2019/03/18 08:29
今回は、日頃の雑感からふと湧き上がってきたある思いについて書きます。

唐突に感じる人もいるかもしれませんが、気にしないでください。

花粉症が最も辛く感じる時期となりました。

我が家の近くにはスギの木が生えている森も多いので、ともすれば「この木を全部切り倒したい」という欲求に駆られます。

しかしながらよく考えてみれば、あちこちにスギの木をたくさん植えたのは他ならぬ私達日本人なのです。

いわゆる高度経済成長期に、樹木の中でも成長が早く建材に適しているスギを積極的に植林したため、現在日本の森林の半分近くが人工林。

そして林業の衰退によりまともに手入れもされず放置されているのですから、それは花粉も大量飛散するでしょう。

自業自得というわけです。

もし日本の森林のほとんどが自然林のままだったら、花粉症が国民病だとされることはなかったような気がします。

自然は自然のままで良いと思う心が、日本人にもっと強く残っていたら。

19-03-17-22-32-45-100_deco.jpg

先日、電車に乗って高台の公園に行ってきましたが、ここの森は手つかずのようで安心しました。

元来、日本人には「自然を自然のままの姿で愛する心」が備わっていたように思います。

高校生の現代文の教科書に採られることが多い『水の東西』という評論文が私は大好きなのですが、そこには日本人と西洋人の自然に対する向き合い方の違いが示されています。

日本人は流水の中に鹿おどしのようなしかけを作って楽しむけれど、西洋人は噴水を作ることを好むのだそう。

それは日本人が「流れている自然な形の水」を好むのに対し、西洋人は「圧力を加えて造型した人工的な水」を好む傾向が表れているともいえますよね。

西洋人はどちらかというと自然を「支配する対象」と捉えているように感じますが、日本人は自然を「共生していくもの」と思って生きているように感じます。

私は、日本人が古くから持っている自然への畏敬の念、畏れ敬い大切にしようとする心が大好きなのです。

19-03-17-22-24-52-093_deco.jpg

自然の中に暮らす人間なんて、本当はちっぽけなもの。

なのに西洋文明にどっぷり浸かった私達は、自然を意のままにコントロールできると勘違いしていることもあるのではないでしょうか。

私自身、天気予報が外れただけでイライラするあたり、自然の気まぐれを許せず気象予報士に責任を押し付けてしまう心の小ささを感じてしまいます。

科学の発展によって、複雑な数式を使い惑星の軌道を予測できるようにもなりましたが、この宇宙全ての出来事を把握できているわけでもありません。

19-03-17-22-29-17-389_deco.jpg

空の青と海の青、青く見える原理が違うから当たり前なのですけれど、こうして比べてみるとやはり色が違うなと実感します。

今更ではありますが、東日本大震災から早くも8年以上が経過しました。

多くの命が奪われたことを考えれば、自然に憤りを感じた人も少なくはないのでしょう。

ですが、自然に対して怒るだけでは先に進めないのも事実です。

自然の力に驚くとともに、その力に対して畏れ敬意を払う気持ちを大切にしたいものです。

IMG_0060.JPG

富士山だっていつかまた噴火する可能性がないとも言い切れないわけですし、何があってもおかしくないという心の備えは必要です。

地球の長い歴史を考えれば人類の繁栄なんて一時的なものにすぎず、いつかはヒトが滅亡してしまうだろうことも必然。

自然は私を優しく守り育てているものという感覚がある人もいるでしょうが、実際のところ私達人間は自然という大きなコミュニティの中に間借りして暮らしているに過ぎません。

そのことを忘れず、自然を征服したりコントロールしたりするよりかは一緒に生きていくのだというスタンスでいたいと思うのです。

とか書いておきながら、一昨日には公園の砂場に生えた雑草を娘と一緒に引き抜いていた私。

いや、遊ぶのに邪魔だと思ってしまって。

まあ、こういうのはですね、ケースバイケースというやつなのです。



danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/06/19 16:20
昨日午前8時頃に起こった、大阪北部を中心とする地震。

地震速報で知った時には驚きました。

私の夫の実家は大阪の北摂にあり、最も揺れの激しかったと思われる地域。

慌てて義理の実家に電話しました。

けれど、何度やってもつながらず。

朝の出かける直前の時間帯だったのでその時はもう諦め、夫に「大阪の実家に電話したがつながらない」とメール。

昼過ぎに返信があり、「無事だったらしい。皿が割れただけ」と。

ひとまず安心しました。

義母は海外ブランドの美しい茶器をたくさん持っていたので、そのうちどれが割れたのだろうと思うと胸が苦しくなりますが。

人命が第一、そこはあまり考えないことにします。

そろそろ落ち着いたかしらと思い夜に義母の携帯にメールすると、義弟が通勤できなくなったので送り迎えで忙しかったと書かれていました。

交通網は、かなり麻痺しているようですね。

私の父方の親戚も、大半は大阪住まい。

大叔父や大叔母は高齢だけに心配だったのですが、ラインで父に問い合わせると無事だったとのこと。


古い一軒家ではなく施設暮らしだったのも、良かったのかもしれません。

まだ油断は禁物ですが、慌てず見守ろうと思います。

身内のことばかり書いて恐縮ですが、少しでも情報が欲しい方は参考にしてもらえれば幸いです。

大阪近辺にお住まいの皆様、どうぞお気をつけてお過ごし下さいませ。

取り急ぎ、ご連絡まで。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/03/21 06:00

(写真だけアップして非公開設定にしていたつもりの記事が、公開になっているという事件が発生していました。サンキュをくれた方、申し訳ないですができたら再度お読みください)

先日、母の実家がある福岡から大きな段ボールが1箱届きました。

開けてみると、イヨカンがたくさん。

でも実はレモンが2つだけ入ってます、間違い探しのように。

18-03-20-19-23-33-779_deco.jpg

そう言えば、帰省している母から荷物を送ったというラインが届いていたような。

母の実家の裏手には小さな畑があり、そこにはたくさんの野菜や果物の木が植えられているのでした。

もともとは寺だった母の実家、今でもグーグルで住所検索をすれば「○○寺」と昔の寺名が出てきます。

近くの用水路には鯉が放たれそばの田んぼでは蛙が鳴く、そんな場所。

かつてはそこそこ広い仏間があり、そこでひたすら座ってお経をあげていた祖父の姿は目に焼き付いております。

祖父は毎日休まず朝の4時だか5時だかに起き、冷暖房も蛍光灯もない板敷の仏間で正座したまま読経しておりました。

やや佳境に入ってくると木魚を打つ音がリズミカルになり果ては大きな太鼓をぼんぼん叩き出すので、母の実家に泊まりに行くといつもその音で起こされていた…というのはもはやネタです。

さすがに老朽化が進み、当時の古い家屋は壊して少し離れたところに新しい家を建てましたが、真夜中に見ると怖い弘法大師様含む多くの仏像はそのまま移されています。

祖父は糖尿病のため70にいくかいかないかくらいで他界しましたが、祖母は今月93歳となる今も存命。

現在、調子を崩して入院中とのことです。

ご機嫌伺いも兼ねて電話をすると伯父が出て、「おばあちゃんのこと、びっくりしたんよね。そんでお母さんに来てもらったたい。イヨカンは庭にいっぱいなっとったけん。お菓子はお母さんが送ったと」などと言っていました(博多弁がうまく再現できてなかったらすみません)。

あ、こちらの「お母さん」は私の母のことを言っています。

後で、手紙も書いておきました。

イヨカンについては母から「『砂糖をかけてチンするといい』とおばあちゃんが言ってた」とラインが来ていましたが、そのままでも甘くておいしかったです。

伯父の言葉の中にお菓子がどうのこうのとありますが、それは段ボールの隙間を埋めるようにイヨカンの上あたりに詰め込まれていたのでした。

そのうちの1つがこれ。

IMG_20180312_112006.jpg

千鳥屋というお店が出している、「チロリアン」というお菓子です。

筒状になっている硬めの生地の中に味の付いたクリームが詰め込まれております。

コーヒー、ストロベリー、バニラ、抹茶の味があったはず。

私は、ストロベリーが1番好きですかね。

抹茶も基本的に好きなのですが、個人的にはもっと抹茶が主張してもいいかなあ、などと辛口コメント。

しかしながら、私がこのお菓子を存分に堪能できたのは最初の数分間だけでした。

気が付けば娘が小袋をことごとく開き、中のクリームだけを器用にほじって食べているではありませんか。

クリームを抜いたら、全部ただの硬めのクッキーとなってしまうのですけれど。

最後においしいところをもっていくのは、いつも娘なのでございます。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ