2019/07/12 06:00
一昨日は、娘の幼稚園の個人面談に行っておりました。

普段は幼稚園バスで通っている娘の幼稚園、面談のためにわざわざ行くとなるとかなり遠いのです。

子ども達を連れて最寄りのバス停まで30分近くかけて歩き、そこからバスに乗って10分程度。

バスの待ち時間も含めると、50分くらいはかかっています。

そして教室に行き、言われたことは。

「いつも特定の子と遊んでいるけれど、その子以外の子とはあまり遊ばない。自分からはあまり友達に声をかけない」といったこと。

若干人見知りだから仕方ないかなと思うので、それを言われても「私にどうしろと?」と思います。

面談時間はトータルで10分程度。

帰りはやはり同じルートを通って50分近く…。

「あの、この面談内容なら電話で済ませてほしいんですけど」と言いたくなりました。

きっと、こういうのは一種の通過儀礼として必要なんですよね。

次の日、今度は息子の小学校で面談がある予定でしたが。

朝一番に、息子の小学校から電話。

「うちの息子、何かやらかしたか?」といつもの癖でドキドキしながら話を聞いてみると。

担任の先生が体調不良だそうで、面談は取り消しになったとのこと。

面談を別日に設定することになるのでしょうが、その日程はまだ決まっておりません。

おかげで、少し昼寝する時間ができたから良しとします。

この日に息子の学校で育てている野菜を持ち帰る予定でおりましたので、そちらは後回しにせずもらって帰りました。

19-07-11-23-03-11-465_deco.jpg

愛しのシソさん。

葉の色が薄いのは苗の頃からなので、日光不足とかではなくこういう品種なのでしょうね。

これから、そうめんの薬味は取り放題ですのう。

娘の顔にこのシソの鉢を近付けてみましたら、「独特なにおい…」と言われました。

5歳にして、独特とか言うのですね。

さすが、私の娘。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/05/25 16:30
娘の通っている幼稚園では、先日春の親子遠足がありました。

しかし残念ながら、平日は息子に貼り付いていなくてはならない私。

いろいろ考えて、夫の有給を遠足の日にしてもらい夫が娘と一緒に遠足に行くという形に。
 
…したのですが。
 
5月の半ばあたりから、「仕事がやばいなあ。遠足無理かなあ」などと夫がぼそぼそつぶやき出しました。
 
そして遠足の1週間前になって、「多分無理」と宣言。
 
仕方なく、その時点で私は「遠足行けない可能性が高そうです」と幼稚園に連絡しました。
 
遠足前日には有給が取れないことが確定し、遠足を休む旨を連絡帳に。
 
その日から幼稚園の同じクラスのグループラインで、「おやつどうしよう?」「何着てく?」といった修学旅行前の女子高生のようなテンションの質疑応答が繰り返されます。
 
中途半端に口を挟んで水を差すよりはと、目だけ通して返信せず。
 
遠足当日も「着いた?」「もうすぐ!」といったラインがあがりましたがしれっと無視し、小学校と幼稚園を欠席させた子ども達を連れて息子の通う病院へ。
 
夫が「有給やばい」とつぶやき出した時点で、保険として予約を取っておいたのです。
 
貴重な平日の1日を、何もせず過ごさせるのはもったいないですからね。
 
19-05-25-07-21-44-407_deco.jpg

通り道のわきに、ガクアジサイが咲いていました。

そろそろ梅雨入りですかね。

娘が、「紫きれいー」と喜んでおりました。

息子のせいで娘には可哀想な想いをさせたと反省していましたが、それなりに娘は予想外のお出かけを楽しんでいたようです。

家に帰り着く前にお昼の時間になったので、娘が大好きなパン屋さんでランチに。

19-05-25-07-22-47-730_deco.jpg
(掲載許可有り)

右上の抹茶のパンが娘のセレクト。

真ん中が息子の選んだカレーパン、左上が私の食べたマルゲリータのピザ。

娘は私のマルゲリータを少し味見し、代わりに自分が食べ残した抹茶パンを一口くれました。

驚いたのが、中にあんこと餅が入っていたこと。

パンに餅って変だと思いましたが、意外にもよく合います。

これは、こっそりリピート買い確定ですね。

家に帰ってしばらくすると、今度は幼稚園のグループラインに「お疲れ様」の文字が踊り始めましたが、するっと既読スルーした私なのでありました。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/03/20 06:00
息子の今年度の小学校生活、残すところあと数日です。

6年生はもう卒業式を迎え、4年生以下は簡単な送る会を済ませて帰っていきました。

娘の幼稚園の方はすでに春休みに入り、息子だけが小学校に行かなくてはならない時期です。

しかし、いまだに私は息子の小学校に付き添っている状態なので、娘1人で留守番をさせるわけにもいかず。

幼稚園が春休み中に実施している特別延長保育に、娘を預けることにしました。

ここの幼稚園では休みの日に子どもを預ける場合、お迎えの時間に関係なく一律2,000円の保育料を支払わなくてはいけません。

3時間しか預けていなくても2,000円…、かなり割高です。

息子の幼稚園で延長保育を頼む場合は1時間300円と決まっていたので、たまに息子を預けた時にも安く済んでいたのですけれど。

そしてさらに、春休み中は幼稚園バスが使えず、自動車も自転車もない我が家では送り迎えにタクシーが必須。

幼稚園の春休み最初の日、タクシーに乗って驚きました。

金額の合計が3,000円を超えていたのです。

保育料2,000円、交通費3,000円、合わせて5,000円が1日あたりかかるということ。

娘を預ける日は4日あるため、トータル2万円の出費。

ただ息子を学校に通わせるためだけに、この金額を支払うわけですよ。

それでも、諦めて息子に学校を休ませるという選択はしませんでした。

これが1学期や2学期だったら考えますが、今回は3学期。

同じクラスの生徒と一緒に過ごせるのはあとわずかな時間なのだから、気持ち良く最後の日まで休ませず登校させてあげたいと思うのです。

今回の保育代や交通費は特別出費と割り切ってしまいましょう。

ちなみに我が家の特別出費の捻出方法、それは「夫に出してもらう」です。

私は月10万円の生活費の中でやりくりしているので、短期間に2万円もの費用を生活費から賄うことはかなり難しい状態。

でも、車のない我が家では特別な外出が重なると大出費となるため、「タクシー代」という名目で夫が時々まとめてお金を手渡してくれます。

19-03-19-23-22-10-665_deco.jpg

普段の生活費と紛れないよう、茶封筒に入れています(使用感がすごいですな)。

このお金は、なくなったらその都度請求するシステムでございますので、安心して使えるのです。

「夫にお金を出させて、貯金が目減りするのではないの?」と心配する方もいらっしゃるでしょうが、我が家での貯金の概念は「普通預金以外で運用するお金」なので問題ありません。

先日、夫の普通預金の口座を覗いたら100万円以上入っておりましたからよほどのことがない限り定期を崩す必要はないでしょう。

もう1つの砦として、私も普通預金に100万円ほど入れております。

それでも、夫は現在定期に550万円貯金してさらに投資信託を持つなどしっかり資産運用しているようです。

高級ブランドを買うのも海外旅行に行くのも好きではないし、夫はお金を使うことをほとんどしないし、大きな病気で倒れた時くらいしか大金を使う恐れがないので多分これで充分。

逆にいえば、夫がどこかの女性に入れ込んでお金を貢いでしまったら、明らかに貯蓄ペースが落ちるのですぐばれるでしょうね。

ふふふ、下手なことはできませぬぞ夫よ。

夫が他の女性を好きになったって別にどうってことないですが、夫が家族以外の人間に大金を使うことには納得のいかないタイプの私です。





danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ