろ相談したい」と言われたのでIDをお伝えしました。

それからは、療育や幼稚園選びのことなど、私の分かる範囲で質問にお答えしています。

やはり、気になることがあったら声を出して伝えてみることって大事なのだなあと思いました。

困っている人も、その周囲の人も。

「困っているんです」「何か困っていることはありませんか?」そういった一言が前に踏み出すきっかけになるのかもしれません。

迷惑かな、おせっかいかなといろいろ遠慮してしまいがちな社会ではありますが、たまには昭和の世話焼きおばさんのようになってみるのもいいかなと思った出来事でした。

17-07-09-10-24-10-320_deco.jpg

昨日、この本をおすすめしておきました。

2歳前半ではまだ専門的な療育の本などは早い気がするので、こんな子育て本もいいかと思います。

秋教室で再会するのが楽しみです。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ